本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ミュージカル『春のめざめ』開幕、抑圧の中で芽吹く性の行方
7月12日に東京・浅草九劇にてプレビュー公演が開幕したミュージカル『春のめざめ』。同日昼に上演されたゲネプロを鑑賞した。原作は、19世紀末のドイツを舞台に思春期を迎える少年少女の姿を描いた劇作家フランク・ヴェデキントの戯曲。2006年にはスティーヴン・セイターの台本・歌詞、ダンカン・シークの音楽でミ...
別窓で開く

ハラミちゃん“8時間生演奏”も閑古鳥!? アルバムも大爆死で「完全にオワコン」
(画像)Asier Romero / shutterstockピアニストでユーチューバーのハラミちゃんが、7月6日に自身の公式YouTubeチャンネルを更新。『【生配信】大感謝!!200曲ピアノ弾くまで終われません!!【200万人ありがとう!!】』と題する生配信を実施した。...
別窓で開く

神田沙也加さん「もっとテレビでも活躍を」急逝直前に大手事務所と業務提携していた
「聖子ちゃんの“変顔”が見られるなんてね。少しずつ沙也加さんの死を乗り越えられているのかなって感じました。還暦を過ぎてもまだまだ楽しませてくれて、感謝しかありません」(聖子のファン)愛娘の神田沙也加さん(享年35)を失って半年。全国ツアーに邁進する松田聖子(60)は武道館公演を迎える。...
別窓で開く

松田聖子、ツアーで語った沙也加さんへの思い 「彼女を思わない時間はありません」
 衝撃の死から7カ月が経ち、松田聖子(60)が職場復帰とばかりに全国ツアーを開始している。還暦を迎え、自虐ネタを披露しつつ歌ったのは娘・神田沙也加さんのデビュー曲だった。 ***「ほら、字が見えない!」「還暦だから!」 6月11日から全国5カ所で行われているツアーでは聖子がMCでそう語る場面があった...
別窓で開く

ミュージカル『春のめざめ』W主演、石川新太&平松來馬が注ぐ情熱
7月に東京・浅草九劇で上演される、ミュージカル『春のめざめ』。開幕まで1ヵ月を切ったある日の稽古場で、本作の主人公をWキャストで務める石川新太と平松來馬に話を聞いた。原作は、19世紀末のドイツを舞台に思春期を迎えた少年少女の姿を描いた劇作家フランク・ヴェデキントの戯曲。...
別窓で開く

前山剛久 引退発表…神田沙也加さんへの“罵倒報道”への説明求める声も
《活動を休止しておりました前山剛久ですが、本人からの申し出を受け、6月30日をもちまして、株式会社ワタナベエンターテインメントを退社することになりました》6月30日、所属事務所の公式サイトを通じて、俳優の前山剛久(31)が事務所の退社を発表。さらに芸能界を引退することがわかった。前山は心身の不調のた...
別窓で開く

松田聖子 思い出の場所巡り、形見を愛用…沙也加さん喪失から半年の“再生”の歩み
「久しぶりに聖子ちゃんの歌声を聞けて、コンサート開始早々からずっと泣きっぱなしでした。やっぱり私にとって永遠のアイドルです」万感の表情でこう語るのは、会場にいた50代の女性ファン。6月24日、1年ぶりに大阪城ホールを松田聖子(60)の歌声が包んだ。6月11日の埼玉公演を皮切りに5都府県を回る全国ツア...
別窓で開く

松田聖子 アイドル時代の後輩語る凄み「スタイリング、メークすべて自分でやる」
「聖子さんは今日、大阪城ホールで全国ツアーの2公演目に臨みます。6月11日に埼玉で開催されたツアー初日は、沙也加さんのことを口にして涙がこらえ切れない場面もありましたが、1万8千人を前に熱唱。大阪でのコンサートにも期待がかかります」(芸能関係者)還暦を迎えた今も、ファンを魅了し続ける松田聖子(60)...
別窓で開く

松任谷由実 松田聖子の復帰ツアー初日に花束を贈呈…不仲も噂された31年の軋轢
「今回のコンサートで聖子さんやスタッフが利用したケータリングには、豚骨ラーメンや季節の和菓子が用意されていました。これらは聖子さん自身のリクエストで、沙也加さんが大好きだったものを選んだそうです」(制作関係者)愛娘・神田沙也加さん(享年35)の急逝から半年、全国ツアーに臨んでいる松田聖子(60)。...
別窓で開く

松田聖子の激励を紹介し“失言”? 中条きよし、事務所開きで波紋
今月22日公示、7月10日投開票が有力な参院選に、日本維新の会公認で比例代表に立候補を予定している歌手で俳優の中条きよし氏が今月5日、都内で事務所開きを行ったことを、各メディアが報じた。 報道をまとめると、中条は自身のヒット曲「うそ」と、代表作であるドラマ「新・必殺仕事人」で演じた「三味線屋の勇次」...
別窓で開く


[ 沙也加 ] の関連キーワード

松任谷 きよし