本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



誰が外務大臣になっても日本の外交は変わらない 〜外務大臣に林芳正元文部科学大臣を起用へ
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月8日放送)に日本経済新聞コメンテーターの秋田浩之が出演。第2次岸田内閣の外務大臣に林芳正元文部科学大臣が起用されるというニュースについて解説した。...
別窓で開く

日韓関係のわだかまりは解消するのか…読売新聞「新外相に“穏健派”林議員が内定」=韓国報道
自民党幹事長に内定している茂木敏充・外務大臣(66)の後任に林芳正・元文部科学大臣(60)が内定した。6日の読売新聞は岸田文雄首相が前日、新外相に林元大臣を起用する意向を与党幹部陣に伝えたと報道した。正式任命は今月10日の第2次岸田内閣発足に合わせて行われる予定だ。...
別窓で開く

外務大臣が空白である本当の理由 〜甘利幹事長の後任に茂木外務大臣起用へ
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月2日放送)に作家で自由民主党・参議院議員の青山繁晴が出演。自民党の甘利幹事長の後任に茂木外務大臣が起用されるというニュースについて解説した。...
別窓で開く

10月18日(2021年)、小室圭が秋篠宮家を訪問した。約3時間半近く滞在して、秋篠宮夫妻に帰国の挨拶と眞子さんとの結婚について話し合った後、眞子さんと3年数か月ぶりに再会を果たした。毎日スマホなどで話をしていても、目と目、手と手を合わせて語り合うのとは違うはずだ。何を話し合ったのだろう。...
別窓で開く

ようやく結ばれる「眞子&圭」に"悪意"と思わざるを得ない週刊誌報道? 揣摩臆測の限りを尽くすやり方は、ここまでくるとやり過ぎではないか——ほか2編
新潮風にいえば、小室圭が隔離期間を終えて「始動」した。真っ先に会いたいのは秋篠宮眞子さんだろうが、どんな言葉を交わすのだろう。離れていてもスカイプで毎日話をしていたようだから、結婚までの段取りはお互い理解しているはずだ。お互い見つめ合って、圭がひと言「迎えに来たよ」とでもいうのだろうか。...
別窓で開く

岸田総理に代表質問で対峙した国民民主党 玉木雄一郎代表が語る 両党の「相違点と共通点」
国民民主党の玉木雄一郎代表が10月13日(水)のニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に生出演、前日に初対決となった岸田新総理への代表質問の手ごたえや、10月31日投開票の衆院選に向け国民民主党としての選挙戦略や重点政策などを語った。...
別窓で開く

国民民主党・玉木代表「岸田総理は“令和版の所得倍増計画”をなぜ消したのか」 生出演番組で疑問視
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月13日放送)に国民民主党代表の玉木雄一郎が出演。10月12日に行われた自身による代表質問について、また『文藝春秋』で発表された矢野康治財務事務次官の論考について述べた。...
別窓で開く

岸田首相の「コリアパッシング」…10月の総選挙を意識して文大統領との電話会談を「後回し」?=韓国報道
岸田文雄首相は、北東アジア・環太平洋地域の情勢を周辺国と話し合うことにおいて「韓国を露骨に外しているのではないか」という指摘が出ている。今月4日に就任した岸田首相とムン・ジェイン(文在寅)大統領との初の電話会談がいつ行われるのか注目されている中「日本側は10月末に予定されている総選挙を意識して、文大...
別窓で開く

TBS安住アナの「宏池会」解説 岸田首相誕生と権力闘争の関係
昨日4日(2021年10月)、自民党の岸田文雄総裁(64)が首相指名選挙で第100代総理大臣に指名された。岸田新内閣の顔ぶれだが、20人中13人が新入閣。新型コロナ対策を担う3大臣は堀内詔子ワクチン担当相(55)、後藤茂之厚労相(65)、山際大志郎経済再生相(53)と全員が初入閣。...
別窓で開く

自民党総裁選、権力闘争で思い出した21年前の出来事
「報道部畑中デスクの独り言」(第266回)ニッポン放送報道部畑中デスクのニュースコラム。今回は、自民党総裁選について—自民党新役員の起用理由を語る岸田総裁自民党総裁選が終わりました。結果は岸田文雄前政調会長が決選投票の結果、河野太郎行政改革担当大臣を下しての勝利。...
別窓で開く