本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



不可解な北朝鮮のICBMミサイルの「飛ばし方」 6000キロ飛ばせるものを500キロしか……
軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏が5月26日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。5月25日に日本海に向けて発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)について語った。極超音速ミサイルの発射実験=2022年1月5日(朝鮮中央通信=共同) 写真提供:共同通信社北朝鮮、大陸間弾道ミサイル...
別窓で開く

このタイミングの3発のミサイル発射は米国へのメッセージではない むしろ制裁強化を恐れる北朝鮮の「基本戦略」
軍事ジャーナリストの黒井文太郎が5月26日(木)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。前日、バイデン大統領の帰国に合わせたように発射された北朝鮮の弾道ミサイルについて言及し、アメリカをむしろ刺激しないために、この時期のミサイル発射になったと解説した。...
別窓で開く

クアッドがNATOのような「軍事同盟」になることを恐れる中国
評論家の石平氏が5月25日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。クアッド首脳会合に対する中国の反応について語った。演説で台湾統一実現への決意を表明した中国の習近平国家主席=2021年10月9日、北京(共同) 写真提供:共同通信社クアッド首脳会合、共同声明で中国を念頭「威圧的行動...
別窓で開く

辛坊治郎「国の職員が同乗していて、なぜ詳細な発表がないのか」 沈没観光船の引き揚げ落下の対応に強い疑問
辛坊治郎が5月25日(水)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。北海道知床観光船の沈没船体引き揚げ落下について、海上保安官や国土交通省の職員が同乗していたはずにも関わらず、いまだに船体の固定方法や落下した詳細な経緯について正式な発表がないことに強い疑...
別窓で開く

「クアッド」に神経を尖らせている中国 識者が示すその『証拠』
中国出身で日本に帰化した評論家、石平氏が5月25日(水)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。前日に行われた「QUAD(クアッド)首脳会合」ついて、ロシアと爆撃機を飛ばすなど激しく反応した中国の受け止め方や、加盟国の今後などについて解説した。...
別窓で開く

中国・ロシア・北朝鮮……非民主主義の核保有国3つに囲まれる日本 まずは「自分たちで守る」ことが必要
数量政策学者の高橋洋一が5月25日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。5月25日に発射された北朝鮮の弾道ミサイルについて解説した。2022年5月24日、バイデン大統領との写真撮影〜出典:首相官邸ホームページ(https://www.kantei.go.jp/jp/101_ki...
別窓で開く

中国のSNSで飛び交う「習近平退陣説」の真偽
青山学院大学客員教授でジャーナリストの峯村健司が5月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中国のSNSで見られる習近平国家主席の退陣説について解説した。25日、教師や学生代表との座談会で重要演説を行う習近平氏。...
別窓で開く

尹政権発足後、日韓関係改善に期待する日本人が急増?=韓国ネット「日本のダメージが大きい」
2022年5月24日、韓国・MBCNEWSは「尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権の発足後、日韓関係改善に対する日本人の期待がかなり高まっていることが分かった」と伝えた。記事はまず、毎日新聞と社会調査研究センターが日本の有権者を対象に21日に行った世論調査の結果を伝えている。それによると、「日韓関係の改善...
別窓で開く

辛坊治郎「あり得ない ふざけるな」 知床観光船えい航中“再沈没”に憤怒  船舶の陸揚げ方法も詳説
辛坊治郎が5月24日(火)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。沈没事故を起こした知床観光船「KAZU? I(カズワン)」の引き揚げえい航中に船体が落下したことについて「あり得ない 、ふざけるな」と語気を強めて持論を語った。...
別窓で開く

誤送金問題 約4,300万円確保は「罪を軽くしてほしいという思いが優先し始めたのでは」容疑者の意図を辛坊治郎が推考
キャスターの辛坊治郎が5月24日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。山口県阿武町の4,630万円誤送金問題で約4,300万円を町が確保できたことについて、その背景を読んだ。...
別窓で開く


[ 共同通信 ] の関連キーワード

クアッド 北朝鮮 ロシア