本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



トランプの「選挙否定」を批判された共和党、「民主党も選挙否定した」と反撃 下院民主党トップのジェフリーズ氏、掘り起こされた選挙否定の発言
(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授) 共和党による逆転の多数制覇が確定した米国連邦議会下院では、少数派となる下院民主党の筆頭である院内総務にハキーム・ジェフリーズ氏が選ばれることが決まった。 この人事に対して共和党側は、ジェフリーズ議員がかつてドナルド・トランプ前大統領...
別窓で開く

◆ターニングポイントはクリミア攻撃—— ロシアがウクライナに軍事侵攻を始めてから9か月がたとうとしています。戦争は完全に泥沼化しており、停戦の兆しは見られません。東郷さんは先日『プーチンVS.バイデン』を刊行しましたが、現在の状況をどのように見ていますか。東郷和彦氏(以下、東郷) 戦争が始まって以来...
別窓で開く

独政府「ファーウェイやZTE製品の扱いで米国に追随はしないが…」
ドイツ政府経済・気候保護省の報道官は2日、ドイツは、米国がファーウェイなど中国の電気通信メーカーが製造する製品を全面禁止したことに追随するつもりはなく、引き続き個別の状況に応じて決定を下すと述べた。ただし現状では、これまで以上に厳しい姿勢で対処する方向だ。ドイツメディアのドイチェ・ベレ(中国語版)が...
別窓で開く

iPhoneから投稿したAppleのボイコットを呼びかけるツイートが話題 「新しいスマホが必要なんじゃない」「共和党から立候補した人なのね」
Appleのボイコットを呼びかけるツイートをiPhoneから投稿したアメリカ人女性がSNSで話題になっているようです。...
別窓で開く

グローバル化の問題点は「新しい階級闘争」を生み出した。新自由主義改革のもたらした経済格差の拡大、政治的な国民の分断、ポリティカル・コレクトネスやキャンセルカルチャーの暴走である。アメリカの政治学者マイケル・リンド氏は、このたび邦訳された『新しい階級闘争:大都市エリートから民主主義を守る』で、各国でグ...
別窓で開く

ロシアによるウクライナ侵攻に、台湾有事の可能性など、緊迫化している2022年。そんななか、重要なのが世界のリーダー・アメリカについて知ることです。11月8日投開票の中間選挙は、共和党が下院で多数派を奪還し、ねじれ議会になるなど、国内の状況も混迷を極めている印象です。日本人の私たちが今、知っておくべき...
別窓で開く

共和党は「元祖トランプ」vs「賢いトランプ」の対決へ。パックンがアメリカ政治の先を読む!
次期大統領の共和党候補から、アメリカ社会を二分する人工妊娠中絶の問題まで、パックンが深掘り!アメリカ中間選挙で大敗が予想された与党・民主党が大善戦したのは、「トランプのおかげ」と看破したパックン(前編記事)。共和党にとってトランプは「戦犯」ともいえるが、それでも彼は2024年大統領選への出馬を宣言。...
別窓で開く

逆風を跳ね返すトランプ氏の政治生命力、民主党支持の論客も「凋落はない」 「トランプ叩き」が勢いを増す中でも岩盤支持層は揺らがず
(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授) 米国の中間選挙で共和党が予想ほどの票を得られなかったことから、同党の主役となってきたドナルド・トランプ前大統領への批判が広まった。トランプ氏の次回の大統領選出馬宣言に待ったをかけるような動きは、共和党内にもうかがわれる。...
別窓で開く

「トランプの存在は戦争や世界恐慌に匹敵するクライシスだった!」パックンが米中間選挙を深掘り解説!
米中間選挙で民主党が予想外の善戦。その要因を分析するパックン民主党・バイデン政権の「通信簿」であり、2024年に予定される次の大統領選挙の実質的なスタートとも言われるアメリカの中間選挙が11月8日に行なわれ、「野党・共和党の圧勝」という事前の予想に反して、民主党が善戦。下院では僅差で共和党に負けたも...
別窓で開く

台湾統一を「やらない」選択肢はない習近平 そのとき果たして日本はアメリカを頼れるのか
数量政策学者の高橋洋一が11月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。台湾情勢をめぐる米中の動きについて解説した。「烈士記念日」の式典に臨む中国の習近平国家主席 2022年9月30日(共同)米、戦闘機の沖縄「常駐」見直し 「ローテーション」制へアメリカのオースティン国防長官...
別窓で開く


[ 共和党 ] の関連キーワード

iphone アメリカ 民主党