本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシア・ウクライナ両軍とクラスター兵器使用状況 「THE TIME,」が国際NGO報告を紹介
ロシアのプーチン大統領は25日(2022年8月)、兵員不足が起きているといわれるロシア軍を13万7000人増やす大統領令に署名したと、26日の「THE TIME,」で杉山真也アナウンサーが伝えた。国民の反発が予想される総動員令を避け、増員で補う狙いらしい。■ロシアは軍の定員を増やす来年1月1日に発効...
別窓で開く

「プレーする限り、我々は無敵だ」 中止になっていたウクライナ・プレミアリーグの新シーズンが開幕
ウクライナ・サッカー連盟は23日、ロシアによる軍事侵攻で前シーズン中断を余儀なくされていた、ウクライナ・プレミアリーグの2022−23シーズン開幕を宣言した。 ウクライナ・プレミアリーグは昨シーズン、2022年2月25日から後半戦が再開される予定だったものの、同年2月24日から始まったロシアによる軍...
別窓で開く

イギリス空軍が機密にしていた1990年に撮影されたUFO写真が32年の時を経て公開
1990年代、トリックの説明がつかない奇妙なUFO写真にまつわる事件がイギリスで発生した。俗にカルバイン事件(Calvine UFO  incident)と呼ばれる事件である。 1990年8月4日、スコットランドのパースシャー郡カルバインにあるケアンゴーム国立公園を散策していた2人の若い男...
別窓で開く

金正恩氏を「コロナ感染者との濃厚接触させた」責任者450人が収容所へ
北朝鮮が、国内での新型コロナウイルス感染者発生を公式に認める約2週間前の今年5月1日、首都・平壌では、朝鮮人民革命軍創建90周年記念の軍事パレードが行われた。金正恩総書記は、そのサポートを行った平壌商業大学の学生たちと記念写真を撮った。その後、学生の中にコロナの感染者がいたことが判明し、大騒ぎとなっ...
別窓で開く

長期化するウクライナ侵攻でプーチンとの「核」の駆け引きも続く
初めは短期決戦と予測されていた、ロシアによるウクライナ侵攻。しかし侵攻が始まって早4か月、まだまだこの戦いが終わる兆しは見えない。これ以上、苦しむ人々を増やさないためには、誰がどのように行動することが求められているのだろうか? 防衛問題研究家の桜林美佐氏の司会のもと、小川清史元陸将、伊藤俊幸元海将、...
別窓で開く

駐英ロシア大使館が拡散 岸前防衛大臣発信を語る「稚拙な」捏造ツイートを信じる動きの危険性
ジャーナリストの佐々木俊尚氏が8月17日(水)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。岸総理補佐官の名をかたり、「ウクライナのミサイルは、ザポリージャ原子力発電所の上空で爆発すべきではありません。アメリカの犯罪を繰り返すな」とウクライナを非難した偽投稿について対処法を述べた 。...
別窓で開く

米韓の国防省、北の核実験時「戦略資産展開など厳しく対応」
米韓軍当局は、北朝鮮の核・ミサイル脅威に対応するための拡張抑制戦略協議体を来月開催し、拡張抑制手段運用練習(TTX)を早期におこなうことで合意した。TTXは、北朝鮮の核・ミサイル挑発の兆候をつかんだと過程しておこなう模擬訓練。特に、核武器を搭載した潜水艦など米戦略資産を朝鮮半島に展開させ、北朝鮮が核...
別窓で開く

オーストラリア 完全電気のEV装甲車「ブッシュマスターePMV」発表 メリットは?
航続距離の短さなど、まだまだ課題はありそう。防御力は既存のエンジンモデルと同等を確保 オーストラリア陸軍は2022年8月10日、国産の「ブッシュマスター」装甲車のEV(電気自動車)仕様である「ePMV」を発表しました。...
別窓で開く

大量に送り込み大量に逃げられる北朝鮮の「集団配置」
北朝鮮には「集団配置」という制度がある。これは、除隊軍人(兵役を終えた兵士)が、炭鉱、山奥の協同農場など誰も行きたがらないところに集団で送り込むというものだ。非常に評判の悪いこの制度だが、改めて実施せよとの命令が下されたと、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。...
別窓で開く

なぜロシアとウクライナは航空戦を展開しないのか?
熾烈な地上戦が繰り広げられ、数多の尊い命が失われているロシアによるウクライナ侵攻。元空将の小野田治氏によると、ロシアは長期戦に苦しんでいるにも関わらず、航空戦にはほとんど手をつけずにいましたが、その理由はウクライナ軍の装備にあったようです。...
別窓で開く