本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



北朝鮮が潰れることはない 〜アメリカの制裁は正しいが効果は期待できない
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月14日放送)に外交評論家・内閣官房参与の宮家邦彦が出演。北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐり、アメリカが北朝鮮とロシアに科した制裁について解説した。...
別窓で開く

「自衛権への言いがかりは強盗の論理」北朝鮮外務省、米制裁強化に反発
北朝鮮外務省は14日、米国が対北朝鮮国連制裁の強化を提案したことを非難する報道官談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。北朝鮮のミサイル発射を受けて米国は12日、北朝鮮国籍の個人6人とロシア国籍の個人1人の計7人に制裁を科したと発表した。談話はこれに対して、「米国はまたもや、われわれの自衛権行使に言い...
別窓で開く

北は「より強硬に」、米朝間の緊張高まる…韓国大統領府は「様子見」
北朝鮮の弾道ミサイル発射により米朝間の緊張が高まっている中、青瓦台(韓国大統領府)はきょう(14日)の午前現在まで特別な見解を出すことなく「様子見」を続けている。前日に米国が北朝鮮に対して下した金融制裁にも沈黙していた青瓦台は、この日北朝鮮外務省の報道官を通じて出された談話文についても「特別な見解は...
別窓で開く

北朝鮮、米国の制裁に反発「国家防衛力の強化、合法的な権利」
北朝鮮は最近、極超音速ミサイルなどの発射と関連し、米国が対北制裁を強化するとすぐに反発した。北朝鮮は14日、朝鮮中央通信を通じて発表した外務省報道官名義の談話で「米国はわれわれの正当な該当活動を国連安全保障理事会に引きずり出し、非難騒動を起こすのに失敗して単独制裁まで発動し、情勢を意図的に激化させて...
別窓で開く

日米など6か国が「北ミサイル糾弾」も、韓国は不参加…韓国外交部「あらゆる要素を考慮した」
韓国外交部(外務省に相当)は11日、米国、日本、英国など6か国が北朝鮮による極超音速ミサイル発射を糾弾する共同声明を発表した中、朝鮮半島問題の当事国である韓国が参加しなかった理由に関して「さまざまな要素を考慮した」と明かした。...
別窓で開く

韓国統一省、文大統領の北京五輪出席の質問に「“IOC・中・朝”の協議結果を注視」
韓国の統一部(省)は23日、ムン・ジェイン(文在寅)大統領の北京冬季オリンピック出席は、IOC(国際オリンピック委員会)と中国・北朝鮮の協議によって変わってくることを示唆した。韓国政府当局者はきょう、外交部(外務省)・統一部・国防部(防衛省)による政府合同業務報告後、記者たちからの ”文大統領の北京...
別窓で開く

北朝鮮総理、離任の中国大使と面談
北朝鮮の金徳訓(キム・ドックン)内閣総理(国務委員会副委員長、朝鮮労働党政治局常務委員)は22日、平壌の万寿台議事堂で離任のあいさつに訪れた李進軍駐朝中国大使と面談した。朝鮮中央通信が伝えた。李進軍氏は、2015年3月から在北朝鮮中華人民共和国大使を務めた。キム・ソンリョン内閣副総理、ユン・ジョンホ...
別窓で開く

民主主義サミット開催…中国・ロシアら専制主義の脅威に世界、日本はどう対応していくべきなのか?
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。12月13日(月)放送の「フラトピ!」のコーナーでは“民主主義サミット”について深掘りしました。◆アメリカ主催の民主主義サミット、その意義とは?12月9日、10日の2日間、アメリカのバイデン大統...
別窓で開く

北朝鮮外務省、台湾問題に言及した安倍元首相を非難 「体質的な悪習」
北朝鮮外務省は14日、安倍元首相が台湾問題と関連して発言した内容を非難した。北朝鮮の外務省はこの日、「何を狙った有事時の愚痴(ぐち)なのか」というタイトルで文章を出し、安倍首相が「軍国主義の復活と再侵略に風を吹き込んでいる」と主張した。...
別窓で開く

北朝鮮拉致問題 解決への「アイデアも熱意も感じられない」岸田総理の所信表明
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(12月13日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。北朝鮮による拉致問題について解説した。...
別窓で開く


[ 外務省 北朝鮮 ] の関連キーワード

アメリカ ioc 外務省 北朝鮮 ロシア