本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2022年上半期(1月〜6月)にプレジデントオンラインで配信した人気記事から、いま読み直したい「編集部セレクション」をお届けします——。(初公開日:2022年3月16日)ロシアのプーチン大統領を説得できる政治家はいないのだろうか。国内では27回の首脳会談を重ねた安倍晋三元首相を特使に推す声がある。ジ...
別窓で開く

イチからわかる核兵器 使われたらどうなるの?
 ロシアのウクライナ侵攻や北朝鮮のミサイル発射を発端に、核兵器を巡る世界情勢は危うくなる一方です。今、核兵器が使われたら何が起きるのでしょうか。そもそも、なぜそこまで恐ろしい兵器なのでしょうか。わかりやすく解説します。爆心地の地表は3000〜4000度 Q 1945年8月6日に原爆が落とされ、広島で...
別窓で開く

韓国の朝鮮半島平和交渉本部長、駐韓中国・ロシア大使と電話会談
韓国のキム・ゴン(金健)朝鮮半島平和交渉本部長は21日、邢海明(シン・ハイミン)駐韓中国大使、アンドレイ・クリク駐韓ロシア大使とそれぞれ電話会談をおこなった。外交部(外務省に相当)によると、金本部長は北朝鮮が去る18日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射したことを国連安保地決議の明白...
別窓で開く

「敵対勢力の謀略策動」北朝鮮、国連人権決議案採択を非難
北朝鮮外務省のチョ・チョルス国際機構局長は17日、国連が北朝鮮の人権決議案を採択したことに対して「全面排撃する」と、朝鮮中央通信の質問に答える形で非難した。国連総会第3委員会は16日(現地時間)、北朝鮮の人権侵害を糾弾する内容の北朝鮮人権決議案を18年連続で採択した。韓国も4年ぶりに共同提案国として...
別窓で開く

2022年上半期(1月〜6月)にプレジデントオンラインで配信した人気記事から、いま読み直したい「編集部セレクション」をお届けします——。(初公開日:2022年3月2日)ロシアによるウクライナ侵攻が続いている。元外交官で作家の佐藤優氏はアメリカのバイデン政権の「国際情勢を分析する専門家がプーチンの論理...
別窓で開く

中国によって繰り返される邦人拘束 「今、助けを求めている国民を救出せずに、何が国防だ!」辛坊治郎が日本政府に憤慨
キャスターの辛坊治郎が11月17日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。中国側が違法性の具体的な根拠を示さずに「スパイ行為」だとして多数の日本人を拘束し続けていることをめぐり、「今、助けを求めている国民を救出せずに、何が国防だ!」と、日本政府に対する...
別窓で開く

韓国を日米韓の軍事協力体制に引き込んだバイデン、直後に中国にすり寄った尹錫悦
 J・バイデン(Joe Biden)大統領が首脳会談を機に、韓国を日米韓の軍事協力体制に引き込んだ。だが、直後に尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は習近平主席に会い、米国の言う通りにはならないと約束した。迷走する隣国を韓国観察者の鈴置高史氏が読み解く。■米国側に押しやった「北の核」鈴置:11月13日、...
別窓で開く

北朝鮮が弾道ミサイル発射…軍事的対応の可能性示唆直後=韓国報道
北朝鮮が17日、再び弾道ミサイル“挑発”に乗り出した。北朝鮮のチェ・ソンヒ外相が同日、日米韓首脳が核とミサイル脅威抑制のために対北朝鮮拡張抑制を強化することで合意したことに対する軍事的対応の可能性を示唆した直後だ。韓国の合同参謀本部は同日、「北朝鮮が東海(日本海)上に未詳の弾道ミサイルを発射した」と...
別窓で開く

<W解説>ようやく実現した日韓首脳「会談」、元徴用工問題の解決につながるか?
岸田文雄首相と韓国のユン・ソギョル(尹錫悦)大統領が13日、カンボジアの首都プノンペンで日韓首脳会談を行った。岸田首相と尹大統領の正式な首脳会談は初めて。両国関係の正常化などについて議論した。会談は、プノンペンで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に合わせて設定された。...
別窓で開く

北朝鮮ミサイル 日本にとって最大の脅威はダム湖の水中発射場から打ち上げられたKN-23
「北朝鮮はアジアでトップクラスのミサイル保有国になりました。これは日本にとって、かなりの脅威です」──軍事ジャーナリストは警鐘を鳴らす。北朝鮮が異常なハイペースで弾道ミサイルを発射しているのはご承知の通りだ。まずは今年に入って何発のミサイルが発射されたか見てみよう。 *** 防衛省・自衛隊の公式サイ...
別窓で開く


[ 外務省 北朝鮮 ] の関連キーワード

ウクライナ 朝鮮半島 アメリカ バイデン ロシア
北朝鮮