本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


眞子さんの思いと肉声を日本国民は最後まで聞けなかった【皇室のトリビア】
【皇室のトリビア】#49 これまで書いてきたように、「眞子さんの乱」で分かったことは、皇室というのは何とも窮屈で生きづらい世界だということである。 眞子さんの婚約発表からしばらくして、小室家の借金問題が週刊誌で報じられて以来、世間では、さすがにあの男が相手では破談だろうと言われ続けた。問題をかかえた...
別窓で開く

“最年長女王”彬子さま 結婚目前で破局の過去…京都に別宅購入の独身生活
昨年、12月20日に40歳の誕生日を迎えられたのは、三笠宮家の長女・彬子さま。「イギリスに6年間留学され、哲学の博士号を取得されています。’12年4月には自ら立ち上げた一般社団法人『心游舎』の総裁に就任され、子供に日本文化を伝える活動にも携わられています」(皇室担当記者)最年長の女王として、まさに皇...
別窓で開く

高円宮家の長女・承子さま メガバン彼氏を7年キープで結婚を“保留”する理由
昨年10月に秋篠宮家の長女・眞子さんが皇室を離れたことで、内親王・女王は合わせて5人に。皇族数の減少が深刻化するなかで、皇室にとどまる“現役プリンセス”の存在感が高まっている。「高円宮妃久子さまといえば、皇室随一の社交家で、多彩な人脈をお持ちです。...
別窓で開く

佳子さま コロナ禍で狂った皇室脱出計画…ダンス厳禁で出会いが激減
「眞子さんが小室圭さんと結婚して皇室を離れたことで、皇族数の減少はさらに深刻になりました。内親王は愛子さまと佳子さまのお二方、女王は三笠宮家の彬子さま、瑶子さま、高円宮家の承子さまのお三方だけです。しかも、残された女性皇族の結婚は、さらにハードルが高くなると予想されます」皇室担当記者はため息をつく。...
別窓で開く

小室佳代さんが楽しみにしているという「クルーズ船旅行」は息子・圭さんからのプレゼント
■張り詰めた糸が切れた 昨年10月に結婚した小室眞子さん・圭さん夫妻(共に30)。2人が米ニューヨークに渡って2ヶ月ほどが経過した。夫婦水入らずで初の年越しとなったわけだが、一方で圭さんの母・佳代さんの近況はどういったものなのか?「去年、小室さんが一時帰国して実家で生活していた期間、佳代さんは本当に...
別窓で開く

悠仁さまは筑附から東大進学? 過熱する“進学論争”皇族はやっぱり学習院に通うべきなのか
 オミクロン株によって新規感染者数が急増する最中、この時期、ナーバスになっているのは、入試を控える学生とその親だけではないようだ。いよいよ受験シーズンが本番を迎えるなか、宮内庁が別の意味でナーバスになっているのが、秋篠宮家長男・悠仁さま(15)の進路についてだという。...
別窓で開く

悠仁さまの高校進学に浮上する“皇室特権” 学力テストなしで「筑附高」への特別ルート
■学力テストなしで筑附に進学が可能 本格的な受験シーズン到来を前に、秋篠宮家のご長男・悠仁さま(15)の進学先選びが注目を集めている。本命と目されるのは筑波大学附属高校。だがその進学方法には、「皇室特権」という批判が起こりかねないのだ。 *** 悠仁さまの進学先としてにわかに脚光を浴びている筑波大学...
別窓で開く

雅子皇后の「新年メッセージ」撮影が1日遅れた背景 今後は「オンライン公務」が光明に
 長引くコロナ禍は皇室にも大いに影響を及ぼしている。昨年に続き、新年一般参賀は中止となり、代わりに元日に流された天皇皇后両陛下のビデオメッセージ。雅子皇后は天皇陛下の隣で穏やかな表情を浮かべ、国民の健康を気遣うお言葉を述べられていたが、実はビデオメッセージの「収録」を巡り、周囲をやきもきさせる事態が...
別窓で開く

「開かれた皇室」は間違いだったのか “私”重視を生んだ自由教育と失われた神秘性を検証
 令和の皇室に襲い掛かった「小室問題」。その“起源”ともいうべき「開かれた皇室」の広がりを体現するかのような家風で知られた秋篠宮家は、戦後最大ともいえる皇室危機の“当事者”となってしまわれた。背景には何があったのか。 *** 昨秋の渡米から間もなく2カ月。小室夫妻はニューヨークの地に根を下ろし、新生...
別窓で開く

愛子さまが“ご成年ファッション”に込められた抱負とこだわり…昨年の新年ご近影との“2大変化”とリボンに見る“ご自分らしさ”
 1月10日は「成人の日」。昨年12月5日を中心に行われた、天皇皇后両陛下の長女・愛子さまの成年行事や、公務デビューとなった新年祝賀の儀は大きな注目を集めた。 ご成年に当たってのご感想では、「様々な方と出会い、関わることを通じて、人と人とが互いに手を取り合い、交流の輪が広がっていく素晴らしさを学び、...
別窓で開く


[ 宮内庁 ] の関連キーワード

高円宮