本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本が独立国でなくなる…マッカーサーを説得した3つの理由
近年の機密文書公開により、われわれが学校で教わってきた近現代史は「時代遅れ」となっています。「日本は侵略戦争をする悪い国だから、日本を弱くしたほうがいい」という〈弱い日本派〉の立場に立つのか、それとも「日本が強くなったほうが、アジアの平和と繁栄を守れる」とする〈強い日本派〉の立場に立つのか、そろそろ...
別窓で開く

ソン・キム米特別代表、来週韓国を訪問=北の軍事挑発に備え「協力強調」へ
米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表をはじめとする米北核担当当局者が来週韓国を訪問し、現政府および次期政府の関係者らと会合を行う。12日、外交関係者によれば米国の北朝鮮担当特別代表のソン・キム氏は今月18日ごろ韓国を4日間の日程で訪問。米国務省東アジア・太平洋局のジョン・パク次官補代理も同時期に韓国を...
別窓で開く

プーチン絶対支持が裏目…金正恩の「追い込まれ状況」
日本政府は1日、北朝鮮が先月24日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射して日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したことを受け、北朝鮮の核・ミサイル開発に関わったとされるロシアの4団体と9人(北朝鮮国籍6人、ロシア国籍3人)を対象とする追加制裁(資産凍結)を閣議で了解した。これによって資産凍結の対...
別窓で開く

「米国の敵視政策の所産」北朝鮮、国連人権決議に反発
北朝鮮外務省は3日、報道官談話を発表し、国連人権理事会で同国の人権状況を非難する決議が採択されたことは「重大な主権侵害行為、政治的挑発」だと強く反発した。朝鮮中央通信が伝えた。...
別窓で開く

相次ぐ北朝鮮からのミサイル、日ロ関係悪化…日本の安全保障は
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。3月28日(月)放送の「フラトピ!」のコーナーでは、“日本の安全保障”について深掘りしました。◆日本を取り巻く4つの安全保障問題ロシアのウクライナ侵攻により世界のパワーバランスが崩れつつあり、日...
別窓で開く

米韓の北朝鮮核問題首席代表、4日に協議「北ICBM発射議論」
韓国のノ・ギュドク朝鮮半島平和交渉本部長が4日、米国・ワシントンで米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表と米韓北朝鮮核問題首席代表協議をおこなう。1日、外交部(外務省に相当)によるとノ本部長は協議で北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射など厳重な朝鮮半島情勢に対する評価を共有し、今後の対応方向につい...
別窓で開く

日米韓の北朝鮮核首席代表が会談、「北朝鮮のICBM発射には断固たる対応が必要」=韓国報道
日米韓三国の北朝鮮核首席代表が北朝鮮による今月24日の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射について、「国際社会の断固たる対応が必要だ」と合意した。韓国外交部朝鮮半島平和交渉本部のノ・ギュドク本部長と米国国務省のソン・キム北朝鮮特別代表、外務省アジア大洋州局の船越健裕局長は28日(きょう)の電話協議で「...
別窓で開く

北朝鮮、EUを「難民を肌の色によって差別…ウクライナへの寛大さは偽善」と批判
北朝鮮がウクライナ難民を受け入れた欧州連合(EU)を「皮膚の色で難民を差別している」と批判した。北朝鮮外務省は21日、「西側の偽善的な人権擁護政策でEUが、3日(現地時間)、ロシアの侵攻を避けてEU加盟国に渡ったウクライナ避難民たちに、居住権などを保障する案に合意した。しかし、現場をよく見たら、人種...
別窓で開く

「わが国の体制が滅べばいい」ロシアのウクライナ侵略で北朝鮮国民
ロシア軍がウクライナに対する侵略を開始したのは先月24日のこと。だが、朝鮮労働党機関紙・労働新聞など北朝鮮の国内向けメディアは、このことについて一切報じていない。朝鮮中央通信が、外務省報道官らの「ウクライナ事態の根源は米国と西側の覇権主義政策」にあるとの認識を報じただけだ。...
別窓で開く

安倍元首相の“核共有”主張に北朝鮮が“軽挙妄動”非難=韓国報道
北朝鮮が安倍晋三元首相の“核の共有”主張を猛烈に批判している。安倍元首相はロシアのウクライナ侵攻をきっかけに、米国の核兵器を日本に配置することを検討すべきだという“核の共有”を主張している。...
別窓で開く


[ 外務省 北朝鮮 ] の関連キーワード

ウクライナ マッカーサ ロシア 北朝鮮