本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



オーストラリア新政権を「試している中国」 南シナ海で中国・豪州両軍機接近
数量政策学者の高橋洋一が6月8日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。南シナ海で発生した中国軍とオーストラリア軍機の接近について解説した。25日、教師や学生代表との座談会で重要演説を行う習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席...
別窓で開く

NATOの相互運用性向上へ ドイツ連邦軍 次世代大型ヘリにCH-47F「チヌーク」を採用
エアバスとボーイングが歴史的タッグ組んだ成果かも。「チヌーク」ユーザーにドイツも仲間入り ドイツ国防省は2022年6月1日(水)、新たな輸送ヘリコプターとしてCH-47F「チヌーク」の採用を決めたことを明らかにしました。 ドイツ連邦軍では従来、大型の輸送ヘリコプターとしてCH-53G「シースタリオン...
別窓で開く

【コラム】空軍ジャンパーの似合う素敵な大統領ー韓国
 美人の奥様には叱られなかったようだ…ニュースとして解禁されたのだから。韓国空軍のジャンパーに袖を通した尹錫悦大統領は言った。「私は、恰幅がいいから、似合うでしょ」。 大統領自身では太っていると思っていて、例えば梨泰院などに出かけて、既製品を探すがなかなかないとも語る。確かに体格がよすぎると、大統領...
別窓で開く

韓国K2戦車の大量調達をポーランド政府が熱烈要望 米M1「エイブラムス」だけじゃ足りない!
韓国を訪問中のポーランド国防大臣が公式声明において、韓国が独自開発したK2戦車の調達を要求しました。なぜ、そのような「ラブコール」を出すに至ったのか、そしてなぜK2戦車なのか見てみます。...
別窓で開く

羽鳥慎一 ロシア軍の「ほころび」に「ちょっとどうなんだろう?」
ウクライナ東部を中心に攻撃を強めるロシア軍は「一方で内部反乱ともとれるほころびが見え始め、ちょっとどうなんだろう?」(司会の羽鳥慎一)と、1日(2022年6月)の「モーニングショー」が新情報を取り上げた。イギリス国防省によると、ロシア軍は中級や下級将校に壊滅的な人的損害が出たうえに経験豊富な指揮官不...
別窓で開く

「戦っている相手の顔を晒す」驚きのハイブリッド戦争 ウクライナ侵略での「AI顔認証」
地政学・戦略学者の奥山真司が5月31日(火)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。ウクライナ侵略における顔認証の使われ方について解説した。※イメージウクライナ国防省は今年の3月、アメリカのAIベンチャー企業、クリアビューAI社の顔認識技術を導入すると発表。クリアビューAI社がウ...
別窓で開く

戦死したロシア兵の写真をAIでデータ照合し人物特定 ウクライナが導入する「顔認識技術」
地政学・戦略学者の奥山真司が5月31日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ハイブリッド戦争における顔認証について解説した。ウクライナ北東部ハリコフ近郊の村で損傷し放置されたロシア軍の戦車。EPA=時事 写真提供:時事通信社ハイブリッド戦争における顔認証ウクライナ国防省は202...
別窓で開く

ロシア内部分裂で「プーチン暗殺計画」エリート層の暗躍
 先ごろ、ロシアのウクライナへの軍事侵攻が続く中、プーチン大統領に対する“暗殺計画”が実行されていたことがウクライナメディアの報道で分かった。計画は失敗したという。 現在、戦争は長期化の様相を帯びているが、プーチン大統領の暗殺が遂行されれば事態が急転することが予想されており、世界中で期待している人も...
別窓で開く

露国防副大臣の甥・カムホエフ空挺部隊司令官が宇で死亡 露政権幹部の親族で初の死亡者
ロシア国防省幹部の甥がウクライナで戦死したことが分かった。ロシアのウクライナ侵攻後、プーチン政権高官の親族が戦死したのはこれが初めてだ。ウクリンフォルム(21日)はロシア・イングーシのメディア報道をもとに、ロシア国防省のセルゲイ・ショイグ大臣の右腕とされる人物の甥が、ウクライナ軍に殺害されたと報じた...
別窓で開く

北朝鮮で玄哲海元帥の国葬…金正恩氏が参列
北朝鮮の平壌で22日、玄哲海(ヒョン・チョレ)朝鮮人民軍(北朝鮮軍)元帥の出棺式と告別式が行われた。朝鮮中央通信が伝えた。出棺式は平壌の4・25文化会館で行われ、金正恩総書記が国家葬儀委員会委員長として参列した。...
別窓で開く