本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



EUの対中融和姿勢の背景にある対米不信 日本がEUから学ぶべき独自外交路線と長期ビジョン
1.日米欧の対中外交はやや融和の方向 11月以降、中国を巡る外交が新たな展開を示している。 11月4日にドイツのオラフ・ショルツ首相が訪中し、習近平主席らと会見した。それには12社のドイツ主要企業のCEOらが随行した。 そのショルツ首相の訪中にフランスのエマニュエル・マクロン大統領も一緒に加わる意向...
別窓で開く

「終わりの始まり」が始まったトランプ前大統領
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が12月16日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。現在のアメリカの全体的な状況について解説した。米オハイオ州で開かれた共和党候補の集会で演説するトランプ前大統領=2022年11月7日(ロイター=共同) 写真提供:共同通信社アメリカのいまの雰囲...
別窓で開く

「民主主義の良心」が守られた? アメリカ中間選挙を振り返る
意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「アメリカ中間選挙」です。人権と環境を守る。民主主義の良心が守られた結果に。11月8日にアメリカ中間選挙が行われました。現職大統領の評価が問われ、与党は不利になることが多く、今回も共和党のイメ...
別窓で開く

米政府、中国30社超を禁輸リストに 半導体YMTCなど 華為のスマホに打撃を与えた米商務省のエンティティー・リスト
 バイデン米政権がまもなく、中国半導体メーカーの長江存儲科技(YMTC)を含む30社以上の中国企業を事実上の禁輸リストに加えると、米ブルームバーグや英フィナンシャル・タイムズが12月14日に報じた。「アンベリファイド」から「エンティティー」に 米商務省が週内にもYMTCなどを米国輸出管理規則(EAR...
別窓で開く

米国で取り沙汰されるイーロン・マスク大統領説の中身 高齢のトランプ、バイデン両氏はもはや過去の人に
マール・ア・ラーゴ招待は新手の選挙資金集め 2024年の米大統領選に真っ先に手を挙げたドナルド・トランプ前大統領(76)だが、あれから早くも1か月が経った。 ところが、フロリダ州のマール・ア・ラーゴの豪邸から一歩も外に出ようとしない。 立候補したのだから、今頃は最初に予備選が行われるアイオワ州やニュ...
別窓で開く

米国の個人消費の動向を占う11月第4金曜日の大規模セール「ブラックフライデー」の結果は、ネット通販の消費額が前年比2.3%増の91億2000万ドル(約1兆2700億円)で、伸び率は事前予想の1%を上回った(米アドビ調査)。在庫増による値引き拡大が、物価高を警戒していた消費者の消費意欲を刺激したという...
別窓で開く

解雇された元社員も証言! イーロン・マスクはツイッターを殺すのか
イギリスのユーザーが製作しツイッターに投稿した動画。「#RIPTwitter」(ツイッターよ安らかに)がツイートされるたびに、ロゴマークの青い鳥からひと粒の涙が流れるというもので、これまでに約300万回再生されている電気自動車メーカーのテスラや宇宙開発企業スペースXのCEOとして知られる、イーロン・...
別窓で開く

ロシアによるウクライナ侵攻に、台湾有事の可能性など、緊迫化している2022年。そんななか、重要なのが世界のリーダー・アメリカについて知ることです。11月8日投開票の中間選挙は、共和党が下院で多数派を奪還し、ねじれ議会になるなど、国内の状況も混迷を極めている印象です。日本人の私たちが今、知っておくべき...
別窓で開く

岩盤支持層の高齢化とメディアの離反。トランプは賞味期限切れ?
『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、米大統領選への出馬を表明したトランプ元大統領について語る。* * *アメリカのドナルド・トランプ前大統領(76歳)が先日、フロリダ州に所有する邸宅で2024年大統領選への出馬を表明しましたが、かつ...
別窓で開く

ホットパンツ着用のウェイトレスが評判の店に子連れで… 母親に世間から猛批判
子連れで行きやすい外食先として思い浮かぶのは、ファミレスやショッピングモールのフードコートだろう。しかし、ある母親が連れて行ったレストランは、子供たちにはちょっと早すぎたようだ。多くの批判を浴びてしまっていることを『The Sun』など海外メディアが報じている。...
別窓で開く


[ 共和党 ] の関連キーワード

アメリカ 商務省 リスト