本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2022年の利益目標は「1000万円よ」 突っ走るぜ トラ!トラ!トラ!座談会の大胆予想(後編)
2022年、今年の干支にちなんで寅年生まれの3人がそろって、投資動向を予測する「トラ!トラ!トラ座談会」。後半戦は、2022年の投資環境を占いながら、投資目標や新たに挑戦してみたい投資商品などの話で盛り上がった。「寅は千里を走る!」の投資格言のように、2022年を前向きに突っ走り、ちょっと気が早いが...
別窓で開く

 経団連と連合はこのほど東京都内で懇談し、2022年の春季労使交渉がスタートした。岸田文雄総理は、「成長と分配の好循環」を実現するため、3%程度の賃上げが必要としているが、そう甘くない。現実には、2%台に乗るか否かというのが大勢の見方で、とても国民の消費拡大を促せる賃上げ水準とはいえない。...
別窓で開く

規制だけでなく企業にとってビジネスチャンスの側面もある「経済安全保障推進法案」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月10日放送)に多摩大学ルール形成戦略研究所客員教授・事務局長の井形彬が出演。経団連が経済安全保障の強化に向けた法案の提言を公表したというニュースについて解説した。...
別窓で開く

■35%が在宅手当を支給 調査は昨年9〜11月に実施し、会員企業396社から回答を得た。テレワークに関する手当・一時金の有無を聞くと、「支給している」が34.3%だった。手当については、半数が月3000〜4999円を支給している。3000円未満は30.4%で、5000〜6999円は15.7%だった。...
別窓で開く

大企業の平均給与「月39万円」ってどうなの!? 経団連調査に驚きの声...これでは賃上げ無理?
「日本を代表する大企業の給料って、こんなに安いの!」驚きの声がネットからあがった。日本経済団体連合会(経団連)が2022年1月18日、春闘前に毎年恒例の会員企業の平均給与を調べた「2021年6月度『定期賃金調査結果』」を発表したのだが、ここにある平均賃金「月額39万1408円」という数字に評価が分か...
別窓で開く

 1916年施行の工場法を源流とする労働基準法の根本的見直しを——経済同友会(櫻田謙悟代表幹事)が明らかにした2022年年頭見解と第18回企業白書の一節である(=関連記事)。昨年10月末に経団連が政府の規制改革推進会議に提出した提言では、労働法制の選択制を提言していた(=関連記事)。...
別窓で開く

パワハラ相談4割強で増 関心の高まりが背景に 経団連調べ
 日本経済団体連合会は、「職場のハラスメント防止に関するアンケート結果」を取りまとめた。パワーハラスメントに関する相談件数で「増えた」が44%と最も多かった。「変わらない」は30.8%、「減った」は16.3%だった。セクシュアルハラスメントに関する相談件数では、「変わらない」が45.3%と最多で、次...
別窓で開く

『新型コロナ自宅療養完全マニュアル』が再びWEBで無料公開
 オミクロン株の感染爆発を受けて、『新型コロナ自宅療養完全マニュアル』(実業之日本社)がWEBで無料公開されている。著者は、白?大学教授で、新型コロナウイルスについてのテレビ解説などで活躍している岡田晴恵さん。昨年夏に続き、二度目の無料公開となった。 オミクロン株は感染力が強く、軽症者が多いため、全...
別窓で開く

“外国人入国禁止”の日本、「入国させて」批判があふれる=韓国報道
日本政府がオミクロン変異株の拡散を防ぐために先制的に対応した外国人新規入国制限措置が日本国内はもちろん、海外でも多くの批判を受けているとブルームバーグ通信が26日(現地時間)に報道した。オランダ人女性のデリア・フィサー氏(25)は10代だった2014年、広島県で半年間生活した後、成人後に日本へ移住す...
別窓で開く

オミクロン株が怖い! ずっと進まなかった緊急時の「事業継続計画」作る企業急増中
どんどん感染拡大するオミクロン株が怖い、というわけだろうか。地震、感染症、テロ、サーバー攻撃などの緊急時でも企業活動が存続できるようにする「事業継続計画」(BCP)をにわかに策定する会社が増えている。...
別窓で開く