本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米朝「外交司令塔」、ARFで オンラインにより「初顔合わせ」か?
南北連絡チャンネルの復旧以降 朝鮮半島情勢が動き出している中、“ASEAN地域安保フォーラム(ARF)”をきっかけに 米国と北朝鮮の間で「接触が なされるのか」注目されている。今月6日 外相会議を開催するARFは、北朝鮮の参加する 唯一の域内多国間安保協議体である。...
別窓で開く

来週のASEAN外相会議…北朝鮮の参加動向に注目
来週 ASEAN(東南アジア諸国連合)関連の外相会議が開催される。特に 今回の会議では、北朝鮮が唯一参加する 地域内多国間協議体である “ASEAN地域安保フォーラム(ARF)”も予定されていることから、これをきっかけに 南北間の疎通がなされるか注目されている。...
別窓で開く

<W解説>日本の防衛白書の記載内容に反発する韓国、メディアは表紙絵の変化に反応
韓国外交部(日本の外務省に相当)は13日、日本政府がこの日の閣議で報告した防衛白書に、竹島(韓国名・独島)を「わが国固有の領土」と明記したことについて抗議した。外交部のイ・サンリョル(李相烈)アジア太平洋局長はこの日、在韓日本大使館の相馬弘尚総括公使を呼んで、即刻撤回するよう求めた。...
別窓で開く

5年経っても、南シナ海・仲裁判所の判決を無視する中国(茂木大臣談話を発表)
 2021年7月、中国共産党誕生100年。中国の習近平国家主席は「尊敬される中国のイメージを作り上げるよう努力すべきだ」と述べ、国際的なイメージアップなどをはかるよう指示しているが、世界は俺のものだという中華思想が見え隠れしている。 中国は自国の利益のために、他国を欺くこと、騙すことは普通の戦略だ。...
別窓で開く

米韓の外交・安保共同声明<全文>…「米韓同盟、朝鮮半島とインド太平洋地域の“核心軸”」
韓国のチョン・ウィヨン(鄭義溶)外相とソ・ウク(徐旭)国防相、米国のアントニー・ブリンケン国務長官とロイド・オースティン国防長官は今日(18日)、韓国ソウルの外交部(外務省)庁舎で、米韓外交・安保(2+2)会議を開いた。米韓2+2会議は、2016年10月に米ワシントンで開かれて以降 約5年ぶりである...
別窓で開く

韓国外務省次官、ASEAN大使団と懇談会…「ミャンマーの民主主義要求を支持」
韓国外交部(外務省)の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官はきのう(5日)駐韓ASEAN大使団と懇談会をもち、新南方政策プラスの効果的な履行のための協力方案を話し合った。この日の懇談会には、ASEANソウル委員会(ACS)所属のブルネイ・カンボジア・インドネシア・ラオス・マレーシア・ミャンマー・フィリ...
別窓で開く

インドネシア外相と初の電話会談で「ミャンマー情勢」について議論=韓国外相
韓国外交部(日本の外務省に相当)のチョン・ウィヨン(鄭義溶)長官は1日、インドネシア共和国のルトノ・マルスディ外務大臣と就任後初となる電話会談を行った。韓国外交部はこの日、両長官が両国関係の発展案および地域情勢などについて意見を交換したと伝えた。特に、この日の通話で両長官は、武力デモによって多数の民...
別窓で開く

日韓関係 改善「遠く険しい道」…最大の要因は日本の内部事情 = 韓国報道
韓国政府が、昨年の菅義偉内閣発足以降も継続して日韓関係改善を試みているが、先行きは不透明だ。特に最近では、新型コロナウイルス関連の対応が不十分だという理由から、菅内閣に対する支持率が連日急下落し「日本の国内事情のせいだとしても、日韓関係の改善はさらに遠のいた。」という見方まで出ている。...
別窓で開く

韓国新外相「朝鮮半島平和プロセスは選択ではなく“行かねばならない道”」
韓国のチョン・ウィヨン(鄭義溶)新外相は今日(9日)「朝鮮半島平和プロセスは、選択ではなく必ず行かねばならない道だ」と語った。チョン外相はこの日 外交部(外務省に相当)のレセプションホールで行われたオンラインによる就任式で「現在 外交が直面している状況は困難なものだ」と伝えた。...
別窓で開く

日系企業も要警戒〜インドネシア・テロ情勢への懸念を示す情報が増加
最近、筆者にはインドネシアのテロ情勢への懸念を示す情報がよく届く。それはインドネシアを拠点とし、あのアルカイダと関係を持つとされるイスラム過激派「ジェマーイスラミア(JI)」に関する情報だ。■インドネシアのイスラム過激派に不穏な動き今月に入って、インドネシアの国家警察は10月からの2か月間でJIのメ...
別窓で開く