本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



 副業・兼業の導入促進が推奨されて数年が経過した。当初、多くの企業では、自社の社員が副業・兼業を行うことに後ろ向きだった。最も懸念したのは、本業へのマイナス影響が未知数なことで、導入をためらわざるを得なかった。しかし、最近では、当初のイメージを払拭して、副業・兼業の導入に前向きに取り組む企業がめだち...
別窓で開く

「新しい資本主義実現会議」の実態 高橋洋一が解説
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月27日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。岸田総理が「成長と分配の好循環」の実現に向けて設置した「新しい資本主義実現会議」の初会合を開いたというニュースについて解説した。...
別窓で開く

日本、不平等解消のための“新しい資本主義実現本部”設置=韓国報道
日本政府は閣議で岸田文雄首相が掲げた『成長と分配の好循環』を具体化するための政府機構の設立を決定した。該当機構は「アベノミクス」が追求した“先成長・親企業”基調から脱皮して家計に富を移そうという岸田首相の主要政策を反映したという説明だ。15日、日本経済新聞などの海外メディアは日本政府が「新しい資本主...
別窓で開く

岸田政権の経済政策は「アベノミクス」の修正 「金融所得課税」早くも後退、長年の課題が進展しないワケとは?
岸田文雄首相は2021年10月8日午後、衆参両院の本会議で、初めての所信表明演説を行い、富の分配によって中間層を拡大させることなどを目指す「新しい資本主義の実現」を打ち出した。岸田首相はアベノミクスを基本的に評価する姿勢を示しつつ、修正を図る戦略とみえるが、金持ち優遇是正策として会見などで言及し、注...
別窓で開く

【今週の労務書】『社員満足の経営 ES調査の設計・実施・活用法』
■否定形使わない質問文を 本書では、ES(社員満足度)調査の手法や測定方法、有効活用法を解説している。調査票の作り方では、質問文の設定の仕方から説明。否定形を使わない、1つの項目に2つ以上の質問内容を入れないなど、基礎的だが気付きにくいポイントを指摘している。 記名式か、無記名式で実施するかも分岐点...
別窓で開く

自民党総裁選 いよいよ投開票 候補者4人の政策をチェック
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(9月20日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。自民党総裁選の各候補の政策について解説した。インターネット動画中継サイト「ニコニコ動画」主催の自民党総裁選候補者による討論会を終え、ポーズをとる(左から)河野行革相、岸田前政調会長、高市前総務相、...
別窓で開く

 厚生労働省と経団連から令和3年の賃上げ交渉結果が発表された(関連記事=【賃金調査】民間主要企業賃上げ 厚労省/令和3年)。厚労省集計では、賃上げ額5854円、賃上げ率1.86%、経団連集計では同6124円、1.84%となり、いずれも2%を割り込んだ。10年ほど前のデフレスパイラル時点の賃上げ率に等...
別窓で開く

「ロックダウン」主張の尾身会長が豹変!? 「行動制限緩和のロードマップ」発表にいったい何が...(1)
「日本にもロックダウンのような強い行動制限が必要」と言っていた政府分科会の尾身茂会長が「豹変」した。ワクチン接種をした人が対象とはいえ、人の移動や行動、イベント開催などを緩和するロードマップを発表したのだ。政府分科会でも尾身氏の提言に猛反発する医療専門家が多い。いったい、何があったのか。...
別窓で開く

【今週の労務書】『待ったなし! BCP[事業継続計画]策定と見直しの実務必携』
■シートで被災状況を確認 BCPとは何かとの基本に関する説明から始まり、策定の方法や実効性を高めるための見直し手法などを説く。防災週間のある今月こそ、手に取りたい一冊だ。 計画を実践するのは各社員であるとし、社内での教育推進を推奨する。項目として「自社のBCPの概要」や、発災時の対応を指す「初動のア...
別窓で開く

海外渡航の必須アイテムに!? 新型コロナの“ワクチンパスポート”
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「ワクチンパスポート」です。海外渡航で必須になるアイテム。デジタル化を求む。7月より、新型コロナウイルス感染症のワクチンパスポート(接種証明書)の申請受付がスタートしました。...
別窓で開く


[ 経団連 ] の関連キーワード

アベノミクス 自民党 bcp