本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



韓国外交部、イラク・ウクライナなど韓国外交部、イラク・ウクライナなど7か国への「渡航禁止」を6か月延長へ
イラク、ウクライナ、ソマリア、アフガニスタン、イエメン、シリア、リビアなど7か国に対する「渡航禁止」が来年1月末まで6か月延長される。韓国外交部(外務省に相当)が主幹する「第46回旅券政策市議委員会」旅券使用政策分科委員は現在、今月31日まで渡航が禁止されている7か国および3地域に対する渡航禁止指定...
別窓で開く

外務省官僚を死に追いやった横浜・風俗店「ハーフマダム」の正体 元公安警察官は見た
 日本の公安警察は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年歩き、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、ソ連のスパイだ...
別窓で開く

歯磨きから家事まで家庭内の「習慣」を進化させる——掬川正純(ライオン代表取締役 社長執行役員 最高経営責任者)【佐藤優の頂上対決】
 コロナ禍によって自宅で過ごす時間が増えたために、手洗いをはじめとするさまざまな生活習慣や家事への意識が急速に高まっている。歯ブラシで知られるライオンは、私たちの日々の習慣をさらにバージョンアップさせるための商品開発に力を注ぐ。それらは暮らしをどう変えていくか。...
別窓で開く

BRICS拡大にインドが“待った”=中国の影響力増大を懸念—中印国境紛争が影
中国、ロシア、インド、ブラジル、南アフリカの新興5カ国(BRICS)グループにイランとアルゼンチンが加盟を申請したと伝えられる。果たしてBRICS拡大は実現するのだろうか。◆G7に対抗する枠組みを画策−中露中国とロシアがBRICSを拡大し、主要7カ国(G7)などに対抗するためのより強力な連携枠組みづ...
別窓で開く

ロシア、日本の衆院議員384人を入国禁止=中国ネット「当然の対応」「もっと厳しくてもいい」
ロシアが日本の制裁に対する報復措置として日本の衆院議員計384人のロシア入国を禁止したことが中国でも報じられ注目されている。...
別窓で開く

「みんなに言われるよ。最近テレビ出ないねって」オスマン・サンコン(73)が語る“来日50年目の現在地”
「高田純次はわけわかんないの!」オスマン・サンコン73歳が振り返る、伝説の早朝バズーカと“深夜2時の珍客” から続く 80〜90年代を中心に『笑っていいとも!』(フジテレビ)や『元気が出るテレビ!!』(日本テレビ)などで活躍した、ギニア出身のオスマン・サンコンさん(73)。...
別窓で開く

「高田純次はわけわかんないの!」オスマン・サンコン73歳が振り返る、伝説の早朝バズーカと“深夜2時の珍客”
「いきなり高田純次が家に来てさ!」と笑顔で語るのは、ギニア出身のオスマン・サンコンさん(73)。『笑っていいとも!』(フジテレビ)や『元気が出るテレビ!!』(日本テレビ)など、80〜90年代を中心にたくさんのテレビに出演し、その明るいキャラクターで多くの視聴者に愛されました。 もともとは、ギニアの外...
別窓で開く

「アベなきキシダ」なら騙せるはずが… 韓国は安倍元首相死去で右往左往
 韓国が一喜一憂する。安倍晋三元首相の死去で日本が再び言うことを聞く国になると喜んだり、岸田文雄政権は思いのほか右傾化すると怯えたり……。右往左往する様を韓国観察者の鈴置高史氏が報告する。■佐渡金山でも韓国に配慮したキシダ——7月8日の安倍元首相の死去を韓国人はどう見たのでしょうか?鈴置:韓国政府は...
別窓で開く

「脱中国」は非現実的!サプライチェーンの構築は政治の力ではできない
ウクライナ情勢の影響を受けて、世界は「ロシアVS自由主義世界」の構図になり、「独立自主」外交を堅持し、世界のどの陣営にも与しない姿勢の中国に対する風当たりも強くなっている。中国と割合良好な関係を保ってきたドイツも、メルケル時代と異なり、中国に対して厳しい姿勢をとるようになった。...
別窓で開く

ウクライナ 朝鮮との断交を宣言
ウクライナ外務省は現地時間13日、朝鮮がウクライナ東部2地域の独立を承認したことを受けて、朝鮮との外交や経済往来を停止すると、断交宣言を発表しました。ロシアのイタルタス通信の報道によりますと、現地時間13日、朝鮮の外務次官はピョンヤンで、駐朝鮮ロシア大使と会談し、「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク...
別窓で開く


[ 外務省 ] の関連キーワード

brics ウクライナ オスマン ロシア イラク
インド