本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



指導者が変わらなければいけない時代——4年ぶりのセンバツ準々決勝で福岡大大濠・八木監督が下した英断〈SLUGGER〉
4年ぶりとなる大舞台での采配に、指揮官の変化を感じずにはいられなかった。 福岡大大濠の監督・八木啓伸はこの日の決断を当たり前のことのように振り返った。「(エースの)毛利(海大)は精神的にも肉体的にも疲れが少なからず残っているので、馬場(拓海)を先発させました。昨年の秋、馬場はこういう場面で投げていま...
別窓で開く

今年初の公式戦マウンドで161球を投げた天理・達——高野連は球数制限だけでなく複数投手を育成する環境を整えるべき<SLUGGER>
日本高野連は2日目第1試合後の監督インタビューを聞いていただろうか。 この試合は勝利した天理・達孝太投手が宮崎商を相手に9回6安打1失点完投。球数は161にまで達していたのだが、報道陣から矢継ぎ早に達の投球数や完投について尋ねられた天理・中村良二監督はこう答えたのである。「得点差は6点ありましたけど...
別窓で開く

【氏原英明の本音で勝負!】球児の成長機会を奪う春季都大会の一次予選中止。高野連の考える「平等性」とは何なのか
改めて、高校野球は不平等だなと思った。 東京都高野連が春季都大会の一次予選の中止を決めたことだ。 もっとも、これは都大会自体の中止を意味しない。都大会の本戦は行うが、一次予選を行わず上位チームのみで開催するということらしい。 新型コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言が伸びたことで、全日程を消化で...
別窓で開く

<2020ベストヒット!>1試合の投球数に際限がなくていいのか。両エースが最後まで一人で投げ抜いた熱戦に感じた疑問
2020年のスポーツ界におけるトピックスを『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る当企画。今回はコロナ禍で交流試合となった夏の甲子園の記事。中京大中京対智弁学園の対戦は、延長10回タイブレークの試合となった。両校のエースが最後まで投げ続けて終わったが、投手たちの投球数は果たして見逃して良いもの...
別窓で開く

江夏豊氏が選ぶ。桁違いの能力を誇る現代の名投手とは?
プロ野球史に数々の伝説を残してきた江夏豊氏。現役時代はもちろん、引退後も積極的に現場に赴き、常にプロ野球の「今」を見続けてきた。投手のレベルは年々上がっていると言われているが、その中でも平成以降に活躍した投手2人をピックアップしてもらった。※本記事は、江夏豊:著『名投手 -江夏が選ぶ伝説の21人-』...
別窓で開く

プロ志望高校生合同練習会の意義と課題:ベースランニング、遠投の計測や本格的な試合の導入を
8月28〜29日に甲子園球場、9月5〜6日に東京ドームでプロ志望高校生合同練習会が行われた。NPBと高野連が連携して、プロを目指す球児にアピールの場を提供したのは今回が初めてであるが、甲子園では77人、東京ドームでは41人の選手が参加し、ネット裏には連日多くのスカウト陣が詰めかけていた。...
別窓で開く

1試合の投球数に際限がなくていいのか。両エースが最後まで一人で投げ抜いた熱戦に感じた疑問
日本高校野球連盟はこの熱戦から何を感じただろうか。 甲子園交流試合の3日目の第1試合。中京大中京対智弁学園の強豪校同士の対戦は、延長10回タイブレークにもつれ込む大熱戦の末に、中京大中京が4対3でサヨナラ勝ちした。 中京大中京が1回に3点を先行し、智弁学園が4回に3点を返した試合は、手に汗握る好ゲー...
別窓で開く

県大会で「3年生39人全員出場」の目標を達成した明石商。有終の美を飾りに“4季”連続の甲子園へ
「逆転の明石商」の空気が漂い始めたのは、やはりプロも注目する2人が登場してからだった。 8月7日の夏季兵庫県大会5回戦、独自大会としては最後の試合となるこの戦い。明石商は神戸一との一戦(明石トーカロ球場)で1対2とリードされて迎えた7回、2死満塁となってからセンターへ痛いタイムリーヒットを浴びる。...
別窓で開く

きょうから生中継!『未来につなげる夏。 2020年夏季 東・西 東京都高等学校野球大会』
TOKYO MX(地上波9ch)は、『2020年夏季 東・西 東京都高等学校野球大会』の準決勝・決勝、東西の優勝校による“東西対抗戦”を8月5日(水)〜10日(月・祝)の期間で生中継します!今大会は、『第102回全国高校野球選手権大会』中止を受け、東京都高等学校野球連盟が独自に主催・開催するもので、...
別窓で開く

大型ショートの小吹悠人、パワーピッチャー大須賀秀人…山梨県大会の有力選手を一挙紹介!
山梨県高野連は4日、他県に先駆けて今夏の県大会に「クラウドファンティング」を取り入れた。選手たちへの精神的負担を少しでも軽くし、最後のプレーに集中させる大人たちからの心づかいだ。 さて、7月23日から始まる大会の優勝候補は、圧倒的に山梨学院だ。 なかでも、大型ショートの小吹悠人の動きが素晴らしい。...
別窓で開く


[ 高野連 ] の関連キーワード

slugger 福岡大 大須賀 甲子園