本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



—[言論ストロングスタイル]— ◆アメリカで大統領は行政府の長にすぎずない 火事は最初の5分間、選挙は最後の5分間。アメリカでも、この格言が通じたようだ。アメリカ中間選挙のことだ。 アメリカでは、4年に1度、大統領選挙が行われる。ただし、大統領は行政府の長にすぎず、日本やイギリスの首相のように、自分...
別窓で開く

女帝の次は若手黒人リーダー、米民主党が進める世代交代の効果は 「ねじれ議会」でペロシ勇退の影響は、今後2年間の米政治を占う
「民主党の顔」だった10年間 米民主党は上院では半数を取ったものの下院を共和党が小差で制したことで、ジョー・バイデン大統領の政権運営は一段と厳しくなる。 元々下院は負けるとされていたからむしろ善戦したというべきだが、負けは負け。来年1月からの米議会は「ねじれ議会」となる。「米議会が『ねじれ議会』にな...
別窓で開く

「最大のルーザーはトランプ」で、「メシウマ」共和党本流が抱えるジレンマ 【前編】中間選挙で混沌さ増す2024年大統領選、米政治ウォッチャーが解説
トランプ前大統領が、次期大統領選に再選を目指して立候補することを表明した。米中間選挙は事前予想より民主党が善戦する結果に終わり、焦点は本格的に2024年へと向かい始めた。今、どんな展望が描かれているのか。米政治に詳しい双日総合研究所チーフエコノミストの吉崎達彦氏が2回に分けて解説する。...
別窓で開く

米中間選挙を「4つの観点」から見る
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が11月18日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。アメリカ中間選挙の結果について解説した。米中間選挙 民主党の集会に出席した、バイデン大統領、オバマ元大統領ら=2022年11月5日 写真提供:産経新聞社アメリカ中間選挙の結果飯田)アメリカ中間...
別窓で開く

「トランプ氏の出馬演説は成功だった」…ケント・ギルバート氏が読む“2年後の共和党予備選”
 アメリカ前大統領のドナルド・トランプ氏(76)が11月16日午前(日本時間)、自身の別荘「マー・ア・ラゴ」で会見を開き、2024年の大統領選に出馬すると表明した。日本のメディアも、ネットで生中継を配信するなど大きく扱った。 *** ちなみに、フロリダ州パームビーチに建つ「マー・ア・ラゴ」は、192...
別窓で開く

トランプ前大統領が大統領選への出馬を表明しましたが、その神通力が弱まってきたとの声も挙がっています。実は、トランプ氏の返り咲きの見込みが低くなると、私たち日本人の生活にはプラスかもしれません。人為的に引き起こされている円安が止まって、来年中には為替レートが円高に戻る可能性が出てきたのです。(百年コン...
別窓で開く

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。毎月第2水曜日に、我々が知っているようでよく知らない「お金」や「経済」の仕組みなどを、専門家の方に詳しく解説してもらうコーナー「スカロケ資産運用部」をお届けしています。...
別窓で開く

トランプ氏、早くも「立候補」表明のナゼ フジ風間晋解説委員の見立ては?
トランプ前米国大統領がきのう、2年後の大統領選挙に出馬を表明した。普通の候補者は1年前に表明するのだが、なぜ今?と17日(2022年11月)の「めざまし8」#NewsTagコーナーが取り上げた。トランプ氏はフロリダ州の自宅豪邸「マール・ア・ラーゴ」で「私が大統領だったらウクライナ侵攻は起こらなかった...
別窓で開く

毒ガスで死ぬか、政府推奨の尊厳死か『サイレント・ナイト』は皮肉と知性のクリスマス・コメディ
『サイレント・ナイト』© 2020 SN Movie Holdings Ltd優しく、恐ろしく、愉快で、そして知性的な作品だ。「クリスマス・イブに地球が滅びる」という衝撃的な設定のクリスマス映画『サイレント・ナイト』は、力いっぱい、ユーモアたっぷりに“クリスマス映画”というジャンルを遊びな...
別窓で開く

米中首脳会談で思わぬ褒美をもらったバイデン大統領 「80歳の壁」をバイデン氏は打ち破り、トランプ氏は激突か
年齢差別は人種・性別差別と同じ ジョー・バイデン米大統領はどうやら「80歳の壁」*1を打ち破ったかに見える。 バイデン氏は11月20日に80回目の誕生日を迎える。 もっとも米国人の感覚には「80歳の壁」といった概念はない。年齢で「差別」するのは人種差別や性別での差別同様、建前では禁じられているからだ...
別窓で開く


[ 共和党 ] の関連キーワード

ギルバート アメリカ バイデン ケント 民主党