本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



 【ソウル時事】北朝鮮の朝鮮労働党中央委員会は9日、中国共産党中央委員会に書簡を送り、ペロシ米下院議長の台湾訪問を非難し、中国の立場を支持すると強調した。朝鮮中央通信が10日、伝えた。 書簡はペロシ氏の訪台を「中国の主権と領土の保全に対する重大な侵害だ」と非難。中国共産党の権威を落とし、秋に開かれる...
別窓で開く

企業の株価・投資に大きく影響、融資受けられないことも...加速する「カーボンニュートラル」
最近、「カーボンニュートラル」という言葉をよく聞く。直訳すると、「炭素中立」。どういうことかというと、CO2には、工場や車など「増やす側」と、森林など「減らす側」があり、この両者の量が均衡した状態がカーボンニュートラルだ。大気中のCO2は増えないので、気候変動対策として非常に重要である。...
別窓で開く

中韓外相会談 関係強化確認 台湾問題念頭に韓国の支持得る狙いも
台湾情勢をめぐる緊張が高まる中、中国の王毅外相は韓国の朴振外相と会談し、両国の関係強化を確認しました。中国外務省の発表によりますと、9日、青島で行われた会談で王毅外相は韓国との国交樹立から今年30年になることに触れ、「両国は常に安全保障における隣人であり、相互に必要とするパートナーだ」と述べました。...
別窓で開く

 【ソウル時事】韓国外務省は9日、元徴用工問題の解決に向けた官民協議会の第3回会合を開いた。今回は原告側が不参加。専門家らを中心に、原告側の理解を得るために必要な「反省とおわび」など、日本側に求めるべき対応についても議論された。 関係者によると、外務省側は早ければ来週中にも最高裁で、日本企業の韓国内...
別窓で開く

中国軍船に異例の寄港延期要請=「スパイ船」インド懸念に配慮か—スリランカ
 【ニューデリー時事】インド洋のシーレーン(海上交通路)の要衝に位置するスリランカが、寄港予定の中国海軍船に関し、到着延期を求める異例の要請を行った。南アジアでの中国の影響力拡大を危惧するインドが「スパイ船か」(地元メディア)と警戒。深刻な経済危機下にあるスリランカは、インドに資金援助を求めており、...
別窓で開く

唯一の核軍縮の枠組み「新START」査察の一時停止を米に通告 ロシア外務省
ロシア外務省はアメリカとの唯一の核軍縮の枠組みに基づく査察活動を一時的に停止すると発表しました。ロシア外務省は8日、アメリカとロシアの新戦略兵器削減条約=「新START」に基づく査察活動について、一時的に停止することをアメリカに通告したと発表しました。...
別窓で開く

核合意「最終文書」提示=イラン「包括的な検討」必要—EU
 【カイロ時事】欧州連合(EU)は8日、イラン核合意の再建をめぐり、当事国に合意の「最終文書」を提示した。ロイター通信などが伝えた。米国が「すぐに妥結する用意がある」との立場を示したのに対し、イランは「包括的な検討が必要だ」と表明。EUが仲介するイランと米国の間接交渉で双方の溝が埋まるかが焦点だった...
別窓で開く

台湾「中国が中間線否定」、演習「常態化」警戒…米国に武器売却要望か
■米、対話継続呼びかけ  【ワシントン=蒔田一彦、台北=鈴木隆弘】中国軍が台湾近海で7日まで実施した「重要軍事演習」について、米国と台湾は、中国軍が同様の演習を常態化させることを警戒している。...
別窓で開く

ウクライナ、国際調査団を要請=ザポロジエ原発攻撃で
 【ワルシャワ時事】ウクライナ南東部のザポロジエ原発への砲撃をめぐり、同国のツィンバリュク国際原子力機関(IAEA)担当大使は8日、同原発への国際調査団の月内派遣を呼び掛けた。ロイター通信が伝えた。また、国営原子力企業エネルゴアトムのコティン総裁は、原発周辺の非武装地帯化を提案。平和維持部隊の展開も...
別窓で開く

核軍縮条約の査察を一時停止=ロシアが米に通告
 ロシア外務省は8日、米国とロシアの核軍縮条約「新戦略兵器削減条約(新START)」に基づく査察活動に関し、一時停止を米国に通告したと発表した。ロシアのウクライナ侵攻に伴う制裁で、ロシアの査察団が米国に入れず、「米国で査察する権利が事実上奪われている」などと反発した。 同省は、ロシア査察団の米国入り...
別窓で開く