本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【セルジオ越後】世論の後押しで実現した高校生の活躍の場。感染防止の徹底は当然だが——
 Jリーグは6月15日に今季のリーグ戦の日程を発表することになったね。社会的にも徐々にだけど自粛が解除されてきて、いよいよスポーツ界にも再開の雰囲気が漂ってきたように感じるよ。 そうしたなかで、中止となった春のセンバツ高校野球の出場校で、8月に「交流試合」を実施することが決まった。...
別窓で開く

【夏の甲子園中止から考える高校野球のこれから│後編】 甲子園中止がドラフトに与える影響は? 高校野球改革へ向けての提言
5月20日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、高野連は戦後初めて夏の甲子園大会中止を決めた。この決定は果たして正しかったのか。これからの高校野球はどうあるべきなのか。長年、高校野球を追い続けてきた氏原英明、西尾典文両氏が語り合った。前編はこちら——選抜も夏の大会も中止になって、スカウトの活動が...
別窓で開く

【夏の甲子園中止から考える高校野球のこれから│前編】こういう時こそ自分を強くするいいチャンス。理想の球児像に縛られる必要はない
5月20日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、高野連は戦後初めて夏の甲子園大会中止を決めた。この決定は果たして正しかったのか。これからの高校野球はどうあるべきなのか。長年、高校野球を追い続けてきた氏原英明、西尾典文両氏が語り合った。——まずは今回の甲子園の中止に関して、率直な感想とその是非につ...
別窓で開く

「野球の区切りは野球で」。“最後の春”を失った大学生を救済。2人の卒業生が企画した台湾トップアマチームとの企画
日本高校野球連盟は5月20日、第102回全国高等学校野球選手権大会と49の都道府県大会中止を発表した。全国の高校球児の夢舞台である甲子園が春夏ともに中止となる非常事態に日本中から悲痛な声が上がった。何より、甲子園を目標に“最後の夏”へと意気込んでいた3年生球児たちの悔しさは計...
別窓で開く

夏の甲子園、新型コロナ禍の影響で戦後初の中止に。高野連がオンラインの運営委員会で決定
公益財団法人日本高等学校野球連盟(日本高野連)は20日、オンラインで運営委員会と理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大のため阪神甲子園球場で開催予定だった第102回全国選手権大会及び地方大会の中止を決定した。 中止の主な理由は、感染リスクをゼロにできないこと、休校の長期化によって夏休みの短縮が確実...
別窓で開く

王貞治、巨人入りまでの「壮絶な争奪戦」秘話
「ファンも選手も熱狂できるスタートを期待したい」ソフトバンクホークスの王貞治会長(79)は、ペナント開幕延期で揺れるプロ野球に、こうエールを送った。「現在、最速で6月19日の開幕を目指しています。プロ野球はなんとか開幕にこぎつけられると思います。それよりも心配なのは高校野球。...
別窓で開く

神奈川大学リーグの注目選手はこの3人!今季の“ドラフト候補生”を紹介
日常とは違う——。グラウンドの周辺からも、打球音や選手たちの元気な掛け声が聞こえてこない。静かなものだ。“野球のある風景“を見られないのは『前代未聞』『空前絶後』のこと。すべてが新型コロナウイルスに奪われてしまった。神奈川大学リーグの3人のドラフト候補選手たちは、今どんな状況...
別窓で開く

地方球場の続々利用禁止で高校野球「夏の甲子園大会」はどうなる?
 センバツ大会中止だけではなく、いよいよ「夏の甲子園大会」にも新型コロナウイルスの影響が及びそうだ。 沖縄県が途中打ち切りを決断したのを皮切りに、全国の高校野球・春季大会が次々と中止に追い込まれている。学校が休校となっている以上、野球だけを特別扱いするわけにもいかない。止むを得ない措置ではあるが、「...
別窓で開く

コロナで中止、春の甲子園「来年2月にやり直す」 元ロッテ里崎氏の提案に賛否 「高野連は対外試合禁止してる」と指摘も
 元ロッテ・里崎智也氏が2日、自身のユーチューブチャンネルに動画を投稿。新型コロナの影響で中止になった今年のセンバツについて救済案を披露した。 今年のセンバツは32校が参加し3月19〜31日の日程で開催される予定だったが、新型コロナの影響により同月11日に中止が決定。...
別窓で開く

センバツ甲子園中止でも輝く「金の卵選手リスト」
 春のセンバツは非常に悲しい結末となった。日本高野連は3月11日、臨時運営委員会を開き、第92回選抜高校野球大会の中止を決定。一時は無観客試合での開催も検討されていたが、幻と終わった。「これは10日、政府によるイベントの自粛要請が延長されたことを受けての決定でしょう。...
別窓で開く


[ 高野連 ] の関連キーワード

神奈川大学 甲子園 ロッテ