本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



東京都「首都直下地震等被害想定」の大ウソを暴く(2)未改修の旧耐震ビルは「ことごとく崩壊する」の衝撃現実
 大甘との批判が噴出している今回の新被害想定では、最大規模の被害が予想される都心南部直下地震(M7.3)が冬の夕方(風速8メートル)に発生した場合の死者数6148人のうち、「揺れ等」による死者数についても10年前の前回想定を1895人も下回る3666人と過少評価されている。...
別窓で開く

新内眞衣と学ぶSDGs 「安全な水とトイレを世界中に」を“水のスペシャリスト”沖大幹教授と深掘り
4月から新内眞衣がパーソナリティに就任したニッポン放送『SDGs MAGAZINE』。リニューアル第2回の放送では前回、新内が「一番興味がある」と話した、目標6「安全な水とトイレを世界中に」がテーマとなった。東京大学大学院工学系研究科に在籍し、水文学(すいもんがく)を専門とする沖大幹教授がゲスト出演...
別窓で開く

東京都「首都直下地震等被害想定」の大ウソを暴く(1)元幹部もアキレた!ツッコミどころ満載の「お手盛り想定」
 5月25日、東京都は「首都直下地震等による東京の被害想定報告書」を公表した。 10年ぶりに見直された今回の新被害想定が対象としているのは、M(マグニチュード)7クラスの「首都直下地震(都心南部直下地震、多摩東部直下地震など5地震)」とM8〜9クラスの「海溝型地震(南海トラフ巨大地震と大正関東地震の...
別窓で開く

埼玉栄、湘南工大附、安田学園が16強 男子学校対抗1回戦結果②<第72回関東高等学校卓球大会>
<第72回関東高等学校卓球大会 日程:6月4〜5日 場所:バルドラール浦安アリーナ>4日、バルドラール浦安アリーナにて、第72回関東高等学校卓球大会が行われており、男子学校対抗1回戦が終了した。安田学園(東京)、湘南工大附(神奈川)、埼玉栄(埼玉)と各都道府県の実力校が2回戦進出を決め、2回戦では三...
別窓で開く

「100人をナンパ」「カラオケで軍歌」 東大初の力士・須山、知人が語る“変人”エピソード
 角界では初の東大出身力士となる須山(24)=本名・須山穂嵩=がついにお目見えした。大企業や中央官庁といった就職先を差し置いて「土俵」を目指したのはなぜなのか。過去をひもとくと、湧いて出てくるのは、学生時代のあまりに破天荒すぎるエピソードだった。 *** 東京大学文学部で哲学を専攻する4年生の須山が...
別窓で開く

國學院大學、男女揃っての1部リーグ昇格に挑む<春季関東学生卓球リーグ戦>
<令和4年度春季関東学生卓球リーグ戦 日程:2022年4月〜6月(予定) 場所:所沢市民体育館、代々木第2体育館、他>4日に令和4年度関東学生春季リーグ戦の入れ替え戦が行われる。3年ぶりに昇降格有りでのと開催となった今年度の春季リーグ戦では、1部〜6部の各リーグで互いの大学の威信をかけた白熱した試合...
別窓で開く

一度はまると抜け出せない。醜いのに美しい「悪魔」の名画
 歴史上、絵画に描かれてきたのは、きれいなものや立派なものばかりではない。数々の芸術家が「悪魔」に魅入られ、さまざまな作品にその姿を描き残してきた。 悪魔は芸術の中にどのように誕生し、どう受けとめられてきたのだろうか。2022年6月8日発売の『悪魔絵の物語』(グラフィック社)は、ミケランジェロ、セザ...
別窓で開く

人間には聞こえない声で笑う身近な動物とは?
科学の分野において人間はネズミから多くのことを学んできた。実験動物の王様であるネズミは歴史上最も人間代わりになってきたからだ。その意味で、ネズミを見ると人間も見える。ネズミは傷つくのを避け、他のネズミを見捨てないという共感性を持っている。さらに、ネズミの共感性にも人間同様に個性があるらしい。...
別窓で開く

全国約8万社の神社を傘下に置く宗教法人、神社本庁。6月3日に満期を迎える、その巨大宗教法人のトップ人事が目下、前代未聞の大混乱。新総長を自認する2人が併存しかねない事態に陥っている。(ダイヤモンド編集部 宮原啓彰)■象徴的な存在である統理が「指名権」を使って田中氏を“失脚”か「もう好きにやってくれよ...
別窓で開く

大活躍はしないまでも、それなりに働いてきた“モブ社員”。しかし、今や日本社会はジリ貧。今後、可もなく不可もない普通の会社員は、ただ貧乏くじを引かされるだけの存在に——。少しでも思い当たるならば振り返ってみてほしい。早期退職やリストラで捨てられる前に。◆組織の“イヌ”なのは悪じゃない。“健やかなイヌ”...
別窓で開く


[ 慶應義塾 ] の関連キーワード

國學院大學 安田学園