本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



岸田首相の英シティー講演...資産所得倍増目して「インベスト・イン・キシダ」の訴え 国民と市場の反応はいかに?
岸田文雄首相がゴールデンウィーク中の2022年5月5日、英ロンドンの金融街シティーで、自身が掲げる経済政策「新しい資本主義」について講演し、日本の個人金融資産約2000兆円を貯蓄から投資へと誘導する「資産所得倍増プラン」を披露した。人材投資や先端技術開発にも積極的に取り組むとした。「安心して日本に投...
別窓で開く

トリガー条項の凍結解除が先送りされる「本当の理由」
中央大学法科大学院教授で弁護士の野村修也が4月11日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。燃油価格の高騰対策に関する検討チームがトリガー条項の凍結解除を先送りにする理由について解説した。...
別窓で開く

今でも強い力を持つ安倍元首相=韓国報道
新型コロナの新しい変異株「オミクロン株」が拡散する中でもショーは続く。今年2月に中国・北京で開かれる冬季五輪のことだ。ただ、来賓席はかなり空くものとみられる。岸田文雄首相はもちろん、日本の閣僚級の人物が出席しない予定だからだ。先月24日、日本政府は北京五輪に“外交ボイコット”を宣言した。...
別窓で開く

“バカ殿様”岸田首相が日本で歓迎されるワケとは=韓国報道
就任から2か月を迎えた日本の岸田文雄首相のリーダーシップが問題視され始めた。これまでの首相たちに比べて、カリスマ性に劣るという指摘が提起されているのだ。岸田首相の年内の訪米が不透明になり、このような不満が高まる中、むしろ日本にはカリスマ性のないリーダーが相応しいという主張も出てきて、注目を集めている...
別窓で開く

安倍元総理が「安倍派」会長へ就任する「もう1つの理由」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月11日放送)にジャーナリストの鈴木哲夫が出演。安倍晋三元総理が会長に就任する「安倍派」について解説した。【衆院選2021 政治】車内から窓を開け手をふる安倍晋三元首相=2021年10月21日午後、横浜市のJR桜木町駅前 写真提供:産経新聞社安...
別窓で開く

<W解説>林芳正氏の外務大臣起用、韓国の期待と「反日万能キー」
岸田文雄首相は、10日に発足させる第2次岸田内閣に、林芳正元文部科学大臣を起用する意向を固めた。選挙の後、外相だった茂木敏充氏の自民党幹事長就任に伴い、空席の外相を首相が兼務していた。韓国メディアもこれを報じ、林氏について「韓日関係に関心が深い人物」などと紹介している。林氏はことし60歳。...
別窓で開く

誰が外務大臣になっても日本の外交は変わらない 〜外務大臣に林芳正元文部科学大臣を起用へ
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月8日放送)に日本経済新聞コメンテーターの秋田浩之が出演。第2次岸田内閣の外務大臣に林芳正元文部科学大臣が起用されるというニュースについて解説した。...
別窓で開く

日韓関係のわだかまりは解消するのか…読売新聞「新外相に“穏健派”林議員が内定」=韓国報道
自民党幹事長に内定している茂木敏充・外務大臣(66)の後任に林芳正・元文部科学大臣(60)が内定した。6日の読売新聞は岸田文雄首相が前日、新外相に林元大臣を起用する意向を与党幹部陣に伝えたと報道した。正式任命は今月10日の第2次岸田内閣発足に合わせて行われる予定だ。...
別窓で開く

外務大臣が空白である本当の理由 〜甘利幹事長の後任に茂木外務大臣起用へ
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月2日放送)に作家で自由民主党・参議院議員の青山繁晴が出演。自民党の甘利幹事長の後任に茂木外務大臣が起用されるというニュースについて解説した。...
別窓で開く

10月18日(2021年)、小室圭が秋篠宮家を訪問した。約3時間半近く滞在して、秋篠宮夫妻に帰国の挨拶と眞子さんとの結婚について話し合った後、眞子さんと3年数か月ぶりに再会を果たした。毎日スマホなどで話をしていても、目と目、手と手を合わせて語り合うのとは違うはずだ。何を話し合ったのだろう。...
別窓で開く


[ 宏池会 ] の関連キーワード

読売新聞 秋篠宮 キシダ