本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



〈鎌倉殿の13人〉源頼朝と映画・仁義なき戦い「山守組組長」の意外な共通点
 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の人気を高めた最大の功労者は大泉洋(49)による源頼朝ではないか。群衆劇は強烈な憎まれ役がいたほうが面白くなる。過去にも頼朝と似た憎まれ役がいた。故・金子信雄さんが演じた山守義雄だ。名作映画「仁義なき戦いシリーズ」(1973〜74年)の山守組組長である。...
別窓で開く

シンプルに声が好きな20代俳優ランキング
ドラマや映画でめざましい活躍を見せてくれる20代の俳優。若さあふれる演技はもちろんですが、演じる役柄によって印象が大きく変わってくる声もまた、魅力の一つですよね。そこで今回は、シンプルに声が好きな20代俳優は誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。...
別窓で開く

NHKの大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の放送で、源氏や平氏の歴史に注目が集まっています。源頼朝の弟で「戦の天才」と呼ばれた源義経。その象徴的な戦いの1つとして語り継がれるのが「一ノ谷の戦い」で見せた「鵯越(ひよどりごえ)の逆落とし」ですが、どうも後世の創作の可能性が高いようです。歴史学者の濱田浩一郎氏...
別窓で開く

「鎌倉殿の13人」を楽しむために…義経亡き後、頼朝は史書でどう描かれているか
 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は前の第21話で菅田将暉(29)扮した源義経が絶命し、1つのヤマ場を終えた。だが、全放送回数は50話弱になるので、まだ折り返し地点にも達していない。大泉洋(49)扮する源頼朝はどうなるのか。史書『吾妻鏡』や『玉葉』『愚管抄』などを基に読み解きたい。...
別窓で開く

川栄李奈「いつでも戦えます」勇ましい甲冑姿『義経のスマホ』オフショットに反響
女優の川栄李奈が、5月31日にインスタグラムを更新し、出演するドラマ『義経のスマホ』(NHK総合)のオフショットを公開。甲冑姿で刀を手にポーズを取る川栄に、ファンから「甲冑姿良く似合うよ」「似合ってて素敵です」「かっこいい」「勇ましいですね」といった声が寄せられている。...
別窓で開く

NHKの大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の放送で、源氏や平氏の歴史に注目が集まっています。平清盛の死後、破竹の勢いで進撃し、「平家都落ち」を実現した木曽義仲(源頼朝の従兄弟)を討った源義経。「戦の天才」と呼ばれ、独断で突っ走るイメージを持たれがちな義経ですが、実際はそうではないようです。歴史学者の濱田浩...
別窓で開く

心閉ざした「大姫(葵)」の「恨み」 源氏と北条家の行方を揺さぶる? 【鎌倉殿の13人】
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」5月29日(2022年)放送回。源義経(菅田将暉)を失った奥州に攻め込み、藤原泰衡(山本浩司)を討ち取る源頼朝(大泉洋)。義時(小栗旬)や御家人たちは義経の死を憂う日々が続いた。そんな御家人たちの想いを他所に頼朝は毅然と上洛に向けて動き出す。...
別窓で開く

『鎌倉殿の13人』第21回 “八重”新垣結衣が鎌倉で孤児たちの世話に奔走
俳優の小栗旬が主演を務める大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合ほか)第21回「仏の眼差(まなざ)し」が29日の今夜放送される。 大河ドラマ第61作となる本作は、平安時代末期、伊豆弱小豪族の次男坊の出身でありながら、源頼朝と北条政子の結婚をきっかけに運命の歯車が回り始めた北条義時の半生を描く。脚本...
別窓で開く

菅田将暉さんが最近演じた役でいちばん好きなのは? 義経、久能整... 【TV編アンケート】
俳優の菅田将暉さんがNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で演じていた源義経が、前回放送(5月22日、2022年)で最期を迎えました。これまでの義経像にとらわれない、奔放で時に負の側面もみせる斬新な「菅田流義経」の幕引きには、視聴者からの大きな反響があり、複数のメディアが「義経ロス」現象を伝えていました...
別窓で開く

“菅田義経”、「鎌倉殿の13人」でのナレ死に「あのシーンをもう1度見たかった」
 5月22日放送のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第20話でナレーションを務める長澤まさみにより「文治5年6月13日、義経の首が鎌倉に届けられた」と、いわゆる“ナレ死”した菅田将暉演じる源義経。京にいた頃、刺客に襲われたのが兄・頼朝(大泉洋)の策略だと勘違いしていた義経だったが、実は妻の里(三浦透...
別窓で開く