本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



専門店並みの美味しさ! ロイヤルホストで食べておきたい「苺の絶品パフェ」6選
食楽web ファミリーレストランの中でも高級感とホスピタリティの高さが評判の『ロイヤルホスト』。毎年人気の苺を使ったデザートが今年も登場しています。『苺 〜Sweet Strawberry 2nd season〜』と銘打って、3月9日から期間限定でスタート。今、最も旬の苺を使ったパフェやショートケー...
別窓で開く

ロイホの「苺スイーツ」第2弾♥個性豊かな新作3品も期待大!
ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」では、2022年1月12日から「苺 〜Sweet Strawberry 1st season〜」を展開中です。毎年「ファミレス史上最高」「この世のパフェの中で一番美味しい」と話題になる「苺のブリュレパフェ」をはじめ、美しいいちごスイーツが食べられます。...
別窓で開く

オーディオメーカーと大学がコラボ!声を聞き取りやすいイヤホンが誕生
オンラインで学校の講義や英会話のレッスンを受けたりといったこともポピュラーになってきました。その際に使用するイヤホンによっては、説明の音声が聞き取りづらく、内容がよく頭に入ってこなかった、なんて経験はないでしょうか。...
別窓で開く

2022年は大地震が発生か 太陽黒点と大地震の気になる関係
 地震が起きるのは地球が生きた惑星であるが故で、人類はそれから逃れることはできない。人類はこれまで様々な角度から、地震研究を進めてきた。【こちらも】中国の史書と年輪に見られる中世の太陽活動の痕跡が一致 京大の研究 地震を純粋に理論的なアプローチで研究する科学者の大半は、地震予知は不可能だと主張する。...
別窓で開く

コロナ禍で進化する「あざとい」伝え方
 「あざとい」と聞くと、ズルいとか、媚びている、ごまかしなど、ネガティブなイメージがあるが、コロナ禍のコミュニケーションでは伝え方が「あざとく」進化しているという。 2021年1月12日『「あざとい」伝え方入門』(日経BP 日本経済新聞出版本部)が発売された。...
別窓で開く

2歳の息子を虐待した母親に、裁判官がかけた言葉とは——?
 昨年(2021年)6月、札幌市で2歳の男の子が母親にクローゼットに閉じ込められて亡くなるという痛ましい事件が起きた。母親はクローゼットの前に物を置いて、子どもが出られないようにしていたという。 これと似た事件が、15年以上前にも大阪で起きている。夏場に3時間半もの間、クローゼットに2歳の男の子を閉...
別窓で開く

「美味すぎ」「最高」。ロイホに「苺ブリュレパフェ」の季節がキター!
ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」では、2022年1月12日から「苺 〜Sweet Strawberry 1st season〜」と題して、いちごスイーツが期間限定で販売されます。■いちご尽くしの新商品も!いちごスイーツは、季節デザートの中で最も人気の高いシリーズです。5月上旬までの国産苺のシー...
別窓で開く

視野の広さは縁起のいいトンボ!? 至高のベテラン遠藤保仁を昆虫に例えると? “こんちゅうクン”が私的解説!
 幼少期の夢はサッカー選手になることだった。 プロの試合を見ては、いつもあのピッチに立っていたら自分はどんなプレーを選択するかと想像し、その妄想の上を行くスーパースターたちのプレーに感動した。 そんな私は、現在、幼少期にサッカーと同等に愛した昆虫に携わる仕事に就いている。...
別窓で開く

「被害者面はもうやめて」…終戦記念日に日本のドラマが韓国に投げかけた質問=韓国報道
日本にとって8月は敗戦について考える月である。敗戦日の15日になると政治家たちは太平洋戦争で天皇のために亡くなった約213万3000人を安置する靖国神社に駆けつける。こうした姿は『平和』『過ちは繰り返さない』などのスローガンとともに消費される。ただし、その基底には「当時は仕方なかった」という過去と現...
別窓で開く

ゆっくり走って「あおられた」多数 制限速度でも? 専門家「あおり運転に2タイプ」
あおり運転をされるきっかけとなる運転行為、どのようなものでしょうか。それは、追い越しをしたなどの具体的な行為とは限らないようです。専門家はその背景に、あおり運転する人の「タイプ」があると見ています。あおり運転の2大原因は「進路変更などの行為」と「スピード」 あおり運転をされた経験のある人が、そのきっ...
別窓で開く