本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



共和党は「元祖トランプ」vs「賢いトランプ」の対決へ。パックンがアメリカ政治の先を読む!
次期大統領の共和党候補から、アメリカ社会を二分する人工妊娠中絶の問題まで、パックンが深掘り!アメリカ中間選挙で大敗が予想された与党・民主党が大善戦したのは、「トランプのおかげ」と看破したパックン(前編記事)。共和党にとってトランプは「戦犯」ともいえるが、それでも彼は2024年大統領選への出馬を宣言。...
別窓で開く

逆風を跳ね返すトランプ氏の政治生命力、民主党支持の論客も「凋落はない」 「トランプ叩き」が勢いを増す中でも岩盤支持層は揺らがず
(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授) 米国の中間選挙で共和党が予想ほどの票を得られなかったことから、同党の主役となってきたドナルド・トランプ前大統領への批判が広まった。トランプ氏の次回の大統領選出馬宣言に待ったをかけるような動きは、共和党内にもうかがわれる。...
別窓で開く

「トランプの存在は戦争や世界恐慌に匹敵するクライシスだった!」パックンが米中間選挙を深掘り解説!
米中間選挙で民主党が予想外の善戦。その要因を分析するパックン民主党・バイデン政権の「通信簿」であり、2024年に予定される次の大統領選挙の実質的なスタートとも言われるアメリカの中間選挙が11月8日に行なわれ、「野党・共和党の圧勝」という事前の予想に反して、民主党が善戦。下院では僅差で共和党に負けたも...
別窓で開く

台湾統一を「やらない」選択肢はない習近平 そのとき果たして日本はアメリカを頼れるのか
数量政策学者の高橋洋一が11月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。台湾情勢をめぐる米中の動きについて解説した。「烈士記念日」の式典に臨む中国の習近平国家主席 2022年9月30日(共同)米、戦闘機の沖縄「常駐」見直し 「ローテーション」制へアメリカのオースティン国防長官...
別窓で開く

米共和党にある「猛烈なトランプおろし」 それでも党の次期大統領候補はトランプ氏?
上智大学教授で政治学者の前嶋和弘が11月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。今後のアメリカ政治と日本との関係について解説した。【トランプ米大統領来日】羽田空港に到着し、ヘリから降りて大統領専用機へ向かうために傘を受け取るトランプ米大統領=2019年5月28日午後、羽田空...
別窓で開く

ASEAN拡大国防相会議で日米がロシアを非難した「もう1つの理由」
上智大学教授で政治学者の前嶋和弘が11月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。11月23日に開かれたASEAN拡大国防相会議について解説した。...
別窓で開く

下院の多数派が共和党になり、今後は「停滞の2年間」となる米バイデン政権
上智大学教授で政治学者の前嶋和弘が11月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。アメリカ中間選挙の結果と今後のバイデン政権について解説した。...
別窓で開く

アメリカではイメージが悪くない「旧統一教会」 その背景
上智大学教授で政治学者の前嶋和弘が11月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。アメリカでの世界平和統一家庭連合(旧統一教会)について解説した。...
別窓で開く

「今、強烈な『トランプおろし』が始まっている」 アメリカ外交政治専門の政治学者が指摘
アメリカ政治を専門とする、上智大学教授で政治学者の前嶋和弘が11月24日(木)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。中間選挙後のアメリカ政治と今後の日米関係について熱く語った。...
別窓で開く

アメリカ中間選挙後の共和党は?ポストトランプ"大戦争へと突入するのか!?
2年後に行なわれる大統領選への出馬を正式に表明した、ドナルド・トランプ前大統領11月8日に行なわれたアメリカ中間選挙。下馬評では共和党が危なげなく勝つとみられていたが、上院は負け、下院も数議席しか上回れないという結果に。原因となったのは、またしてもあの男——トランプだ!2024年に迫った大統領選に立...
別窓で開く


[ 共和党 ] の関連キーワード

asean アメリカ 統一教会 民主党 ロシア