本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



英軍「インド太平洋に哨戒艦を恒久配置」の本気度 将来派遣の沿岸即応部隊との違いは? 課題も
来日したイギリスのウォレス国防相が、インド太平洋地域に自国海軍の哨戒艦2隻を常駐展開させるとともに、将来的には「LRG」と呼ばれる沿岸即応部隊も派遣することを明言しました。しかしLRGには課題もあるようです。英海軍、今夏に哨戒艦2隻を太平洋に派遣 イギリス海軍は2021年7月24日(土)、哨戒艦「タ...
別窓で開く

ドイツ ボーイング737ベースの新哨戒機P-8A「ポセイドン」採用へ
周辺国ではすでにイギリスとノルウェーが採用しています。ドイツ「ポセイドン」の導入を決定 ボーイングは2021年6月30日(水)、ドイツが新型海洋哨戒機としてP-8A「ポセイドン」を採用したと発表しました。 同日付でドイツ国防省はアメリカ政府の対外有償軍事援助(FMS)で5機発注する契約に署名したとの...
別窓で開く

デンマーク空軍がF-35Aの1号機を受領 非公式の愛称は「パンサー」
 デンマーク空軍向けF-35Aの1号機が2021年4月7日(現地時間)に引き渡され、テキサス州フォートワースにあるロッキード・マーティンの事業所で引き渡し式典が開催されました。北欧でF-35を受領するのは、ノルウェーに続いて2か国目。デンマーク空軍は老朽化したF-16A/Bの後継として27機を導入し...
別窓で開く

デンマーク空軍向けF-35Aの1号機が初飛行
 ロッキード・マーティンは2021年3月10日(現地時間)、デンマーク空軍向けF-35Aの1号機「L-001」が、テキサス州フォートワースで初飛行を実施したと発表しました。デンマークはヨーロッパにおける5番目のF-35運用国で、1号機の引き渡しは4月7日に予定されています。 北欧諸国でノルウェーに続...
別窓で開く


<前へ12次へ>