本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



初の著書『伝わるチカラ』を上梓するTBSの井上貴博アナウンサー。実はアナウンサーになろうとは1ミリも思っていなかったというのだが、一体どのようにして報道の第一線で勝負する「伝わるチカラ」を培ってきたのだろうか?「地味で華がない」ことを自認する井上アナが実践してきた52のことを初公開! 人前で話すコツ...
別窓で開く

井伊直弼に「安政の大獄」を決行させた「女スパイ」の情報収集力
「桜田門外の変」で暗殺された大老・井伊直弼からラブレターを送られた女スパイ・村山たかは、波瀾万丈の人生を送っていた。 江戸末期、幕府の大老として日米修好通商条約に調印し、日本の開国、近代化を断行した彦根藩第15代藩主の井伊直弼は、巨大な権力を行使して反対勢力を粛清する「安政の大獄」を行った人物だ。...
別窓で開く

スペイン大好きな片岡愛之助が、スペインの魅力を様々な角度から紹介 新プログラム配信スタート
「スペイン」の魅力を様々な角度から、熱く語っていく配信プログラム『片岡愛之助 情熱のスペインへようこそ』の配信がスタートした。スペイン大好きな歌舞伎俳優 片岡愛之助をメインパーソナリティに迎え、同じくスペイン好きの新行市佳(ニッポン放送アナウンサー)とともに、スペインという国を深く知り、「スペインの...
別窓で開く

千利休切腹の歴史ミステリーを茶道宗匠が解く——『お茶と権力』
この本のサブタイトル「信長・利休・秀吉」の3人は小説やテレビドラマによく登場する戦国時代のヒーローである。信長、秀吉に重用された利休が切腹に追い込まれて果てるが、その真相は謎であり、様々な解釈がなされてきた。今回その謎解明に迫るのが茶道流派の大日本茶道学会会長、田中仙堂氏(本名・秀隆)。田中氏は茶人...
別窓で開く

中国人の冬の必須アイテム、「日本で暮らしているうちに不要に」=中国
 日本で暮らす外国人のうち、国籍別で最も多いのは中国人だ。学業や仕事の関係で長く日本に住んでいるという中国人も少なくない。日本滞在の期間が長くなると、やはり何かしらの「変化」が表れるようだ。 中国の動画サイト西瓜視頻はこのほど、日本に住んで6年になるという中国人が「自らに生じた変化」を紹介する動画を...
別窓で開く

知ってる? 「木の葉丼」「衣笠丼」「きんし丼」「はいから丼」—京都ならではの「丼」4選
どうもライターの丸野裕行です。京都の食文化というのは非常に独特で、なんだか不思議な世界です。特にうどんや丼などのファストフード界には、他府県の方には理解できないものがあるでしょう。・【うどん文化はダシにあり!京都うどん「ヤバ旨」名店4選!】https://getnews.jp/archives/31...
別窓で開く

元日本代表FW李忠成が京都を契約満了、新潟シンガポールに加入。「取れるだけのタイトルを共に取りましょう」
 京都サンガF.C.は12月28日、元日本代表FW李忠成の契約満了と、アルビレックス新潟シンガポールへの加入を発表した。 FC東京、柏レイソル、サンフレッチェ広島、イングランドのサウサンプトン、浦和レッズ、横浜F・マリノスなど強豪クラブで活躍し、京都には2020年シーズンに加入。2年間にわたりプレー...
別窓で開く

【エクストリーム通学】立命館大学「1限に間に合う通学マップ」が公開 関東だって通学圏!?
 新型コロナウイルス禍でリモート講義が続き、通学しやすい場所に住むべきか迷っている大学生も多いかと思いますが、どこまでの範囲だったら通学可能なのか、知りたくありませんか?京都にある立命館大学の地理学サークルが、鉄道を使って午前9時に始まる1限目に間に合う範囲を示したマップを作成、公開しました。...
別窓で開く

父の英才教育の賜物? イマドキ女子中学生は積みプラがお好き
 「今どき女子中学生の勉強机の下がこちらです」と、ネギアフロさんがTwitterでつぶやきながら投稿した1枚の写真。 写っていたのは、金閣寺・61式戦車・ガンダムなどのプラモデル模型の箱が積み上げられた、いわゆる「積みプラ」状態。全てネギアフロさんの娘で、現役中学生のゴボウさん所有のものだそう。...
別窓で開く

太閤秀吉ゆかりの庭園 精巧な醍醐寺三宝院のジオラマに驚嘆
 豊臣秀吉が、その最晩年の1598年に催した宴「醍醐の花見」の舞台となった、京都の醍醐寺三宝院。国宝の表書院をはじめ、重要文化財の建物と、秀吉みずから基本設計したとされる国指定特別名勝・特別史跡に指定されている庭園のジオラマがTwitterにて発表され、その精巧な出来栄えが反響を呼んでいます。...
別窓で開く