本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「軍事挑発には次の段階の措置を考慮」北朝鮮、米韓合同演習に反発
北朝鮮外務省は10月31日、米韓両空軍による空中合同軍事演習を非難する報道官談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。米韓の空軍は31日から軍事演習「ビジラント・ストーム」を開始した。2017年以来約5年ぶりとなる訓練は11月4日まで行われる予定で、約240機の戦闘機が参加し、出撃回数は約1600回と過...
別窓で開く

プーチン大統領の警告に…韓国外交部「ロシアの北朝鮮兵器購入の可能性を注視」
韓国外交部(外務省に相当)が28日、ウクライナに破壊兵器を支援しないという立場を再確認した。ロシアのプーチン大統領が「韓国がウクライナに武器を提供する場合、韓国とロシアの関係が破綻する」と警告したことで出た立場だ。外交部はさらに「韓国としてはロシアが北朝鮮兵器を購入する可能性があるというメディアの報...
別窓で開く

キンタナ氏「韓国の国連人権理事国落選…文政権の基調が否定的な影響」
トマス・オヘア・キンタナ元国連北朝鮮人権特別報告官は、韓国が国連人権理事会理事国選挙で落選した背景の1つとして、ムン・ジェイン(文在寅)政府の基調を挙げた。キンタナ氏は27日(現地時間)、米国の声(VOA)とのインタビューで、「(韓国が)人権理事会で席を失うのは、アジア太平洋地域にとって悪いニュース...
別窓で開く

日米韓外務次官、「北朝鮮が核実験すれば前例のない強い対応」
日本、米国、韓国の外務次官が去る26日、「北朝鮮が7回目の核実験に断行した場合、前例のない強い対応に直面するだろう」という立場を再確認した。時事通信や毎日新聞などによると、チョ・ヒョンドン外交部(外務省に相当)第1次官と米国のシャーマン国務副長官、外務省の森健良事務次官は同日、東京で行われた会談を通...
別窓で開く

<W解説>北朝鮮の人権問題の問題提起に乗り出した韓国・尹錫悦政権=前政権とは対照的
韓国政府が、国連・北朝鮮人権決議案の共同提案国への復帰を検討している。復帰すれば4年ぶりとなる。韓国紙の朝鮮日報は、「ユン・ソギョル(尹錫悦)政権は北朝鮮問題において自由や人権などの価値を尊重する外交方針を掲げているが、今回、これが反映された形だ」と伝えている。...
別窓で開く

宮崎謙介<巷の陳情>突撃調査隊「北朝鮮『猪木ルート』は利用されたのか」
? アントニオ猪木さんが亡くなった直後、北朝鮮が日本本土に向かって弾道ミサイルを発射。猪木さんは政治家時代から北朝鮮中枢とパイプを保ち、交流していました。近年の政権は、拉致問題を交渉するための、きちんとしたルートを持っていないと聞きます。打開策が見えない中、時の政権が、猪木さんのようなルートを活用す...
別窓で開く

<W解説>韓国でまたも激化している「親日攻防」
韓国の政界で「親日攻防」が激しさを増している。きっかけになったのは、韓国軍が先月30日、日本の海上自衛隊と米韓海軍による3か国合同訓練を日本海上で行ったことだった。最大野党「共に民主党」のイ・ジェミョン(李在明)代表は訓練に日本の自衛隊が参加したことを問題視。「自衛隊を正式な軍隊として認めると解釈さ...
別窓で開く

<W解説>韓国が北朝鮮に5年ぶりの独自制裁、実効性は?
韓国政府は14日、北朝鮮がミサイルの発射を繰り返していることを受け、核・ミサイル開発などに関与した北朝鮮の16の機関・個人15人を独自制裁の対象に指定した。韓国政府が北朝鮮に対し独自制裁を科すのはムン・ジェイン(文在寅)政権当時の2017年12月以来、約5年ぶり。今後も北朝鮮の挑発が続く場合は、サイ...
別窓で開く

文政権、北関連の冊子から人権問題を大幅縮小か…疑惑浮上
過去、ムン・ジェイン(文在寅)政権時に出版された北朝鮮関連の冊子から、北朝鮮の人権に関する内容が大幅に縮小されていたことがわかった。11日、「国民の力」のテ・ヨンホ議員室などによると、2017年以降、統一部(部は省に相当)が出版した冊子「北朝鮮冊子」を見ると、北朝鮮住民に関する人権部分か縮小されてい...
別窓で開く

「ウクライナに送られたくない」北朝鮮男性が相次ぎ脱北
北朝鮮外務省は今月4日、ウクライナ問題に関する国連安保理の決議案をめぐりロシアを支持する局長談話を発表した。国連安保理は1日、ウクライナ4州で親ロシア派がロシアへの編入に向けておこなった「住民投票」を非難し、ロシア軍の即時撤退を求める決議案が提出されたが、ロシアが拒否権を行使して否決された。...
別窓で開く


[ 外務省 北朝鮮 ] の関連キーワード

ウクライナ 北朝鮮 ロシア