本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



<W解説>ようやく実現した日韓首脳「会談」、元徴用工問題の解決につながるか?
岸田文雄首相と韓国のユン・ソギョル(尹錫悦)大統領が13日、カンボジアの首都プノンペンで日韓首脳会談を行った。岸田首相と尹大統領の正式な首脳会談は初めて。両国関係の正常化などについて議論した。会談は、プノンペンで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に合わせて設定された。...
別窓で開く

北朝鮮ミサイル 日本にとって最大の脅威はダム湖の水中発射場から打ち上げられたKN-23
「北朝鮮はアジアでトップクラスのミサイル保有国になりました。これは日本にとって、かなりの脅威です」──軍事ジャーナリストは警鐘を鳴らす。北朝鮮が異常なハイペースで弾道ミサイルを発射しているのはご承知の通りだ。まずは今年に入って何発のミサイルが発射されたか見てみよう。 *** 防衛省・自衛隊の公式サイ...
別窓で開く

米韓の術中にはまりミサイルを撃たされている北朝鮮 怖くて核実験もできない理由
 北朝鮮はミサイルを連日飛ばし、メディアは「軍事衝突の危機」の主張や見出しで煽るが、真相は伝えない。無責任だ。真実は、北朝鮮は日本を攻めきれず、核実験は崩壊につながり、石油は枯渇状態だ。核とミサイル技術不足の危機に直面し、食糧難だ。著名なウォルター・リップマンは、世論の80%以上が同じ方向に向くと社...
別窓で開く

北エリート出身の韓国議員「文前大統領は “金日成主義者”ではないが、“従北主義者”なのかは本人がよくわかっている」
北朝鮮から韓国に亡命した外交官出身の韓国与党“国民の力”のテ・ヨンホ(太永浩)議員は、ムン・ジェイン(文在寅)前大統領について「この方が “従北主義者”なのかは、本人が一番よくわかっているだろう」と語った。...
別窓で開く

「挑発への当然な対応」ミサイル発射で北朝鮮、強力対応を予告
北朝鮮外務省は4日、今月2日から3日にかけて行った少なくとも計29発の弾道ミサイルなどの発射について、米韓の「敵対的挑発行為に対する当然な反応であり、行動的警告である」とする報道官声明を発表した。朝鮮中央通信が報じた。...
別窓で開く

G7「北の “核実験”時、迅速かつ団結した国際的対応をとる」
G7(主要7か国)の外相たちは4日(現地時間)「北朝鮮が何らかの核実験や他の無謀な行動をとる場合、迅速かつ団結した強力な国際的対応をとらなければならない」と明らかにした。G7の外務省たちは3〜4日、ドイツのミュンスターで開かれた2日間の会議を終え声明を出し「北朝鮮による前例のない不法な弾道ミサイル連...
別窓で開く

米韓外相、北のミサイル発射受け電話会談=北の軍事的挑発を糾弾
韓国外交部(外務省に相当)のパク・ジン(朴振)長官は2日、米国務省のアントニー・J・ブリンケン長官と電話で会談し、北朝鮮の弾道ミサイル発射に対する対応方案を議論した。外交部によると、両外相はこの日、北朝鮮が日本海(韓国名:東海)に向けてミサイルを発射して北方限界線(NLL)を侵害し、韓国側の領海に接...
別窓で開く

「史上最もぞっとする代償を払わせる」北朝鮮軍元総参謀長、米韓演習を非難
北朝鮮の朴正天(パク・チョンチョン)朝鮮労働党書記が1日、米韓両空軍による空中合同軍事演習に対して「侵略的かつ挑発的な軍事訓練」だと非難する談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。米韓空中合同軍事演習「ビジラント・ストーム」をめぐっては、外務省報道官が10月31日、「侵略型戦争演習である」と非難する談...
別窓で開く

統一部、北朝鮮外務省の談話に反論「韓米合同演習は北朝鮮の核・ミサイル開発のせい」
韓国統一部(部は省に相当)は北朝鮮外務省が米韓合同演習を問題視し、脅威の水位を高めることについて、「現在の情勢は、北朝鮮の無謀な核・ミサイル開発によるものであることを明確にする」と明らかにした。統一部は1日、書面ブリーフィングを通じて「北朝鮮が朝鮮半島緊張の高まりの原因があたかも韓国の例年的・防御的...
別窓で開く

「軍事挑発には次の段階の措置を考慮」北朝鮮、米韓合同演習に反発
北朝鮮外務省は10月31日、米韓両空軍による空中合同軍事演習を非難する報道官談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。米韓の空軍は31日から軍事演習「ビジラント・ストーム」を開始した。2017年以来約5年ぶりとなる訓練は11月4日まで行われる予定で、約240機の戦闘機が参加し、出撃回数は約1600回と過...
別窓で開く


[ 外務省 北朝鮮 ] の関連キーワード

外務省 北朝鮮