本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



露親衛隊メディア対応部門大佐が宇で殺害 露内務省評議会が発表
ロシア軍の大佐級従軍記者がウクライナで殺害されたことが分かった。15日、コメルサントなど複数のロシア紙は、ロシア人戦争ジャーナリストであるセルゲイ・ポストノフ大佐がウクライナで死去したと一斉に報じた。これはロシア内務省中央局退役軍人評議会が発表した情報を基にしたものだ。同評議会は14日にポストノフ大...
別窓で開く

北海道で土地を爆買いしている中国人が北部には手を出さない理由
北海道で土地を爆買いしている中国人が、なぜか北部の土地には手を出していない。それは「ロシア軍が北海道に侵攻する可能性があるからだ」——まことしやかに囁かれる怖い話がある。中国そして中国人の裏のウラまで知り尽くした石平氏と、米国の政治学者エルドリッヂ氏が精魂を込めて語り合った「日本のための防衛論」。...
別窓で開く

米国、台湾に「中国の上陸阻止に効果的な武器」を最優先供給…ウクライナ戦争の影響
ジョーバイデン米政権は台湾に武器を販売する場合、「中国軍の上陸阻止」に効果的な品目を最も優先することが伝えられた。14日(現地時間)日本経済新聞は、ことしの春に米国務省・国防省が米・台湾ビジネス評議会と行なった会議の会議録を入手したとして「当時出席した米高官は、台湾への武器販売の指針に関して先のよう...
別窓で開く

米国営紙「露が宇でクラスター弾使用した証拠発見…国際条約違反」「露も米も条約未加入」
ロシア軍が国際条約上禁止武器であるクラスター爆弾をウクライナで繰り返し使用した証拠を発見したと国際人権団体アムネスティが13日に明らかにした。米国防省系メディアであるVOA(ボイスオブアメリカ)が詳細を伝えている。アムネスティは侵攻初期からロシア軍の集中攻撃を受けたウクライナ第2都市ハルキウ(ロシア...
別窓で開く

ロシアのマック後継店へ「乱入」 男性が訴えたコト
ロシアに「撤退したマクドナルドの店舗に新しいハンバーガーチェーンがオープンしました」と13日(2022年6月)、司会の安住紳一郎が「THE TIME,」の話題に取り上げた。ロシア語の店名「フクースナ・イ・トーチカ」は、「おいしい。ただそれだけ」の意味だそうだ。それでも乱入事件とか、12日のモスクワは...
別窓で開く

仏独伊首脳がそろって宇訪問へ 対露停戦やEU加盟めぐり溝埋まるか注目
米国防省系メディアであるVOAは13日、ドイツ現地メディアなどを引用し、フランスやドイツ、イタリアなど西欧主要国の首脳がウクライナ首都キーウ(キエフ)を訪問すると報じた。報道によると、エマニュエル・マクロン・フランス大統領とオーラフ・ショルツ・ドイツ首相、マリオ・ドラギ・イタリア首相らが、来る26〜...
別窓で開く

米国防省系メディアであるVOA(ボイスオブアメリカ)は10日、ウクライナ軍が東部ドンバス地域に展開していたロシア民間軍事企業「ワーグナーグループ」の傭兵基地に壊滅的打撃を加えたとするセルヒ・ハイダイ・ルハンスク知事の発表(10日)を伝えた。ハイダイ知事はこの日、戦況ブリーフィングにおいてこのような内...
別窓で開く

望月衣塑子氏×布施祐仁氏が対談! 日本が真の「民主主義」になるために必要なことは?
2016年に自衛隊南スーダンPKO部隊の日報隠蔽問題を暴き、現地が戦闘状態であったことを明らかにしたジャーナリストの布施祐仁(ふせ・ゆうじん)氏。この事件は結果的に隠蔽を指示していた稲田防衛大臣を辞任に追い込み、危険な戦闘地帯から部隊を撤収させることにも繋がった。...
別窓で開く

オーストラリア新政権を「試している中国」 南シナ海で中国・豪州両軍機接近
数量政策学者の高橋洋一が6月8日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。南シナ海で発生した中国軍とオーストラリア軍機の接近について解説した。25日、教師や学生代表との座談会で重要演説を行う習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席...
別窓で開く

NATOの相互運用性向上へ ドイツ連邦軍 次世代大型ヘリにCH-47F「チヌーク」を採用
エアバスとボーイングが歴史的タッグ組んだ成果かも。「チヌーク」ユーザーにドイツも仲間入り ドイツ国防省は2022年6月1日(水)、新たな輸送ヘリコプターとしてCH-47F「チヌーク」の採用を決めたことを明らかにしました。 ドイツ連邦軍では従来、大型の輸送ヘリコプターとしてCH-53G「シースタリオン...
別窓で開く