本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシア最新潜水艦が日本海で巡航ミサイルの水中発射演習
ロシア国防省は、最新のディーゼル潜水艦が日本海で、巡航ミサイルの水中発射演習を行ったと発表しました。ロシア国防省は25日、太平洋艦隊の最新ディーゼル潜水艦「マガダン」が日本海で、巡航ミサイル「カリブル」を水中から発射する演習を実施したと発表し、その映像を公開しました。...
別窓で開く

巨大空母やイージス艦はもうオワコン!?  小型無人艇・USVが巻き起こす"海戦パラダイムシフト"とは?
港近くに漂着したウクライナ軍使用の自爆無人艇。艇上部にカメラが見える(ロシアのwebサイトより)去る10月29日にロシアの国防省は、クリミア半島にある軍港・セバストポリにて、ロシア海軍黒海艦隊などを含めた数隻がウクライナ軍の無人機の攻撃を受けたと発表した。...
別窓で開く

ウクライナ侵攻から9か月 南部ヘルソンではロシア軍の砲撃で7人死亡
ロシアによるウクライナ侵攻から9か月が過ぎました。エネルギー関連施設への攻撃により、ほぼ全土で停電が続いているほか、南部ヘルソンではロシア軍の砲撃で7人が死亡しています。ウクライナ・ヘルソン州の知事は24日、ロシア軍による州都への砲撃で高層ビルや住宅街で火災が起きたと明らかにしました。7人が死亡、2...
別窓で開く

クリミア軍港にドローン攻撃=各地で激しい戦闘—ウクライナ
 【ワシントン時事】ロシアが一方的に「併合」したウクライナ南部クリミア半島の軍港都市セバストポリで、複数のドローンによる攻撃があった。親ロシア派のラズボジャエフ市長が22日、通信アプリで明らかにした。ロシアのウクライナ侵攻開始から24日で9カ月となる中、各地で激しい戦闘が続いている。 セバストポリに...
別窓で開く

チャールズ国王夫妻とウィリアム皇太子夫妻、伝統的な馬車に乗ってパレード 南ア大統領を国賓として歓迎
チャールズ国王が、即位後初めての国賓となる南アフリカ共和国のシリル・ラマポーザ大統領の歓迎式典を主催した。重要な外交イベントの初日には、ウィリアム皇太子とキャサリン皇太子妃が国王の代理で大きな役割を務めた。歓迎式典の後には国王夫妻と皇太子夫妻が伝統的な馬車に乗り、バッキンガム宮殿に向かう華やかなパレ...
別窓で開く

米中国防相、危機管理強化で一致=首脳会談受け対話再開
 【シエムレアプ(カンボジア)時事】オースティン米国防長官と中国の魏鳳和国務委員兼国防相は22日、訪問先のカンボジアで会談した。双方は意思疎通や接触を保って危機管理を強化し、地域の安全・安定の維持へ努力することで一致した。中国国防省が発表した。 両氏の会談は6月以来、約5カ月ぶり。...
別窓で開く

 【ソウル時事】韓国メディアは22日、韓国軍が独自に開発を進める防衛システムの長距離地対空ミサイル(LSAM)がミサイルの迎撃試験に初めて成功したと報じた。北朝鮮の弾道ミサイルを高度50〜60キロで迎撃することを目標に開発が進められている。 国防省傘下の国防科学研究所が最近、非公開で標的ミサイルを迎...
別窓で開く

ロシア軍、東部で激しい攻撃=「砲弾400発」とウクライナ大統領
 【イスタンブール時事】ウクライナのゼレンスキー大統領は20日夜のビデオ演説で、ロシア軍がウクライナ東部のドネツク、ルガンスク両州で激しい攻撃を続け、20日だけで「約400発の砲弾が撃ち込まれた」と述べた。東部での交戦は従来に増して激化しているという。 ウクライナ軍は11日、南部ヘルソン州の州都ヘル...
別窓で開く

北朝鮮、軍需工場に砲弾の追加生産を指示、ロシア輸出用か
北朝鮮国防省は先月末、軍需工場に砲弾の追加生産の指示を下した。ウクライナへの侵略戦争を行っているロシアへの輸出用の可能性がある。デイリーNK編集部の取材によると、命令が下されたのは、慈江道(チャガンド)の江界(カンゲ)トラクター総合工場と、満浦(マンポ)将子江(チャンジャガン)工作機械工場。いずれも...
別窓で開く

トルコ軍空爆で31人死亡=シリア北部、対テロ報復「新たな作戦」
 【イスタンブール時事】トルコ国防省は20日、同国と敵対するクルド人勢力が活動するシリアとイラクの北部で「新たな空爆作戦」を19日から20日にかけて行ったと発表した。在英のシリア人権監視団によると、この空爆でクルド人主体の「シリア民主軍(SDF)」戦闘員やシリアのアサド政権軍の兵士ら少なくとも31人...
別窓で開く