本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


賛否両論の日本型新卒一括採用だが、ここに来て大きな変化の時代を迎えている。4月18日には、経団連でインターンシップで得られる学生情報を採用活動開始後に活用することを認める動きがあった。通年採用や職種別選考を実施する企業も、年々増加している。多様化する採用手法採用手法についても、従来型の筆記試験と面接...
別窓で開く

感染症や自然災害に強い社会のために法整備を…医師の国会議員が語る「コロナ禍の現実」
 産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)が4月16、17日に共同で実施した世論調査によると、大災害などの緊急時に政府の権限を強化する「緊急事態条項」を憲法に設けることに賛成が72.4%を占め、反対の19.7%を大きく上回った。...
別窓で開く

コロナ禍においても、都内各地の再開発プロジェクトの多くは進行しており、懸念されていた人々の地方移住も限定的で、「東京一極集中」の状態は続いています。東京にはなぜ、それほどのパワーがあるのか。そして東京には、これから先どんな未来が待ち受けているのか。明治大学名誉教授の市川宏雄氏、株式会社ボルテックス代...
別窓で開く

大活躍はしないまでも、それなりに働いてきた“モブ社員”。しかし、今や日本社会はジリ貧。今後、可もなく不可もない普通の会社員は、ただ貧乏くじを引かされるだけの存在に——。少しでも思い当たるならば、振り返ってみてほしい。捨てられる前に。◆日本の失墜とともに“捨てられる会社員”が大量に続出する!? よくも...
別窓で開く

尹錫悦次期大統領からの親書で日韓関係は改善に向かう?韓国の政策協議代表団が日本に到着
2022年4月24日、韓国メディア・毎日経済は「尹錫悦(ユン・ソクヨル)時期大統領が日本に派遣した政策協議代表団が、日韓関係改善のための活動に入った」と報じた。記事によると、「日韓議員外交フォーラム」共同代表のチョン・ジンソク議員(「国民の力」)が率いる政策協議代表団は、24日の午後に成田空港に到着...
別窓で開く

【今週の労務書】『実務 中国労働法 日中対比で学ぶ最新労務管理』
■地域毎の運用実態を提示 本書は、中国で労働契約法が施行されてから15年近くが経過し、労働者の権利意識の高まりとともに労働紛争が増加傾向にあるなか、中国に進出する日本企業に対し、中国での労務管理上の留意点を解説したもの。採用から労働契約終了に至るまでの各ステージにおける実務上のポイントを示した。...
別窓で開く

4月11日に円が20年ぶりの円安水準である1ドル=125円に達した時、アナリストの大半は年末までに130円まで円安が進むだろうと答えた。実際にはたった9日後の4月20日には129円に。円安がどれくらいの速さで、どこまで進み続けるか、またその過程でどれくらい上下するかは定かではない。市場は直線には進ま...
別窓で開く

<訃報>立石信雄オムロン元会長=多様性を擁護、弱者に寄り添う—海外での日本企業理解に尽力
立石信雄オムロン元会長が逝去した。オムロン創設者の立石一真氏の次男。1959年立石電機販売に入社。1965年立石電機(現オムロン株式会社)取締役。英語力を駆使して国際営業担当として同社の海外展開に尽力した。代表取締役会長。相談役などを歴任した。85歳。財界活動も長く、経団連・国際労働委員長、海外事業...
別窓で開く

大卒総合職の退職金は微減 経団連集計
 経団連と東京経営者協会がまとめた「2021年9月度 退職金・年金に関する実態調査結果」によると、大卒・総合職(標準者)の60歳時点の退職金額は2243.3万円で、前回調査した3年前と比較して0.6%減少した。支給月数では0.1カ月減の38.1カ月となっている。...
別窓で開く

◆若者の自殺が増加—— 水野さんは新著『次なる100年 歴史の危機から学ぶこと』(東洋経済新報社)で、資本主義が歴史の危機をもたらしてきたことを詳述しています。いま世界各国では格差と貧困が深刻化しており、日本にも3食を満足に食べられない子どもたちがたくさんいます。これはまさに歴史の危機と言っていいと...
別窓で開く


[ 経団連 ] の関連キーワード

オムロン