本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



好調・巨人を象徴する、「指名漏れ」からはい上がったふたりのルーキー投手
春先から話題に事欠かないプロ野球。〝ビッグボス〟こと新庄剛志監督(日本ハム)の奇抜な采配、〝令和の怪物〟こと佐々木朗希(ロッテ)の球史に残るパーフェクト投球、一時はセ・リーグの借金を一身に背負った阪神の低迷。巨人がリーグ首位を快走(4月25日現在。以下同)しているニュースがややかすんでいるほどだ。...
別窓で開く

ロシアとの経済取引が続く国に対してG7が伝えていく必要がある「メッセージ」
ジャーナリストの須田慎一郎が5月2日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。現在行われている岸田総理の5ヵ国歴訪について解説した。2022年2月7日、モスクワでの記者会見に臨むロシアのプーチン大統領(ロイター=共同) 写真提供:共同通信社東アジア、ヨーロッパを歴訪 〜岸田総理大臣...
別窓で開く

「戦争宣言」することで「ウクライナ以外の国」への侵攻も可能になる怖さ
ジャーナリストの須田慎一郎が5月2日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。5月9日の「対独戦勝記念日」後のウクライナに対するロシアの戦闘について解説した。...
別窓で開く

ロシア軍に破壊された「夢・希望」 世界最大の航空機「ムリーヤ」の喪失
航空・旅行アナリストの鳥海高太朗氏が5月2日(月)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻により、ロシア軍に破壊された世界最大の航空輸送機、「An-225」について語った。...
別窓で開く

なぜロシア政府は「ロシア国債のデフォルト」を回避できたのか
ジャーナリストの須田慎一郎が5月2日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシアがロシア国債のデフォルトを回避できた理由について解説した。2022年4月25日、モスクワでの会議に出席するロシアのプーチン大統領(タス=共同) 写真提供:共同通信社元利の支払いができたロシア国債ロシ...
別窓で開く

〈電撃訪朝から20年〉北朝鮮を訪れた小泉純一郎が「金正日には『もう会わなくていい』と…」日朝平壌宣言の“知られざる裏側”
ミサイル発射、拉致問題…日本に害を加える90年代の北朝鮮が日朝関係改善に乗り出した“身勝手な理由”「『強盛大国』の実現には…」 から続く 2022年は、歴史的な「小泉訪朝」から20年の節目となる。それまで拉致被害者の存在を頑なに否定していた北朝鮮当局と金正日がこれを認めて謝罪し、一部被害者の方の...
別窓で開く

「天龍さん、全日本に残る選択はあるんですか?」苦渋の表情を浮かべる天龍源一郎と向き合った瞬間 伝説のカメラマンが明かす舞台裏
「まあ、飲んでよ」「ミスタープロレス」天龍源一郎の自宅。テーブルの上に缶ビールが置かれた。1990年5月2日のことである。まだ昼間ではあるが、天龍との取材では一杯やりながら、というのはいつもの事だ。杯が進むうちに、シリーズや試合の振り返りから今後の展望など、会話も弾むところである——だが、この日はそ...
別窓で開く

「ロシアは国連を相手にしていない。恐れているのは米国とNATOを刺激する事」防衛研究所・高橋杉雄 防衛政策研究室長
防衛研究所の高橋杉雄 防衛政策研究室長が4月29日(金)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。国連のグテーレス事務総長が訪問中の首都キーウに向けて、ロシアがミサイル2発を発射した理由について「プーチン大統領は国連を下に見ていて、グテーレス氏の顔に泥を塗る狙いがあった」と語った。...
別窓で開く

一流と二流の差とは? 伝説のカメラマンが明かす「魅せるレスラー」の共通点
 リングサイドで取材してきた私にとって、日本人、外国人を問わず、残念だなぁと思ってしまうレスラーは、表情に乏しい選手だ。せっかく得意技を決めている、あるいは決めた直後なのだから、客席に向かって大いにアピールしてほしい場面で、下を向いてしまう選手。性格もあるのだろうが、ドヤ顔ができない選手。——やはり...
別窓で開く

謝罪会見に「赤いネクタイ」を締めてきた知床遊覧船社長
ニッポン放送の藤原高峰記者が4月28日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。知床観光船遭難事故を起こした運行会社「知床遊覧船」の桂田社長の記者会見の模様を現地・知床からレポートした。...
別窓で開く


[ 共同通信 ] の関連キーワード

ウクライナ ムリーヤ 源一郎 ロシア 北朝鮮
純一郎