本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



NHK大河ドラマでは山寺宏一が熱演!天皇を悪霊となって祟り殺した!?“天台宗”慈円の汚名は「濡れ衣」
 比叡山延暦寺のトップ(天台座主)にして、著名な歴史書『愚管抄』の著者である慈円——昨年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、俳優で声優の山寺宏一が演じ、後鳥羽上皇の側近として登場した。 生涯、天台座主に四回なったことでも知られ、政変に巻き込まれた一回目の辞職を除くと、辞めるたびに後鳥羽上皇に乞...
別窓で開く

「鎌倉殿の13人」ベスト回は第何話? 解説動画のミスター武士道が振り返る <歴史好きYouTuberの視点 年末特別編>
いや〜乱世乱世。どうも歴史好きYouTuberのミスター武士道です。今回は、連載「いざ!大河ドラマ」の年末特別企画! 12月18日(2022年)に最終回を迎えたNHKの「鎌倉殿の13人」(全48話)を振り返り、最も心に残った回を決めたいと思います!■衝撃的だった上総介広常の最期候補の1本目は「第15...
別窓で開く

「鎌倉殿の13人」 もしドラマで描かれていたら印象変わった? 「承久の乱」後、三浦義村・胤義の兄弟対決が持つ意味 <歴史好きYouTuberの視点>
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の12月18日(2022年)放送回は「最終回 報いの時」でした。登録者数13万人を超える人気歴史解説動画「戦国BANASHI」を運営するミスター武士道が、「最終回」の解説動画で最も熱く語りたかった「ツボ」は?動画内容を軸に再解説します。(ネタバレあり)■吾妻鏡には何...
別窓で開く

「鎌倉殿の13人」 もしドラマで描かれていたら印象変わった? 「承久の乱」後、三浦義村・胤義の兄弟対決が持つ意味 <歴史好きYouTuberの視点>
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の12月18日(2022年)放送回は「最終回 報いの時」でした。登録者数13万人を超える人気歴史解説動画「戦国BANASHI」を運営するミスター武士道が、「最終回」の解説動画で最も熱く語りたかった「ツボ」は?動画内容を軸に再解説します。(ネタバレあり)■吾妻鏡には何...
別窓で開く

「鎌倉殿の13人」 政子への「重すぎる愛」は本物かも? 歴史記録からにじむ大江広元の思いとは <歴史好きYouTuberの視点>
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の11月13日(2022年)放送回は「第43回 資格と死角」でした。登録者数12万人を超える人気歴史解説動画「戦国BANASHI」を運営するミスター武士道が、「第43回」の関連解説動画で最も熱く語りたかった「ツボ」は? 動画内容を軸に再解説します。次回放送をより楽し...
別窓で開く

「鎌倉殿の13人」義時と政子の壮絶ラストに「震えた」 「もっと見たかった」の声も
北条政子(小池栄子)とともに奮起して徹底抗戦を選んだ幕府は、大江広元(栗原英雄)や三善康信(小林隆)の忠言を聞き入れて速やかに京へ派兵することを決断。泰時(坂口健太郎)、平盛綱(きづき)らが先発隊として向かい、時房(瀬戸康史)らが続く。木曽から宇治川に入ったのち、泰時勢はついに西軍を制圧。...
別窓で開く

「鎌倉殿の13人」 胸アツ政子演説シーン 吾妻鏡を踏まえて味わうと? <歴史好きYouTuberの視点>
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の12月11日(2022年)放送回は「第47回 ある朝敵、ある演説」でした。登録者数13万人を超える人気歴史解説動画「戦国BANASHI」を運営するミスター武士道が、「第47回」の解説動画で最も熱く語りたかった「ツボ」は?動画内容を軸に再解説します。次回放送をより楽...
別窓で開く

小池栄子NHK大河『鎌倉殿の13人』「ラス前」神演技で噴出する「伝説的名画」の復活計画
 12月11日、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で、女優・小池栄子(42)演じる北条政子の歴史的な名場面が放送され、圧巻の大熱演が大きな話題を呼んでいる。「この回は、小栗旬さん(39)演じる主人公・北条義時と、小池さん演じる義時の姉である北条政子が実権を握る鎌倉幕府と、尾上松也さん(37)演じる後...
別窓で開く

いよいよ最終回! 「鎌倉殿の13人」メモリアルブック。小栗旬×小池栄子、北条家の姉弟ラスト対談も
 いよいよ12月18日に最終回を迎える大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のメモリアルブック『NHK2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」メモリアルブック』(東京ニュース通信社)が、12月12日に発売された。 本書は、三谷幸喜さんが脚本を務め、毎週放送後には関連ワードが軒並みSNSでトレンド入りする人気を誇...
別窓で開く

「鎌倉殿の13人」政子の大演説、展開知っていても泣けた 小池栄子の名演にも拍手
NHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」12月11日(2022年)放送回。いよいよクライマックスに入っていく。幕府の後継者争いが発端となり荒れる京。朝廷の象徴である内裏が焼け落ち、その再建費用を、後鳥羽上皇(尾上松也)が日本中の武士から取り立てようと決める。...
別窓で開く


[ 後鳥羽上皇 ] の関連キーワード

大河ドラマ 大江広元 天台宗 nhk

<前へ123次へ>