本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「米国は挑発者、中国は被害者」ペロシ氏訪台、華春瑩氏が批判21連投 台湾周辺の軍事演習を正当化
米連邦議会のペロシ下院議長が台湾を訪問し、中国政府が激しく反発を続けている。特に中国外務省の華春瑩報道局長はツイッターで「空中戦」を展開。2022年8月3日深夜から4日未明(日本時間)にかけて、ペロシ氏批判を21回にわたって連投した。その中には、「中国は被害者」で「自衛のために行動せざるを得なくなっ...
別窓で開く

<W解説>着任後早々に日本の外相との面会がかなったユン・ドンミン駐日韓国大使
韓国のユン・ドンミン(尹徳敏)駐日大使が2日、外務省で林芳正外相と面会した。尹大使は先月16日に赴任し、この日は着任のあいさつのため林外相を訪ねた。面会は約15分間行われた。両国間の懸案に対する具体的な議論は行われなかったとみられる。尹大使はソウル市出身の62歳。韓国外国語大学政治外交学科を卒業後、...
別窓で開く

 【サンパウロ時事】カリブ海の島国キューバのディアスカネル大統領は3日、ペロシ米下院議長の台湾訪問に関して、「中国の領土の一体性と主権を傷つけようとする行動を断固否定する」と非難する声明を発表した。南米ベネズエラの外務省も同日、「一つの中国」原則への支持を改めて表明した上で、ペロシ氏の行動を「内政干...
別窓で開く

 【カイロ時事】ロイター通信は3日、イラン外務省報道官の話として、核合意の再建交渉を再開するため、同国代表団トップのバゲリ外務次官がウィーンに向け出発すると報じた。 また、欧州連合(EU)欧州対外活動庁(EEAS)のモラ事務局次長も3日、ツイッターでウィーン行きを表明。...
別窓で開く

中国、処理水で日本批判=ロシアは核でけん制—NPT再検討会議
 【ニューヨーク時事】米ニューヨークの国連本部で2日、核拡散防止条約(NPT)再検討会議2日目の一般討論演説が行われ、中国とロシアの代表が登壇した。中国は東京電力福島第1原発の処理水をめぐり、日本を名指しで批判。ロシアは西側諸国が同国による核兵器使用の「引き金を引き得る」と警告した。 中国はかねて処...
別窓で開く

ミャンマーで身柄拘束の久保田徹さん友人が会見「即座に解放しろと伝えてほしい」
ミャンマー最大都市ヤンゴンで治安当局に身柄を拘束されている日本人ジャーナリスト久保田徹さん(26)への思いを込めた「久保田徹さん釈放を求める友人たちの緊急記者会見」が3日、都内で行われ、約4万1000人の署名が集まり、近日中にも外務省へ提出されることが分かった。...
別窓で開く

政府、不測の事態警戒=中国に自制促す—ペロシ氏訪台
 米国のペロシ下院議長の台湾訪問で米中の緊張が高まっている現状を受け、日本政府は不測の事態に発展することを警戒している。中国軍は日本の排他的経済水域(EEZ)を含む台湾周辺で実弾による軍事演習を行うと発表。米中の行き違いから「突発的な衝突」が起きかねないとの懸念がくすぶる。...
別窓で開く

ペロシ氏の台湾訪問、多くの国が非難の政府声明を発表
ペロシ米議会下院議長は2日、中国側の強い反対と厳重な申し入れを顧みず、中国台湾地区を訪問しました。これに対して、多くの国の政府が強く非難する声明を発表し一つの中国の原則を支持することを重ねて表明しました。ロシア外務省は現地時間2日、ペロシ氏の台湾訪問を公然たる挑発と見なすとする声明を発表しました。...
別窓で開く

 【北京時事】ペロシ米下院議長の台湾訪問に反発する中国は3日、台湾への軍事的威嚇を強めた。ただ習近平政権は米中関係を安定させたいのが本音で、現段階では米側への圧力を衝突には至らないぎりぎりの線に「寸止め」している。 ペロシ氏が台湾に到着した2日夜、中国は外務省、国防省など5機関が訪台を非難する文書を...
別窓で開く

ロシア外相がミャンマー訪問=国軍トップらと会談
 ロシアのラブロフ外相は3日、ミャンマーを訪問し、国軍のミンアウンフライン総司令官、国軍が外相に任命したワナマウンルイン氏と首都ネピドーで会談した。ロシア外務省が発表した。 昨年2月のクーデターで実権を掌握し、欧米に制裁を科されている国軍はロシアとの関係を強化。総司令官は7月中旬にロシアを訪れ、国防...
別窓で開く