本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



私はFBIのために北朝鮮「一等書記官」の指紋を入手した 元公安警察官の証言
 日本の公安警察は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年歩き、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、アメリカに狙わ...
別窓で開く

中韓またもや「歴史問題」で衝突、中国が抗議受け入れ最悪の事態を回避
中国国家博物館は15日、開催中の特別展「東方吉金?中韓日古代青銅器展」に展示されていた韓国古代史年表を撤去した。年表に「高句麗」と「渤海国」に関連する記述が削除されていたことに対する韓国側の抗議を受け入れた。同特別展は中韓国交正常化30周年と日中国交正常化50周年を記念して中国国家博物館で7月26日...
別窓で開く

北朝鮮大使が明かした日本人拉致の真相 「金正日は激怒してチェコ製の灰皿を投げつけた」
 北朝鮮の金正日総書記は、20年前の9月17日に行われた日朝首脳会談で、日本人拉致を初めて認めた。日本の世論は「嘘つき北朝鮮」の大合唱を始めた。北朝鮮が日本人を拉致しているとは、思っていなかった反動だ。拉致被害者の救出に、国民も政治家も、新聞・テレビも冷たかった。日本的な大勢に従う文化が、同胞を見殺...
別窓で開く

英王室に“差別”を受けて激怒したトランプとプーチン エリザベス女王の逝去で垣間見えた米国の英国への憧れ
条件付きで招かれた北朝鮮とイラン 英国のエリザベス女王の国葬が9月19日、ロンドンのウェストミンスター寺院(収容人数2000人)で執り行われる。 全世界から国王、大統領、首相ら高位者500人が参列して、今世紀最大規模の弔問外交が繰り広げられる。...
別窓で開く

中国・栗戦書全人代委員長が訪韓—実質的進展は共産党大会終了後か、焦点は依然としてTHAAD
中国全国人民代表大会常務委員会の栗戦書委員長が15日から17日にかけて韓国を訪問し、尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領や金振杓(キム・ジンピョ)国会議長ととの会談も行った。しかし中韓関係の実施的な進展は10月16日に始まる中国共産党全国代表大会(中国共産党大会)の終了後との見方が出ている。...
別窓で開く

中国市場を取り込みたいツイッター社の「ギブアンドテイク」の可能性 〜「中国の工作員」の存在を内部告発者が証言
ジャーナリストの鈴木哲夫と、産経新聞社・月刊「正論」編集長の田北真樹子が9月15日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。元ツイッターのセキュリティ責任者による内部告発について解説した。...
別窓で開く

米韓外交次官が会談、「大胆な構想」への支持を再確認
韓国外交部(外務省に相当)チョ・ヒョンドン第1次官が15日、ウェンディ・R・シャーマン国務副長官と米韓次官会談をおこない、米韓関係と北朝鮮・北核問題、地域およびグローバル懸案について意見を交わした。今回の会談は、ユン・ソギョル(尹 錫悦)政府発足後、2度目の米韓外交次官会談となった。...
別窓で開く

日朝首脳会談から20年、ニッポン放送で報道特番 横田めぐみさん母・早紀江さんに単独インタビュー
ニッポン放送では、10月9日深夜に報道特別番組『拉致被害者帰国から20年〜全員奪還、道を拓け』(深1:30)を放送することが決定した。 2002年9月17日、小泉純一郎総理大臣(当時)が北朝鮮を電撃訪問し史上初の日朝首脳会談が行われ、北朝鮮が初めて日本人拉致を認めて謝罪。1ヶ月後の10月15日には5...
別窓で開く

日朝首脳会談から20年 蓮池薫さん、横田早紀江さんが語る ニッポン放送報道特別番組
北朝鮮が拉致を認めた初の日朝首脳会談(2002年9月17日)、その後の拉致被害者5人の帰国(同年10月15日)から20年となることを受け、ニッポン放送で10月9日(日)25時30分から報道特別番組「拉致被害者帰国から20年 〜全員奪還、道を拓け」が放送されることが決定した。...
別窓で開く

韓国外交部、北の「核武器法制化」にも変わらぬ立場強調 「非核化は揺らぐことなく推進」
韓国外交部(外務省に相当)は、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)党総書記が「核武器の法制化」を明かしたこを受けて、 「非核化は揺らぐことなく推進していく」と明かした。9日、韓国「聯合ニュース」によると、外交部当局者はこの日「北朝鮮の完全な非核化を推進するという韓国政府の立場は確固たるものだ」とし、北...
別窓で開く


[ 外務省 北朝鮮 ] の関連キーワード

ニッポン放送 エリザベス ニッポン 共産党 北朝鮮
チェコ めぐみ fbi