本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『鎌倉殿の13人』第17回 “政子”小池栄子、“義高”市川染五郎を救うために奔走
俳優の小栗旬が主演を務める大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合ほか)第17回「助命と宿命」が1日の今夜放送される。 大河ドラマ第61作となる本作は、平安時代末期、伊豆弱小豪族の次男坊の出身でありながら、源頼朝と北条政子の結婚をきっかけに運命の歯車が回り始めた北条義時の半生を描く。脚本は三谷幸喜。...
別窓で開く

時代を超えて愛される、富山の絶景を眺めながら食べたい駅弁はコレだ!
【ライター望月の駅弁膝栗毛】「駅弁」食べ歩き20年・5000個の放送作家・ライター望月が、自分の足で現地へ足を運びながら名作・新作合わせて、「いま味わうべき駅弁」をご紹介します。有磯海全国にはそれぞれ地域が誇る景色があります。富山といえば、富山湾越しの立山連峰が美しい景色として有名です。...
別窓で開く

「鎌倉殿の13人」菅田将暉演じる義経の瞳に“ロックオン”される視聴者続出
 俳優・小栗旬主演の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK)の第16話が4月24日に放送され、菅田将暉演じる源義経の獅子奮迅の戦いぶりに大きな反響が寄せられている。 今回の大河ドラマは、野心とは無縁だった伊豆の若武者・北条義時(小栗)が鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝に見出され、やがて武家の頂点に上り詰めて...
別窓で開く

元KAT-TUN・田口淳之介は「何でもできちゃう」“器用貧乏”も、同タイプの中丸雄一との埋まらない差
湾岸警察署から出てきた田口淳之介('19年6月) 古いブルーレイディスクを整理していたら『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)が録画されていて、4人時代の■KAT-TUNが出ていた。現メンバーの3人プラス■田口淳之介(36)という構成だ。 ただし、2016年2月の回なので、その春でのグループ脱...
別窓で開く

『鎌倉殿の13人』第15回 “義時”小栗旬、謀反を起こした御家人たちと対峙
俳優の小栗旬が主演を務める大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合ほか)第15回「足固めの儀式」が17日の今夜放送される。 大河ドラマ第61作となる本作は、平安時代末期、伊豆弱小豪族の次男坊の出身でありながら、源頼朝と北条政子の結婚をきっかけに運命の歯車が回り始めた北条義時の半生を描く。脚本は三谷幸...
別窓で開く

義経VS義高「見送り」シーンが怖い... 意味深演出も奏功 【鎌倉殿の13人】
嫡男・義高(市川染五郎)を源頼朝(大泉洋)のもと鎌倉へと送った木曽義仲(青木崇高)。義仲は平家の追討軍を撃退して上洛。ところが義仲と後白河法皇(西田敏行)との関係がうまくいかない。自身の平家打倒に向けて法皇の協力を仰ぎたい頼朝は、義仲潰しのチャンスとみて、源義経(菅田将暉)を大将とし派兵することを決...
別窓で開く

「鎌倉殿の13人」小栗旬&ガッキーの神回シーンに「あのドラマを思い出した」の声
 小栗旬が主演を務める大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK)の第13話が4月3日に放送され、小栗演じる義時と八重(新垣結衣)のやりとりに「神回」との声が上がっている。 今回の大河ドラマの主人公は、鎌倉幕府2代執権・北条義時。鎌倉幕府初代将軍・源頼朝(大泉洋)を支えた13人の家臣団が繰り広げる権力パワ...
別窓で開く

『鎌倉殿の13人』源義経はヒーロー? それともヴィラン?
今回のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で描かれている源義経に、これまでのイメージと違う……と感じる視聴者も多いのではないでしょうか。番組の人物紹介でも「性格は欠点ばかりだが〜」と書かれていますが、義経はどんな人物だったのでしょうか? 歴史家で作家の濱田浩一郎氏に聞いてみました。...
別窓で開く

『鎌倉殿の13人』第13回 “頼朝”大泉洋のライバル・“木曽義仲”青木崇高が登場
俳優の小栗旬が主演を務める大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合ほか)第13回「幼なじみの絆」が3日の今夜放送される。 大河ドラマ第61作となる本作は、平安時代末期、伊豆弱小豪族の次男坊の出身でありながら、源頼朝と北条政子の結婚をきっかけに運命の歯車が回り始めた北条義時の半生を描く。脚本は三谷幸喜...
別窓で開く

両親ともに大物の売れっ子女優2人の共通点 オファーが絶えない理由は
俳優の水谷豊と歌手・女優の伊藤蘭の娘で女優の趣里、歌手・俳優の石橋凌と女優の原田美枝子の娘で女優の石橋静河がそろって映像作品のオファーが絶えない。 趣里はTBS系で放送されたドラマ「DCU〜手錠を持ったダイバー〜」に、水の中の犯罪を解くエキスパート集団である海上保安庁潜水特殊捜査隊DCUのメンバー役...
別窓で開く


[ 源義経 ] の関連キーワード

ロックオン 染五郎 淳之介