本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



北朝鮮、中国への書簡でペロシ議長の台湾訪問を非難 「容認できない政治的な挑発行為」
北朝鮮が、ナンシー・ペロシ米下院議長の台湾訪問を強く非難する書簡を中国共産党に送ったことを明かした。10日、北朝鮮・朝鮮中央通信は労働党中央委員会が前日(9日)、中国共産党中央委員会に書簡を送信したと報道。これに先立ち、北朝鮮は去る3日にも外務省報道官と朝鮮中央通信記者の問答形式を通して、ペロシ議長...
別窓で開く

外務省調査で発覚。東南アジアでは中国が日本より信頼されている......ってガチ!?
中国がぐいぐい勢力を拡大しているのは知っていた。けれど、ついに「信頼」でも日本が負けた!? 衝撃の調査結果から、東南アジアの現状、そして台湾や太平洋をめぐる中国の壮大な野望を緊急分析!■"債務の罠"があっても魅力的なマネー「最も信頼できる国・機関」は「中国」が19%、「日本」が16%——。...
別窓で開く

英国政府がバチェレ国連人権高等弁務官の中国訪問に関連して中国政府を批判…「新疆での人権調査を妨害」
国連のバチェレ人権高等弁務官が中国・新疆ウイグル自治区を訪問した際に中国政府から様々な制限があったとして、イギリス外務省が批判している。イギリス外務省の報道官は31日、中国は各国からの要請を無視し、バチェレ氏に制限なしの新疆訪問をさせなかったと指摘。イギリス政府が引き続き中国政府に新疆での人権侵害を...
別窓で開く

WHO事務局長に勧められても「ゼロコロナ」政策を変換できない「中国の事情」
慶應義塾大学総合政策学部准教授の鶴岡路人が5月12日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中国のゼロコロナ政策について解説した。...
別窓で開く

習近平氏に「反旗」を翻した2人の人物  出始めた3期目続投への「不安定要因」
自由民主党・参議院議員の青山繁晴が4月20日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ソロモン諸島との間で安全保障に関する協定を結んだ中国について解説した。...
別窓で開く

日本が独立国でなくなる…マッカーサーを説得した3つの理由
近年の機密文書公開により、われわれが学校で教わってきた近現代史は「時代遅れ」となっています。「日本は侵略戦争をする悪い国だから、日本を弱くしたほうがいい」という〈弱い日本派〉の立場に立つのか、それとも「日本が強くなったほうが、アジアの平和と繁栄を守れる」とする〈強い日本派〉の立場に立つのか、そろそろ...
別窓で開く

日本の歴史教科書には書かれない「秘密工作」を学問する
欧米諸国では、国際政治学や外交史の一分野として、スパイおよび工作員による秘密工作について論じる学問が成立しています。この学問を「インテリジェンス・ヒストリー」と言います。評論家・情報史学研究家の江崎道朗氏によると、ルーズヴェルト民主党政権の中にソ連のスパイが入り込んで、アメリカの外交を歪めているので...
別窓で開く

米国「ロシアが中国に要求したのは “武装ドローン”」…ヨーロッパに警告の呼びかけ
「ロシアが中国に軍事装備の支援要請をした」という疑惑が取り沙汰されている中、米国は「ロシアがドローンを要請した」と明らかにし、ヨーロッパの同盟国に警告を呼びかけた。15日(現地時間)米ブルームバーグ通信は、米国の高官の話を引用し「先月末、ロシアがウクライナに侵攻する前、中国に武装ドローンを要請してい...
別窓で開く

中国が始めてしまった「人質外交」の怖さ 〜拘束経験のある元特派員が解説
ニッポン放送「新行市佳のOK! Cozy up!」(2月18日放送)に朝日新聞編集委員で元北京・ワシントン特派員の峯村健司が出演。中国・上海で50代の日本人男性が拘束されたというニュースについて解説した。...
別窓で開く

中国当局が邦人男性拘束 「日本政府は日本人の人命救助にもっと本気になるべき」辛坊治郎が憤慨
キャスターの辛坊治郎氏が2月17日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。2014年以来続く中国当局による日本人拘束について解説した。中華人民共和国 国旗中国の上海市で2021年12月、50代の日本人男性が中国当局に拘束されていたことが分かった。...
別窓で開く


[ 外務省 中国共産党 外務省 ] の関連キーワード

ヨーロッパ 東南アジア マッカーサ 外務省 who
ロシア 北朝鮮