本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



清原和博が唸った中田翔、済美を牽引したプルヒッターなど歴史に残る強打者たち【本当に長打力があった高校生5選】
長年、アマチュア野球を見ているとよく聞かれるのが、「これまで見た選手のなかで誰が一番凄かったですか?」という質問である。 投手や野手、カテゴリーによっても異なるため、一概に絞るのは困難ではある。だが、テーマとカテゴリーに分けてランキング形式で5人ずつ紹介していきたい。対象としたのは、現在の記録をとる...
別窓で開く

マエケンやパ最優秀中継ぎを抑えて1位になったのは、ロッテの右腕!【西尾典文が選ぶ『最もコントロールが良かった高校生5人』】<SLUGGER>
長年アマチュア野球を見ていると、「これまで見た選手のなかで誰が一番凄かったですか?」という質問をよく聞かれる。投手や野手、カテゴリーによっても異なるため絞るのはなかなか困難だ。 しかし、ここではテーマとカテゴリーに分けてランキング形式で5人ずつ紹介していきたいと思う。対象は現在の記録をとるスタイルで...
別窓で開く

箱根駅伝が示した“超高速化”の波。大学新記録が10校!タイムの概念を覆した「青学基準」とは?
●タイムの概念が変わった2022年大会 今回の箱根駅伝で青山学院大は10時間43分42秒の大会新記録をマークしたが、記録で注目すべきは青学大だけではなかった。 シード権争いのレベルが、大きく上がっていたのである。 今年、10位でシード権を獲得した法政大のタイムが10時間58分46秒。...
別窓で開く

【村上宗隆のアマチュア時代】九州大会で見せた驚愕のセンターフライ。金属バットということを差し引いても…
毎年新たなスターが出現するプロ野球の世界。しかし年俸が数億円を超えるような選手も、必ずしもプロ入り前から高い評価を受けてきたわけではない。そんなスター選手のアマチュア時代の姿を年間300試合現地で取材するスポーツライターの西尾典文氏に振り返ってもらった。今回は瞬く間にセ・リーグを代表する打者へと成長...
別窓で開く

1万メートルの平均タイムで箱根駅伝を読む。勢いがあるのは駒大、早大、明大!優勝候補の青学大、東海大は…
12月10日。 毎年、この日は箱根駅伝の記者発表会が行なわれる。今年はオンラインでの開催となったのが残念だったが(例年、発表会の後にティーパーティが行なわれ、貴重な情報収集の場になる)、16人の登録メンバーの発表と同時に、各大学の主務から10000mの上位10人の平均タイムが公表される。 10000...
別窓で開く

清宮幸太郎は3年目も村上宗隆に完敗。“ライバルの姿”が成長のヒントになるはず
もはや「清宮世代」から「村上世代」に変わった、と言っていいだろう。2017年ドラフトで高校からプロ入りした1999年組のことである。 同年のドラフトは高校歴代最多本塁打を記録した早稲田実高の清宮幸太郎に、日本ハム、ロッテ、楽天、ソフトバンク、巨人、ヤクルト、阪神の7球団が競合し、日本ハムが指名権を獲...
別窓で開く

【セ・リーグ球団別採点】過去10年のドラフト1位指名の成功度は?│巨人はクジ運に見放され続けていても高評価
よく言われることだが、ドラフトの本当の評価は何年か経ってみないと分からない。では、セ・リーグ6球団の過去10年間のドラフト1位指名は果たして成功したと言えるのか。それぞれのチームを採点してみた。...
別窓で開く

【ドラフト候補タイプ別診断:スピードスター】プロ野球史上でも屈指の俊足を誇る五十幡は1年目から盗塁王も
いよいよ26日に迫ったプロ野球のドラフト会議。ここでは、テーマ別に有力候補を紹介していきたい。今回のキーワードは『スピードスター』だ。 昨年のこのテーマで取り上げた選手では小深田大翔(大阪ガス→楽天1位)、森敬斗(桐蔭学園高→DeNA1位)、宇草孔基(法政大→広島2位)...
別窓で開く

スーパールーキー吉居大和を擁する名門・中大復活なるか?箱根駅伝予選会の注目校をピックアップ!
コロナ禍で大会、競技会が続々と中止になった今年、箱根駅伝予選会を読み解くのは難しい。 10月17日、会場となる東京・立川市の気象予報は雨で、気温は12、13度と低め。長距離走者にとっては走りやすいだろうが、このところTシャツ一枚でも良かった日もあり、寒暖差が大きく、ひょっとしたら体が動きにくいかもし...
別窓で開く


[ 九州学院 ] の関連キーワード

slugger セ・リーグ 東海大 青学大 ロッテ
幸太郎

<前へ1234次へ>