本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



<W解説>着任後早々に日本の外相との面会がかなったユン・ドンミン駐日韓国大使
韓国のユン・ドンミン(尹徳敏)駐日大使が2日、外務省で林芳正外相と面会した。尹大使は先月16日に赴任し、この日は着任のあいさつのため林外相を訪ねた。面会は約15分間行われた。両国間の懸案に対する具体的な議論は行われなかったとみられる。尹大使はソウル市出身の62歳。韓国外国語大学政治外交学科を卒業後、...
別窓で開く

ウクライナ紛争は大チャンス!? ロシア軍を援護する「北朝鮮労働者」のしたたかな狙いとは?
去る7月19日、北朝鮮がウクライナ東部での戦争で瓦礫と化した親ロシア派勢力支配地に、外貨稼ぎのために建設労働者を派遣しているとNHKが報じた。この北朝鮮労働者の一件に関して、外務省経験もある元空自空将補の杉山政樹氏が疑問を提示する。「ロシア軍占領下のウクライナ東部地区に入った北朝鮮労働者は、本当に労...
別窓で開く

韓国外相、日中外相と「一堂に会する」…北朝鮮官僚との接触は?
米中対立が激化する中、ユン・ソギョル(尹錫悦)韓国政府の発足後初めて日中韓の外相が今月4日、一堂に会することになる。また、ASEAN(東南アジア諸国連合)関連外相会議を通じた南北高位級の接触の可能性にも関心が集まっている。韓国のパク・チン(朴振)外相はカンボジア・プノンペンを訪問し、4日午前に「韓-...
別窓で開く

「内政干渉への対応、中国の権利」米下院議長の訪台で北朝鮮
北朝鮮外務省の報道官は3日、米国のナンシー・ペロシ下院議長が前日から台湾を訪問していることに対し、中国の「統一偉業の遂行を阻害しようとする米国の企図は挫折を免れない」と非難した。朝鮮中央通信の質問に答えた。報道官は、中国がペロシ氏の訪台に対して繰り返し警告を発したことに言及。...
別窓で開く

韓国「完全・不可逆的な」北の非核化を要求…米・英・日・仏「北の核実験脅威」を糾弾
7年ぶりに開かれた核拡散禁止条約(NPT)評価会議では、すでに7次核実験の準備を終えたとされる北朝鮮への糾弾が飛び交った。「北核問題」は、ロシアによるウクライナ侵攻と露骨な核脅威・イランによる核開発の動きとともに、今回の会議で重点的に扱われた。...
別窓で開く

ウクライナ軍無人機に対抗開始! ロシア軍を支える意外な「挑戦者」とは?
去る7月19日、ロシアのプーチン大統領は、ウクライナ侵攻後初の外国訪問先として選んだイランに向かい、ハメネイ最高指導者と会談した。報道よると、イランはロシア軍に最大300機の無人機を供与し、7月中にはロシア軍兵士の訓練をイランで開始するようだ。開戦当初はロシア軍を撃退し「ゲームチェンジャー」となった...
別窓で開く

北朝鮮、米政府高官の「サイバー犯罪」非難に反発
北朝鮮外務省の報道官は23日、朝鮮中央通信の質問に答え、サイバー攻撃を続ける北朝鮮は「犯罪集団」だとした米政府高官の発言に反発した。同通信などによると、米国のニューバーガー米国家安全保障担当副補佐官(サイバー・先端技術担当)は20日、北朝鮮は「国を装って」収益を追求する犯罪シンジケートだと述べたとさ...
別窓で開く

<W解説>韓国の新政権で動き出した、北朝鮮の人権改善に向けた取り組み
2016年に韓国で施行した北朝鮮人権法の履行のための中心組織「北朝鮮人権財団」が、ようやく発足に向け動き出した。韓国大統領室のカン・インソン報道官は19日、財団の発足を「積極的に推進する」と明らかにした。2014年3月に国連人権理事会に提出された北朝鮮における人権に関する国連調査委員会(COI)の最...
別窓で開く

北朝鮮、親ロ地域の独立を承認…ウクライナは断交発表
北朝鮮の崔善姫(チェ・ソニ)外相は13日、ウクライナ東部の親ロシア派勢力が統治する「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」の外相にそれぞれ書簡を送り、独立国家として承認することを伝えた。朝鮮中央通信が伝えた。崔氏は書簡で、「自主、平和、親善の理念に従って両国と国家関係を発展させていくという意...
別窓で開く

北朝鮮、親ロ派地域の独立承認…朝鮮中央通信「国家関係、発展の意思」
ウクライナ東部の親ロシア派武装勢力「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」は去る13日、北朝鮮が「両勢力の独立を承認した」と発表した。北朝鮮メディア「朝鮮中央通信」は14日、「朝鮮民主主義人民共和国外務省は、ドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国の外務省に前日、書簡を送った」と報道。...
別窓で開く


[ 外務省 北朝鮮 ] の関連キーワード

朝鮮中央通信 ウクライナ 北朝鮮 サイバ ロシア