本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日朝首脳会談から20年 蓮池薫さん、横田早紀江さんが語る ニッポン放送報道特別番組
北朝鮮が拉致を認めた初の日朝首脳会談(2002年9月17日)、その後の拉致被害者5人の帰国(同年10月15日)から20年となることを受け、ニッポン放送で10月9日(日)25時30分から報道特別番組「拉致被害者帰国から20年 〜全員奪還、道を拓け」が放送されることが決定した。...
別窓で開く

韓国外交部、北の「核武器法制化」にも変わらぬ立場強調 「非核化は揺らぐことなく推進」
韓国外交部(外務省に相当)は、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)党総書記が「核武器の法制化」を明かしたこを受けて、 「非核化は揺らぐことなく推進していく」と明かした。9日、韓国「聯合ニュース」によると、外交部当局者はこの日「北朝鮮の完全な非核化を推進するという韓国政府の立場は確固たるものだ」とし、北...
別窓で開く

「とにかく食べ物を」金正恩、海外の工作員に断末魔の最終指令
昨年末に行われた朝鮮労働党中央委員会第8期第4回総会で、農業問題の解決を強調した北朝鮮。ところが、その努力は初年度からつまづき続けている。春には深刻な日照りに襲われ、次いで度々の豪雨に襲われるなど自然災害が続いた上に、コロナ対策の移動制限により、農村への労働力動員が順調に行われなかったことから田植え...
別窓で開く

ロシア、北朝鮮から「武器購入」の情報…韓国政府「友好国と共に鋭意注視」
韓国外交部(外務省に相当)は7日、ロシアが北朝鮮から数百万発の砲弾とロケットを購入したという米政府の情報と関連して「動向を鋭意注視している」と明かした。これに先立ち、米国防総省はロシアが北朝鮮より数百万発の砲弾とロケットしているとのメディア報道について「事実」と確認した。これは、国連安保理常任理事国...
別窓で開く

日米韓高官、きょう(7日)都内で協議=「核実験強行」への懸念強まる北朝鮮への対応協議
日米韓の局長級協議がきょう(7日)、都内で開かれる。北朝鮮による弾道ミサイル発射や核開発、拉致問題などについて議論すると伝えられた。外務省の船越健裕アジア大洋州局長が議長を務め、米国からはソン・キム北朝鮮担当特別代表、韓国からはキム・ゴン(金健)朝鮮半島平和交渉本部長が出席する。...
別窓で開く

日米韓の北朝鮮担当高官が7日に東京で協議
日米韓3か国の北朝鮮担当高官が7日、東京で対面協議を行う。北朝鮮の第7回核実験が迫っているという観測が出ている中、3か国間の協力を強化するものと解釈される。韓国外交部(日本の外務省に相当)によると2日、キム・ゴン(金健)朝鮮半島平和交渉本部長は、米国務省のソン・キム北朝鮮特別代表および日本外務省の船...
別窓で開く

「米国の操り人形にすぎない」国連人権報告者の訪韓で北朝鮮
北朝鮮外務省の報道官は2日、北朝鮮の人権問題を担当する国連のエリザベス・サルモン特別報告者が8月27日から訪韓していることに対し、「制度転覆を狙う米国と追随勢力の反朝鮮『人権』謀略策動をいささかも許さない」と反発した。朝鮮中央通信の質問に答えた。ペルー出身の国際法学者であるサルモン氏は、先月の国連人...
別窓で開く

北人権報告官、初めて韓国訪問=被害者中心の「アプローチ」を強調
新任の国連北朝鮮人権特別報告官Elizabeth Salmon(エリザベス・サルモン)氏が29日、韓国を訪問。韓国外交部(外務省に相当)、統一部(部は省に相当)など政府当局者や対北団体の関係者らと会い、北朝鮮の人権問題について対策を議論した。...
別窓で開く

“リモート公務”の今こそ、岸田総理は「内閣改造人事の意図」を国民に説明するべき 青山繁晴議員が指摘
作家で自由民主党・参議院議員の青山?晴が8月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。新型コロナウイルスに感染し、リモート公務を開始した岸田総理について解説した。...
別窓で開く

日中の高官級会談で台湾問題に関する立場の違いが明らかに…「率直な対話、疎通の維持」=韓国報道
中国と日本が高官級会談を開催した。台湾問題で外相会談が不発に終わってから半月ぶりのことだ。日中両国の外交・安保最高位参謀は台湾情勢に対して依然として立場の違いを確認しながらも、両国間の疎通を持続することにした。今月18日、中国外交部によると、中国共産党の楊潔篪(ようけつち)外交担当政治...
別窓で開く


[ 外務省 北朝鮮 ] の関連キーワード

ニッポン放送 北朝鮮 ロシア