本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本がNATOに加わる可能性は?—仏メディア
フランスの国際放送メディア・RFI(ラジオ・フランス・アンテルナショナル)は8日、「日本が北大西洋条約機構(NATO)に入る可能性はどのくらいあるのか?」とする記事を掲載した。日本の岸田文雄首相が29〜30日にスペインの首都マドリードで開かれるNATO首脳会議に出席することを検討していることが明らか...
別窓で開く

なぜ日本の外交は“常に緊張状態”なのか? 米中対立の激化が招く「この国の最悪シナリオ」
 なぜ日本の外交は、常にアメリカと中国に左右され続けるのか? 日本が両国との関係にセンシティブにならざるを得ない理由を、ジャーナリストの船橋洋一氏の新刊『 国民安全保障国家論 』より一部抜粋してお届けする。...
別窓で開く

外国人観光客の受け入れ再開したけれど 日本人の海外旅行いつ解禁
新型コロナウイルスの感染者が減り、水際作戦が緩和されている。入国者の上限は、2022年6月1日から1日2万人に増やされ、10日から観光目的の外国人の受け入れが再開された。では、日本から外国への観光旅行は、いつから本格的に再開されるのだろうか。■三つのステップ旅行会社のウェブサイトには、関連情報が目立...
別窓で開く

ドラマのように描かれる、「朝日新聞政治部」の内実とは。
 朝日新聞が猛烈なバッシングを浴びたのは、2014年夏のことだった。福島第一原発事故にかかわる「吉田調書」問題、慰安婦にかかわる「吉田証言」記事取り消し、そして「池上コラム掲載拒否」が3点セットとして浮上。創業以来、最大の危機を迎えたが、リスク管理に失敗したため、社会的評価は失墜し、以後部数は低迷し...
別窓で開く

金正恩「強対強の真向勝負が闘争の原則」
キム・ジョンウン(金正恩)北朝鮮国務委員長が「われわれの国権を守護するところには、一寸も譲歩しないわれわれの党の強対強、真向勝負の闘争の原則がある」と述べたと、11日朝鮮中央通信が報道した。報道によると、金国務委員長は、8日から10日までの間駐在した北朝鮮労働党中央委員会第8期第5次全員会議拡大会議...
別窓で開く

迫るプーチン大統領辞任のカウントダウン…攻勢強めるロシアが「停戦交渉」再開に動く狙い
 やはり、一刻も早く停戦したいのではないか。ロシアのラブロフ外相は8日、訪問先のトルコでチャブシオール外相と会談。共同通信によると、会談後の会見で、ラブロフは「停戦交渉」の再開に応じるようウクライナ側に求めたという。ロシア側はウクライナ東部で攻勢を強める一方、早めに戦争を終結したい事情があるようだ。...
別窓で開く

王毅外相の後任を巡り、中国共産党は大モメ 習近平体制は決して盤石ではない
「習近平一強体制」……。秋の中国共産党大会を前に、日本メディアは一様にそう報じている。しかし、本当にそうだろうか。中国ウォッチャーたちはいま、ある人事の動きに注目をしている。外相の後任をめぐり、異例の事態が起きているのだ。【武田一顕 ジャーナリスト・映画監督】 中国共産党は5年に一度、北京で党大会を...
別窓で開く

アベ案件で拡大させた「ロシア事業」温存の愚 10年間で血税40億円超がバラまかれた!
 ウクライナ戦争をめぐる経済制裁に怒り狂っているロシアのプーチン大統領がまた対抗措置に打って出た。北方領土周辺海域での日本漁船による操業を定めた日ロ間の漁業協定の履行を停止。ホッケ漁などが始まる9月以降もズルズルいけば、北海道の漁業関係者には大打撃だ。岸田首相は「ロシアへの強い制裁を進める」とか言っ...
別窓で開く

「新疆の人権問題はねつ造」と米外交官が認める?…中国メディアの報道に米大使館は全面否定
中国メディア「環球時報」が「米国外交官が新疆ウイグル自治区の人権侵害はねつ造されたものだと認めた」と報道したことを受け、中国にある米国大使館が公式に否定した上で中国当局を批判した。米国営放送「ボイス・オブ・アメリカ」によると、米国大使館はツイッターを通じて「われわれは中華人民共和国が米国外交官が陳述...
別窓で開く

「慰安婦」「徴用工」を伝説の外交官はどう考えていたか
 廬武鉉(ノムヒョン)大統領の登場以降、日韓関係は冷却化の一途をたどってきた。国と国が激しく対立するケースは、歴史上めずらしいことではなく、中にはほとんど修復の可能性がないとみられる関係もある。しかし、外交官、岡本行夫氏は「日韓関係の修復は不可能ではない」と見ている。韓国で5年ぶりの保守政権が発足し...
別窓で開く


[ 外務省 ] の関連キーワード

中国共産党 朝日新聞 ロシア