本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



プーチン、150人スパイ粛清で権力基盤は崩壊寸前 諜報機関トップの“合成動画”を敢えて流した狙い
 イギリスの高級紙・タイムズ(電子版)は12日、「Putin ‘purges’ 150 FSB agents in response to Russia’s botched war with Ukraine」との記事を配信した。 *** 見出しを直訳すれば、「ウクライナ侵攻で、ロシアはぶざまな敗北 ...
別窓で開く

「地道な努力の結果がオニャンコポン」皐月賞 藤川京子の今日この頃
最初にオニャンコポンの名前を聞いた時は「どうなんだろう?」と思いましたが、その意味を聞けば「なるほど」という意味が込められていたようです。馬主さんも秋華賞をブラックエンブレムで大穴で勝ったこともあり、運が良い人だと耳にしますが、実はいつも小島茂之調教師と考え抜いて馬を選んでいるようなので、運が良いと...
別窓で開く

カス丸 はーい、ぼくカス丸きゃすう。今週は牡馬(オス馬)のクラシック1冠、皐月賞(2022年4月17日、中山競馬場、芝2000メートル)だじぇい。先週の桜花賞は7番人気のスターズオンアースが勝って、これで高松宮記念以後のGI優勝馬は8番人気、8番人気、そして7番人気と大荒れだじぇい。...
別窓で開く

出処は不明… ロシアの「黒いプロパガンダ」を広めているのは誰か
「ロシアのウクライナ侵攻は、許されざる行為である。が、しかし……」というトーンでこの問題を語る人がいる。「しかし」のあとに続くのは「ウクライナにも悪いところがある」の場合もあれば、「そんな建前は別として、まずは占領を受け入れよう」という場合もあるようだ。 前者の代表例は鳩山由紀夫元首相や鈴木宗男参議...
別窓で開く

【皐月賞】最大のポイントは5か月ぶり“ぶっつけ”参戦となるイクイノックスの取捨。堅実さを買うならドウデュースか?
牡馬クラシックの一冠目、皐月賞(G1、芝2000メートル)が4月17日、中山競馬場で行なわれる。前週の桜花賞も予想が難しく、結果も大波乱となったが、今春の皐月賞はそれを超えるレベルの混戦模様だ。 そうした状況を招く要因となっているのは、昨秋あたりには“主役”級の評価を受けてい...
別窓で開く

「如何にも人気で決まりそうだから逆に穴を入れてみる」アーリントンカップ 藤川京子の今日この頃
近年は、朝日杯FS組が馬券に絡みやすい傾向がありますので、ダノンスコーピオンが阪神は3走していていずれも馬券に絡んでいましたが、前走の共同通信杯は東京は7着でしたので、稍重馬場ではありましたが共同通信杯で比べるならジュンブロッサムの方が先着していて、前走の阪神アルメリア賞でも2着だったことから右回り...
別窓で開く

【今週の注目馬】☆ダノンスコーピオン 2022年4月16日(土)阪神第11RアーリントンC(GIII)(芝1600m)に出走予定のダノンスコーピオン。前走の共同通信杯(GIII)は見せ場なく7着に敗れたが、そもそも追い切りの動きがイマイチで本調子とは言い難い仕上がりで致し方なし。...
別窓で開く

ブチャでの虐殺で変わった国際世論 高まるウクライナ国民の士気
慶応義塾大学教授で国際政治学者の細谷雄一がロンドンから、映画監督でジャーナリストの新田義貴がポーランドのワルシャワから、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。東京・ロンドン・ワルシャワの3拠点をつないでロシアの侵攻に苦しむウクライナの今について迫った。...
別窓で開く

都合のいいように「歴史を悪用する」プーチン大統領
慶應義塾大学教授・国際政治学者の細谷雄一が4月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。プーチン大統領がロシアの都合に合わせて使う歴史の誤用について解説した。...
別窓で開く

ウクライナ情勢において岸田政権が評価される理由
慶應義塾大学教授・国際政治学者の細谷雄一が4月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。日本からのウクライナ支援について解説した。...
別窓で開く


[ 共同通信 ] の関連キーワード

アーリントン ウクライナ プーチン ロシア