本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



白井球審の「詰め寄り」は、佐々木朗希の「苦笑」が続いたことへの反応か
ロッテ・佐々木朗希投手が登板した4月24日のオリックス—ロッテ戦(京セラドーム大阪)を取材レポートしたニッポン放送・大泉健斗アナウンサーが翌日の25日、『垣花正 あなたとハッピー!』に出演。この試合の熱狂ぶりと、佐々木朗希が白井球審から詰め寄られた騒動について語った。...
別窓で開く

「週に1回の交流」は誇張だった? 上皇陛下と美智子さまの“距離を縮めたテニスデート”の知られざる裏側
 1958年11月27日に婚約を発表した明仁皇太子(現上皇)と正田美智子さん(現上皇后)は「皇室史上初めて恋愛結婚をしたカップルである」と繰り返し語られてきた。 しかし元皇室記者の森暢平さんは、正田美智子さんが候補に挙がる以前から選考チームによる皇太子妃候補の検討は始まっており、良家の子女が在学して...
別窓で開く

眞子さんと小室さんだけじゃない…「国民の理解と納得」の外ですでに多様化している“現代皇室の真実”
「週に1回の交流」は誇張だった? 上皇陛下と美智子さまの“距離を縮めたテニスデート”の知られざる裏側 から続く 2017年9月3日、眞子内親王と小室圭さんの婚約内定が正式に発表された際、天皇陛下が結婚を認める裁可を行ったと発表された。皇族の結婚に天皇の裁可が必要なのは、明治時代に明治皇室典範で定...
別窓で開く

来年度の新卒採用が増加…コロナ禍で被害を被った世代への配慮を
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。4月18日(月)放送の「FLAG NEWS」のコーナーでは、来年度の“新卒採用”について取り上げました。...
別窓で開く

台湾有事を引き起こしかねない「アメリカに対する中国の“誤解”」
青山学院大学客員教授でジャーナリストの峯村健司が4月22日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。4月20日に初めて行われた米中国防相会談について解説した。あいさつする中国の習近平国家副主席(当時、右)と、バイデン米副大統領(当時)=2011年8月19日、北京市内(共同) 写真提...
別窓で開く

26人が乗った観光船が救助要請後に連絡途絶える「浸水で沈みかかっている」=韓国報道
北海道沖で26人が乗った観光船が救助要請後、行方不明になった。日本の海上保安庁は現在、該当船舶を捜索しているが、行方が分からない状況だ。共同通信とNHKは23日(きょう)、この日午後1時15分、北海道の知床半島沖で26人が乗った観光船から浸水による救助要請があったと報じた。...
別窓で開く

自民・河野太郎氏「日本も汗をかかなければならない」 世界平和のための日本の“責任と行動”を提言
自由民主党・広報本部長の河野太郎衆議院議員が4月22日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中国の動向と世界平和を守るための日本の役割について語った。...
別窓で開く

国会議員の文通費使途公開、なぜできない? 「作業が大変」論に長嶋一茂ら反論
去(2021)年10月の衆院選後に、在職1日の議員にも満額の文書通信交通滞在費(文通費)100万円支給されて議論になっている問題。司会の羽鳥慎一は「国会議員に給与とは別に支払われる文通費について、4月15日の参院本会議で日割りに改める改正法が成立したことを受けて、昨日21日にその使い道の公開などにつ...
別窓で開く

中国「ゼロコロナ政策」の限界  1〜3月期のGDPが目標を下回る
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が4月19日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。2022年1〜3月期の中国のGDPについて解説した。習近平氏、辛亥革命110周年記念大会で重要演説(北京=新華社記者/申宏)=2021(令和3)年10月10日 新華社/共同通信イメージズ 写真提...
別窓で開く

自民・河野太郎氏「“厚労省を張り倒す”ことが仕事の半分でした」 ワクチン担当大臣時代を踏まえ今後の課題に言及
自由民主党・広報本部長の河野太郎衆議院議員が4月21日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。インターネットを利用して国民の声を募る「ライブボイス改革!」について、また今後の新型コロナのワクチン接種について語った。...
別窓で開く


[ 共同通信 ] の関連キーワード

アメリカ 佐々木 美智子