本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



安倍元首相がかき鳴らす自民党内の不協和音…岸田派パーティー露骨な欠席で大人げなさ露呈
 今週、自民党は「パーティー週間」だった。参院選を控え、各派閥が政治資金パーティーを開催。16日(月)は二階派、17日(火)が安倍派、18日(水)は岸田派のパーティーだったが、政界で話題を集めたのは安倍元首相の動向だ。...
別窓で開く

ロシアの侵攻を受けたウクライナのゼレンスキー大統領は、世界各国に支援を訴え続けている。政治ジャーナリスト清水克彦さんは「彼は『誰に向けて』『何のために』発信するのかが非常に明快だ。そのシンプルで強烈な言葉のおかげで、国際社会を味方につけることに成功した」という——。※本稿は、清水克彦『ゼレンスキー勇...
別窓で開く

“野口五郎の妹”でデビュー、元アイドル市議が大地主との「不貞関係」で訴えられていた
 夏の参院選を控え、自民党関係者が事態の推移を注視する“騒動”がある。東京・多摩地区の中心地で、最大の経済都市でもある立川市の有名女性市議に降りかかった訴訟トラブルだ。かつてアイドル歌手としても活動した女性市議が“立川で一番の大地主”と「不貞関係」にあると、大地主の妻から訴えられたのだが……。...
別窓で開く

【参院選】東京選挙区に参戦「山本太郎」「乙武クン」それぞれの狙い
 今夏に行われる参院選に向けて、二つの大きな動きが起きた。5月20日、衆議院議員を辞職し参院選出馬を表明していた、れいわ新選組の山本太郎代表(47)が記者会見を開き、東京選挙区での立候補を発表したのだ。さらに同日、作家の乙武洋匡氏(46)も記者会見を開き、やはり東京選挙区からの出馬を表明。混乱が広が...
別窓で開く

「大混戦」東京選挙区でれいわ山本太郎代表と元おニャン子・自民生稲晃子氏が“つばぜり合い”
れいわ新選組の山本太郎代表(47)は東京選挙区での出馬の表明から一夜明けた21日、町田市で街頭演説を行った。午後4時ごろ、JR町田駅のペデストリアンデッキ(高架歩行者通路)でマイクを握った山本氏は「東京選挙区は大混戦なんです」と強調した。...
別窓で開く

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「DIGITAL VORN Future Pix」。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。5月21日(土)の放送は、デジタル大臣、行政改革担当、内閣府特命担当大臣(...
別窓で開く

激戦の東京選挙区で動き本格化 乙武洋匡氏が街頭演説デビュー「リアルでお会いする良さがある」
夏の参院選の公示(6月22日公示、7月10日投開票が有力)まで残り1カ月あまりと迫り、立候補予定者たちの動きが本格化している。全国屈指の激戦区となる東京選挙区(改選数6)では21日、前日に出馬表明した無所属の作家乙武洋匡氏(46)が街頭演説デビューした。同じく前日に同選挙区への出馬を表明したれいわ新...
別窓で開く

れいわ新選組・山本太郎代表やっぱり東京から立候補! 参院選“最激戦地”殴り込みの勝算
 予定される公示が1カ月ほどに迫っても全く盛り上がらない参院選だが、最激戦地の動きが着火剤になるかもしれない。れいわ新選組代表の山本太郎元衆院議員が東京選挙区(改選数6)への立候補を正式表明。昨秋の衆院選に続く“躍進”を狙う日本維新の会や、小池知事子飼いのファーストの会などの「新顔」も殴り込みをかけ...
別窓で開く

「日本独自の漫画文化を守るためにも」同人誌即売会コロナ3年目の行方 関係者が課題報告、都は支援策検討
プロ・アマチュアを問わず、個人が趣味で制作した本を売買するイベント「同人誌即売会」。同人活動を経て商業作家となった人も多いため、同人誌即売会は日本の漫画文化を支える存在の1つとなっている、との見方をされることもある。しかし多くの同人誌即売会は、コロナ禍によって存続の危機にさらされている。...
別窓で開く

キリンビールの「ハートランド」は、れっきとした純国産ビールだ。しかし、緑色の瓶には「キリンビール」と書かれておらず、海外ブランドのような空気をまとっている。手がけたマーケター・前田仁氏は、社内で「規格外の天才」と呼ばれ、ほかにも「一番搾り」「淡麗」「氷結」「のどごし」といったヒット商品を作った。前田...
別窓で開く


[ 自民党 ] の関連キーワード

ハートランド リアル キリン