本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



悠仁さま 現実味帯びる東大入学計画…秋篠宮ご夫妻が“高学歴”期待されるワケ
「いよいよ悠仁さまの中学校生活も、あと2カ月あまりになりました。以前から注目されてきたご進学先ですが、筑波大学附属高等学校で間違いないようです」そう語るのは皇室担当記者。悠仁さまが現在通学されているお茶の水女子大学附属中学校は高校からは女子高となる。そのため他校へ進学せざるをえないのだが、ついに選択...
別窓で開く

悠仁さまが「即位拒否」の懸念も 「小室問題」であらわになった「教育係の不在」と「晒される皇室」
「開かれた皇室」とは戦後、急速に広まった風潮である。ここに秋篠宮家ならではの“自由教育”が相俟って、小室問題という未曾有の危機が皇室を襲った。佳子さまのご結婚や将来のお世継ぎたる悠仁さまのご成長への影響も懸念される中、令和の皇室はどこへ向かうのか。...
別窓で開く

悠仁さま15歳は即位前にいかなる教育を受けるべきか〈“名門校・筑波大学附属高校へのご進学問題”より重要な視点とは〉
「文藝春秋」2月号より元宮内庁書陵部編修課長の米田雄介氏による「皇室の危機を考える『天皇を鍛えた男たち』」を全文公開します。(全2回の1回目/ 後編 に続く)◆ ◆ ◆■悠仁さまは即位前にいかなる教育を受けるべきか 秋篠宮家のご長男・悠仁さまが、昨年9月で15歳になりました。...
別窓で開く

高校ご進学直前、悠仁さまの“帝王教育”に動きづらい深刻な理由〈今後“皇籍を離脱したい”と願う皇族が現れたら…〉
悠仁さま15歳は即位前にいかなる教育を受けるべきか〈“名門校・筑波大学附属高校へのご進学問題”より重要な視点とは〉 から続く「文藝春秋」2月号より元宮内庁書陵部編修課長の米田雄介氏による「皇室の危機を考える『天皇を鍛えた男たち』」を全文公開します。...
別窓で開く

愛子さま 初の和歌は英国の思い出…留学に秘められた天皇陛下の“教え”
1月18日、新春恒例の宮中行事「歌会始の儀」が皇居宮殿・松の間で行われた。今年のお題は「窓」。成年皇族となられたばかりの愛子さまは、大学の期末試験中で出席は控えられたが、次の和歌を寄せられた。「英国の 学び舎に立つ 時迎へ 開かれそむる 世界への窓」愛子さまは学習院女子高等科2年生だった’18年の夏...
別窓で開く

悠仁さま、“特別ルート”で筑波大附属高校に進学か 幼稚園入園の際も「皇室特権」と疑念の声が
「小室問題」によって世論の逆風に晒された秋篠宮家。その自由な教育方針は、悠仁さまの将来にも影を落としてしまうのか——。「筑波大学附属高校」進学が取り沙汰されるなか、再び「皇室特権」批判という火種が燻り始めている。 ***「すでに生徒たちの間では“この春に悠仁さまが入学されるらしい”と噂になっています...
別窓で開く

この発想はなかった 青ノリたっぷり「前方後円お好み焼き」に大反響
お好み焼きが好きな人は多いだろう。水に溶いた小麦粉がベースに、あとは野菜、肉、魚介類、麺類など、まさに好みの材料を使用して、鉄板の上で焼き上げる。ソース・マヨネーズ・青のりなど、自由にトッピングすればよい。自分流でつくれるのが、なんとも楽しい。いまツイッター上で話題になっているのは、具材や味付けだけ...
別窓で開く

愛子さま 同窓会にリモート出席!美しすぎる「純白の振袖姿」に歓声
日本全国で120万人の新成人が、大人としての門出を祝った1月10日。昨年12月、一足先に皇族として成年の祝賀行事を執り行われた天皇皇后両陛下の長女・愛子さまも、旧友たちと顔を合わせたのだが——。学習院関係者が残念そうに話す。「この日、都内のホテルで学習院女子高等科の卒業生による『二十歳の会』が催され...
別窓で開く

眞子さんに続き佳子さまも“皇室脱出”濃厚…高まる「伝統重視」愛子さまへの期待
岸田文雄首相は1月12日、安定的な皇位継承策を検討していた政府有識者会議の報告書を、衆参両院の議長に提出した。だが、報告書ではもともと議論されるはずだった皇位継承策については先送りになっており、代わりに皇族数確保策を提言したにすぎない。皇室担当記者はこう語る。「有識者会議の提言は、女性皇族の人生を大...
別窓で開く

「悠仁さま」の特別ルートでの高校進学 「小室問題」以上に宮内庁が危惧するワケ
■筑波大学附属高が取りざたされて 秋篠宮家の長男・悠仁さま(15)の高校進学情報が世間の耳目を集めている。現在通われているお茶の水女子大附属中学を今春に卒業後、筑波大附属高校へ入学されるという話が取りざたされているのだが、その展開に宮内庁は「小室問題」以上に警戒を強めているという。...
別窓で開く


[ 宮内庁 ] の関連キーワード

筑波大学 秋篠宮 筑波大