本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



東大・京大・早慶は「コンサル」が席巻、MARCHは「IT大手」が人気...23年卒就活生の注目企業一覧!
新型コロナのオミクロン株感染が収束に向かいつつあるなか、就職活動もようやく本格化し、水面下では2023年卒業の大学生の就職活動が佳境を迎えている。就活生はどんな企業の、どこに注目しているだろうか——。就職・転職のジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークが、関東を...
別窓で開く

ウクライナ危機で「2兆円分の電気代値上げ」の可能性も 焦点は「サハリン2」からの撤退
「戦争の資金支援はしない」 バイデン大統領が3月8日の緊急演説で力説した通り、米国がロシアに対する経済制裁を加速させている。金融制裁だけではなく、ついに原油や天然ガスなどエネルギー資源全般についても、禁輸措置に踏み切ったのだ。 *** 英国も追随する動きを見せており、企業もこの流れに同調。...
別窓で開く

ウクライナ侵攻後の激変する世界...週刊ダイヤモンド「地政学超入門」! エコノミスト「世界戦時経済」、東洋経済「工場が消える」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。2022年3月22日発売の「週刊ダイヤモンド」(3月26日号)は「地政学超入門」と題して...
別窓で開く

業界2位のALSOKが5期連続増収増益「濃厚」、その足元
 前期まで4期連続営業増益の綜合警備保障(東証1部、以下ALSOK)は、5期連続増益が濃厚。且つ連続増配継続も必至な状況にある。【こちらも】東急セキュリティ、警備ロボットの実証実験 渋谷スクランブルスクエアで 前3月期を「2.1%増収、1.1%営業増益、3.5%最終増益、2円増配72円配」で潜り抜け...
別窓で開く

◆欧米に比べて撤退が遅れる日本企業の資産もロシアが国有化か? ロシアがウクライナ侵攻を開始して間もなく3週間。欧米主導でロシア制裁が続くなか、多くのグローバル企業が“脱ロシア”を進めている。英石油大手BPは先行して2月27日に撤退を発表。3月1日にBMWがロシアでの生産と輸出停止を決めると、自動車各...
別窓で開く

上場企業が非上場化して配当総額の半分をグループ従業員に配った場合、どれくらい年収を上げられるかをシミュレーションした。今回の対象は北海道・東北地方に本社を置く企業で、配当総額は直近の実績ベース(22年1月12日現在)、対象期間は、2020年9月期〜21年8月期とした。(ダイヤモンド編集部 松本裕樹)...
別窓で開く

平均年収1700万円!三菱商事のエリート社員は「時給」だといくらもらう計算になるのか
皆さんの中には、自分の収入はもちろん、他人の収入も気になってしまうという方がいらっしゃるのではないでしょうか。今回は「年収=時給×労働時間」という想定で、三菱商事の社員は時給だといくらもらっていることになるのか、検証したいと思います。それでは早速、三菱商事の年収から見ていきます。...
別窓で開く

海産物高×中国に買い負け×大手商社撤退のトリプルパンチが直撃! 回転寿司が消滅の危機!?
みんな大好き、回転寿司が曲がり角を迎えている。原因はコロナや食材高騰だけではない。問題を追った先に見えてきたのは、「安いニッポン」の構図。そこから脱しようと模索する大手回転寿司の新戦略にも迫った!* * *■ボタンエビは2.5倍、甘エビは3.5倍に!食品の値上げラッシュが止まらない。...
別窓で開く

ウクライナ侵攻で問われる「戦時経済力」 日本は「新しい資本主義」なんて言っている場合じゃない
■日本経済も「戦時体制」 ロシアによるウクライナ侵攻がエスカレートするばかりだ。米国や西欧諸国はロシアに対する経済制裁をさらに強化、直接の武力衝突は回避しているものの、もはや全面的な「経済戦争」状態に突入している。西側の一員である日本も否が応にもこの「経済戦争」の一端を担う事態になり、日本経済も「戦...
別窓で開く

上場企業が非上場化して、株主への配当総額の半分をグループ従業員に配った場合、どれくらい年収を上げられるかをシミュレーションした。今回の対象は愛知県に本社を置く企業で、配当総額は直近の実績ベース(2022年1月12日現在)、対象期間は20年9月期〜21年8月期とした。(ダイヤモンド編集部 濱口翔太郎)...
別窓で開く