本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



沖縄選挙イヤー初戦・名護市長選は政権側が制す 基地移設反対「オール沖縄」退潮のワケ
 岸田政権に追い風となってしまうのか。選挙イヤーに突入した沖縄県の初戦で、政権側が1勝を挙げた。 米軍普天間飛行場の辺野古移設が争点となった23日の名護市長選は、一貫して移転の賛否を明言しない現職の渡具知武豊市長(60=自民、公明推薦)が再選。...
別窓で開く

高市早苗氏は総理大臣にいずれなるのか?論客たちが徹底討論!
【大好評企画特別編!『そこまで知って淑女録』】(全編公開)【そこまで言って委員会NP|2022年1月16日放送】 - YouTubeそこまで言って委員会NPを無料配信中/※この動画は2022年1月16日に放送したものです★チャンネル登録★はこちら⇒https://bit.ly/3bZbddE▼番組テ...
別窓で開く

「10万円」ひとり親受給検討=岸田首相「不公平是正」—衆院予算委
 衆院予算委員会は24日午前、岸田文雄首相と全閣僚が出席して2022年度予算案の基本的質疑を行い、実質審議に入った。首相は18歳以下を対象とした10万円給付を離婚後のひとり親が受け取れない可能性がある問題に関し、「児童手当の仕組みを用いたことに伴う不公平を是正し、給付金が届くよう見直しを検討したい」...
別窓で開く

沖縄・北部振興を推進=名護市長選一夜明け—岸田首相
 岸田文雄首相は24日の衆院予算委員会で、23日の沖縄県名護市長選で自民、公明両党が推薦した現職が再選されたことを受け、同市を中心とする沖縄本島北部地域の経済振興に注力する方針を示した。争点となった米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設には言及しなかった。自民党の宮崎政久氏への答弁。 【...
別窓で開く

正しく恐れる「オミクロン」の処方箋【1】アジアが欧米より感染者が少ないのはナゼ?
 今年こそコロナが終息しますように─。初詣での願掛けもむなしく、世界的に猛威をふるうオミクロン株が日本に本格上陸。感染者が激増する中、世界各国はどのように新変異株と向き合ってきたのか。海外のデータから見えた対オミクロンの処方箋を、ここに公開。正しく恐れて第6波を乗り越えよう。...
別窓で開く

米中貿易戦争により幕を開けた、国家が地政学的な目的のために経済を手段として使う「地経学」の時代。独立したグローバルなシンクタンク「アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)」の専門家が、コロナウイルス後の国際政治と世界経済の新たな潮流の兆しをいち早く見つけ、その地政学的かつ地経学的重要性を考察し...
別窓で開く

茂木幹事長の「調整能力の低さ」に公明・学会は激怒 よみがえる「甘利落選ショック」
■態度を硬化させる公明・学会 連立を組んで20年余の自民党と公明党の関係が、夏の参院選での相互推薦をめぐって悪化している。選挙の準備を急ぎたい公明と結論を先送りしてきた自民との温度差が明確になった格好で、選挙を取り仕切る自民党の茂木敏充幹事長のリーダーシップを問う声は根強く、甘利明前幹事長が選挙区で...
別窓で開く

与党安堵、参院選へ弾み=沖縄「選挙イヤー」初戦飾る—名護市長選
 沖縄県名護市長選で岸田政権が推した現職が再選を果たし、政府・与党内に安堵(あんど)が広がった。今年の沖縄は秋の知事選など首長選が続く「選挙イヤー」。その初戦を制し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設や、夏の参院選にも弾みがつくとみている。 「厳しい中での選挙だったが、選挙イヤーの大...
別窓で開く

日本の新型コロナ新規感染者が2か月で1000倍に…総選挙期間を避けた日本の新型コロナ=韓国報道
日本の1日当たりの新型コロナの新規感染者数が5万人を超え、史上最多数を記録したが、これは今からちょうど2か月前の昨年11月22日の新規感染者数(50人)の1000倍を超える数値だ。1日当たりの新規感染者数が急激に減少した昨年9月から何が起きたのだろうか。23日(きょう)のNHKの報道によると、22日...
別窓で開く

プライマリーバランス、2025年度の黒字化は可能? 政府試算の「欺瞞性」をあばく!
内閣府は2022年1月14日の経済財政諮問会議で、新たな中長期財政試算を示した。政府が2025年度の黒字化を目指す国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)について、26年度にも黒字化すると試算。歳出改革を続ければ、25年度の目標達成は可能とした。だが、この説明を信じている人は、霞が関で...
別窓で開く


[ 自民党 ] の関連キーワード

オミクロン アジア