本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「キャンプ場以外でテントを張るのって違法?」知っているようで意外と知らない『アウトドア六法』
 2023年3月14日、アウトドア活動に関わってくる法令をまとめた『アウトドア六法 正しく自然を楽しみ、守るための法律』(山と溪谷社)が発売された。 昔から楽しまれてきた登山や釣り、近年人気のキャンプやSUP(スタンドアップパドルボード)など、自然のなかで行なうさまざまなアウトドア・アクティビティ。...
別窓で開く

花粉を99%カット!?環境省が教える「インナーマスク」試してみた。
花粉症の人にとってはつらいシーズンがやってきました。今年の花粉の飛散量は、過去10年で最大レベルとも言われています。花粉対策に欠かせない定番アイテムといえば、マスク。市販のものでもさまざまな種類が展開されていますが、環境省が推奨する「インナーマスク」って知っていますか? 普通のマスクに"あるもの"を...
別窓で開く

今すぐできる花粉症対策は“腸活”! “育菌”に効果的な「フラクトオリゴ糖」がスゴいワケ
食楽web●今年の花粉は飛散量が全国的に多く、過去10年間で最も多い見込み。花粉症対策として今すぐできる「腸活」とは何か、調査しました。 日本の森林は人口のスギ林が約4割を占め、国民の約3割は花粉症にり患していると言われています。前シーズンは症状が軽かったという人も少なくないと思いますが、今年は関東...
別窓で開く

花粉から逃げられる「避粉地」とは? 花粉症の人におすすめな観光地を発見
Hotels.comはこのほど、2023年の春旅として、花粉から逃げられる「避粉地」を発表しました。■花粉症の季節が到来!花粉から逃げられる「避粉地」とは?「まん延防止等重点措置」など行動制限が多くあった昨年と比べ、今年は新型コロナウイルス関連の行動制限などが特に発表されていないことから、「2023...
別窓で開く

実は40歳以上と知って驚いた女性有名人ランキング!深田恭子、柴咲コウ、森泉、1位は?
女性有名人の中には、外見や言動などから、実年齢よりも若く見える人が多く存在します。時には「結婚して子どももいるの!」と驚かされることも少なくないですよね。そこで今回は、実は40歳以上と知って驚いた女性有名人は誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。...
別窓で開く

空気清浄機は24時間運転して大丈夫? 1日の電気代をダイキンが試算
鼻水や目のかゆみなどの症状を引き起こし、多くの人を苦しめる花粉症。アレルギー反応を引き起こす花粉はスギだけでなく、ヒノキやブタクサなど数多くあります。ほぼ1年中、何かしらの花粉が飛んでいますが、春は特に症状を感じる人が多いとか。2023年、関東などの花粉の飛散量は過去10年で最多と予想されており、花...
別窓で開く

え?ワニってこんなに懐くの……「待て」も出来ちゃう従順なワニさんにびっくり
 犬や猫、うさぎにハムスター……空前のペットブームとも言える昨今ですが、ツイッターに「待て」を覚えたワニの動画が投稿されました。 動画に登場するのは、「ワニ男【筋肉鰐野郎】」さん(以下、ワニ男さん)宅で飼育されている、ヨウスコウワニの天天。本日のご飯である手羽元を目の前に「待て」をしています。...
別窓で開く

韓国で国産超純水の生産設備が初公開…量産間近か これまで日本に依存
これまで半導体用超純水技術は日本が独占してきたが、最近、韓国でもこの水を独自技術で生産することに成功したとの報道が出ている。25日、SBS「8ニュース」は韓国の設計技術で作られた初の超純水生産施設の内部設備を公開した。超純水とは、水分子を成す水素・酸素の他に全ての物質を除去した水で、不純物のない精製...
別窓で開く

ご存じですか? 絶滅に瀕しているバナナ「島バナナ」
黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(2月10日放送)に気象予報士の森田正光が出演。皆既日食について語った。※島バナナ黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。2月6日(月)〜2月10日(金)のゲストは気象予報士の森田正光。...
別窓で開く

「信号、低っ!」しかも永遠に青にならない!? 手を伸ばせば届いちゃう東京の珍信号ができたワケ
東京都板橋区内で、手を伸ばして届くほどの異常に低い位置に車両用の信号機があります。この低さにある理由は近くを通る首都高速が大きく影響しています。十字路の右左折のためかなり混雑する場所でもある 東京都板橋区の「大和町」交差点は、国道17号(中山道)と環七通りが交わり、地下には都営三田線の板橋本町駅があ...
別窓で開く