本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アメリカ中間選挙後の共和党は?ポストトランプ"大戦争へと突入するのか!?
2年後に行なわれる大統領選への出馬を正式に表明した、ドナルド・トランプ前大統領11月8日に行なわれたアメリカ中間選挙。下馬評では共和党が危なげなく勝つとみられていたが、上院は負け、下院も数議席しか上回れないという結果に。原因となったのは、またしてもあの男——トランプだ!2024年に迫った大統領選に立...
別窓で開く

人権問題において「日本が世界に取り残されている」理由
ジャーナリストの有本香が11月22日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ブリュッセルで開催された「国際ウイグル・フォーラム」について解説した。綿花の収穫=中国=2013年10月26日 Imaginechina/時事通信フォト 写真提供:時事通信国際ウイグル・フォーラム11月9...
別窓で開く

民主党善戦と報じられる米中間選挙、現実は下院掌握の共和党が「勝利」 下院は反バイデンに、大きく後退する民主党の政権運営
(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授) 今回の米国の中間選挙は日本でも異例なほど高い関心を集めた。その選挙の結果はどうだったのか。 最大のポイントは、共和党の下院での多数派制覇である。その結果、民主党のバイデン政権はこれまでの議会上下両院での円滑な支持を失った。...
別窓で開く

ポーランド「ミサイル落下問題」ゼレンスキーが「うちのです」と絶対言えない事情
 ポーランドの東部、プシェボドフにミサイルが着弾し、2人が犠牲になった事件。うち1人の住民男性の葬儀が19日、地元で執り行われた。 地元メディアの報道によれば、男性は62歳。当日は穀物乾燥施設での勤務中、ミサイルが落下し被害にあったと思われるが、18日からの現場調査には、ウクライナ政府が派遣した専門...
別窓で開く

予想難易度は「来年の有馬記念」並み!?トランプの対抗馬とバイデンの後釜 【後編】中間選挙で混沌さ増す2024年大統領選、米政治ウォッチャーが解説
トランプ前大統領が、次期大統領選に再選を目指して立候補することを表明した。米中間選挙は事前予想より民主党が善戦する結果に終わり、焦点は本格的に2024年へと向かい始めた。今、どんな展望が描かれているのか。米政治に詳しい双日総合研究所チーフエコノミスト、吉崎達彦氏による解説記事の後編をお届けする。...
別窓で開く

次の米政治ショーは格段に面白い、トランプ対特別検察官の死闘 約2兆円費やした中間選挙こそ大山鳴動して鼠一匹だったが・・・
親トランプのツイッターCEOが差し伸べた手 中間選挙後、米政治が動き出した。 共和党内の一部勢力が「12月6日(ジョージア州選出の上院選の決選投票)まで待ってくれ」という声を無視して、ドナルド・トランプ前大統領が2024年大統領選への再出馬を宣言した。...
別窓で開く

トランプ前大統領の出馬宣言直後に「ツイッターアカウント復活」を公表するマスク氏の思惑
ジャーナリストの須田慎一郎が11月21日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。米トランプ前大統領のツイッターアカウント復活について解説した。...
別窓で開く

歴史的な大接戦となった中間選挙の結果、2023年1月からのアメリカ新議会はいわゆるねじれ状況になり、共和党が奪還した下院は台風の目になりそうだ。これからも社会の分断と敵対的な政治状況という現実は変わりそうもない。さらに深刻になる可能性もあり、メディアでは「内戦」という言葉すらささやかれる。中間選挙に...
別窓で開く

米中間選挙で存在感を示したZ世代 暗号資産FTX崩壊で大打撃
 11月8日に行われた米国の中間選挙で番狂わせが起こった。 事前の予想に反して、シンボルカラーが赤である共和党の圧勝を意味する「赤い波」が起きなかった。 起きると予想されていた赤い波を阻止したのは若者の力だった。 米タフツ大学によれば、若者(18〜29歳)の27%が投票に出かけ、過去30年間の中間選...
別窓で開く

前回のコラム「アメリカ株が波乱の中でも年内は上昇と読む理由」(11月7日配信)以降、このところの日米など主要国の株価は、おおむね上昇基調を継続している。その背景は、アメリカで株価が上昇し、それがほかの先進国においても株価の支援材料となったことだろう。アメリカ株上昇の材料として最近取り上げられたのは「...
別窓で開く


[ 共和党 ] の関連キーワード

ツイッターアカウント ポーランド アメリカ 民主党