本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



八代目市川新之助による力強い挨拶も 市川團十郎白猿の襲名披露公演「十一月吉例顔見世大歌舞伎」初日レポート
『市川海老蔵改め十三代目市川團十郎白猿襲名披露 八代目市川新之助初舞台「十一月吉例顔見世大歌舞伎」』が、11月7日に東京・歌舞伎座で開幕。その初日レポートが到着した。歌舞伎座で2カ月にわたる襲名披露興行の幕開きを飾るのは、『祝成田櫓賑(いわうなりたこびきのにぎわい)』。...
別窓で開く

歌舞伎オンデマンドが海外に向けた配信を開始 ラインナップは坂東玉三郎『鷺娘』を含む3作品
歌舞伎の公式有料動画配信サービス「歌舞伎オンデマンド」の海外に向けての配信が、11月1日よりスタートした。本サービスは、歌舞伎や日本文化に興味関心があるものの新型コロナウイルス感染症拡大により来日が叶わない海外在住の方々に向けたもので、将来における歌舞伎の普及を世界へ広げていくことを目的としている。...
別窓で開く

〈ツーショット写真〉人間国宝・片岡仁左衛門78歳 “壇蜜似”41歳女性との2年不倫愛
 秋真っ盛りの10月3日、「登山の日」。午後4時、品川のカフェで喫煙テラス席に並んで座りコーヒーをすする1組のカップル。2人は20分ほどで席を立ち、手が触れそうな距離で並んで歩き始める。優しく語り掛ける老紳士の顔を女性はうっとりと見上げ、人気が少ない道路に折れ曲がると、彼の背中を優しく擦った。...
別窓で開く

市川海老蔵、親孝行だと思った息子からの提案「うっかりそのまま帰ろうと思った」
歌舞伎俳優の市川海老蔵が10月30日に自身のアメブロを更新。親孝行だと思った息子・勸玄(かんげん)くんからの提案について明かした。この日、海老蔵は「稽古終わり」と報告。勸玄くんから稽古後に「パパー 歌舞伎座前で記念写真撮ろうよー」と提案されたことを明かし「親孝行な倅」と感心した様子でつづった。...
別窓で開く

海老蔵 襲名披露興行チケット大苦戦…招待券配布、女子大生サロンと重鎮にも“営業”
「十三代目市川團十郎白猿襲名興行の切符の売れ行きの悪さは梨園内でも話題になっています。先代の團十郎さんのときは即日完売だったのに……」(歌舞伎関係者)市川海老蔵(44)が十三代目を継ぐ、日本一の大名跡・團十郎の襲名披露興行が11月7日から東京・歌舞伎座で始まる。先代の襲名披露から37年、2カ月間の公...
別窓で開く

好きな歌舞伎役者ランキング「1位は香川照之」の衝撃!選ばれた“まさか”の理由は?
歌舞伎のステージだけでなく、高い演技力や存在感で映画やドラマでも活躍する歌舞伎界のスターたち。しかし、女性問題などのスキャンダルで注目を集めることも少なくない。そんな彼らへの世間の印象はどのようなものなのか。本誌はクロス・マーケティングのQiQUMOなどを使い、282人にアンケート調査を実施。...
別窓で開く

尾上菊五郎は海老蔵に「愛想を尽かした」? 團十郎襲名に大御所の辞退が続出!
 2年半にわたる延期を経て歌舞伎の大名跡〈市川團十郎〉を襲名する、市川海老蔵(44)の「十三代目市川團十郎白猿襲名披露」までひと月あまり。このほど演目と出演者が決定したが、直後に出演者の辞退が相次いだ。歴史的な晴れ舞台を目前に控えて、何が起きているのか。 *** 今年の冬、寒さを肌で感じる11月から...
別窓で開く

香川照之、スキャンダルの影響は息子にも? 専門家は「間接的な影響が」
 銀座で狼藉という本誌(「週刊新潮」)の報道を機にたった2週間で、取り巻く環境がマイナス方向に180度転回してしまった香川照之(56)。うわさされる違約金地獄は乗り切れる? 歌舞伎界のポジションにまでケチがつくと、父子関係にも亀裂? *** 自業自得とはいえ、好感度が高かった俳優が数日にして嫌悪の対...
別窓で開く

伝説の連続KOシーン! 赤井英和ドキュメンタリー『AKAI』本編映像解禁
赤井英和の激闘を描くドキュメンタリー映画『AKAI』より、連続KO勝利の本編シーンが解禁。また、赤井のボクサー時代から親交のある歌舞伎俳優の坂東玉三郎や元WBA世界ライトフライ級王者の具志堅用高をはじめ、各界著名人から、今よみがえる“浪速のロッキー”の勇姿に絶賛コメントが寄せられた。...
別窓で開く

ベーコン、義経、玉三郎&智太郎も。岩合光昭さんのスター猫たちに会える豪華写真集
日本を代表する動物写真家の岩合光昭さんが贈るスター猫たちの写真集『あのネコに会いたい』(辰巳出版)が8月30日に発売される。『あのネコに会いたい』(辰巳出版)表紙を飾ったのは、映画『ねことじいちゃん』の主演を務めた猫のベーコンだ。10ページ以上にわたり自然と戯れるベーコンのナチュラルな姿が切り取られ...
別窓で開く


[ 玉三郎 ] の関連キーワード

オンデマンド 仁左衛門 akai 海老蔵 新之助
團十郎 菊五郎