本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



フタなしケースの「JBL Wave100 TWS」はイヤホンが落ちないのか!? いろいろ試してみた
【イヤホンレビュー】完全ワイヤレスイヤホンで世界的に人気を高めてるブランドが米国の老舗JBLです。最新の「JBL Wave100 TWS」は実売価格5500円と本格的にエントリー価格帯を取りにきた戦略モデルなのですが…製品パッケージを見て疑問が。パッケージ写真の充電ケースにフタがないんですよね。...
別窓で開く

予想以上に重低音!ソニー新グラスサウンドスピーカーの音と灯りで部屋を癒やしの空間に
オーディオにオシャレというか、“映える”という視点を持ち込む。音楽リスニングのためのガジェットとして考えると邪道なのかもしれないけれど、部屋の中に置くものとして考えると、欲しいポイントではあります。8月6日に発売されるソニーのグラスサウンドスピーカー「LSPX-S3」は、オーディオメーカーのソニーが...
別窓で開く

世界も注目! 目が離せない、音楽界の新世代アーティストたち
オンライン上にアップすれば、たちまち世界中の人の耳に触れ、そこから思わぬヒットが生まれたりする今の音楽シーン。新たな感覚で音楽をクリエイトし、更に躍進しそうなアーティストとは?どこからバズるか? わからないから面白い。...
別窓で開く

小原ブラス「まさかコメンテーターになるとは思っていなかった」
MXテレビの『5時に夢中!』を皮切りに『アウト×デラックス』『とくダネ』、最近では『めざまし8』にもコメンテーターとして出演。視聴者の目を覚ます強烈な言葉をズバッと言い放つ、歯に衣着せぬ物言いが痛快な小原ブラスさん。コメンテーターが天職といった印象を受けるが、ここまで紆余曲折があった。...
別窓で開く

【今週はこれを読め! エンタメ編】失恋の真相を解き明かす〜大石大『いつものBarで、失恋の謎解きを』
 社会学とエンタメの融合という独特の境地を切り拓きつつある新鋭・大石大の長編第2作。本書では、主人公・大谷綾の過去の失恋の真相を解き明かしていく安楽椅子探偵ミステリー的な趣向が、最大の読みどころといえよう。 舞台となるのは綾の行きつけのバー「Smile」。...
別窓で開く

1万円ちょいで強力ノイキャン&連続18時間再生!AVIOT「TE-D01t」は超高コスパ!
<イヤホンレビュー>完全ワイヤレスイヤホン市場のなかでも、日本人向けにチューニングされたサウンド、最新技術の投入、数々のアーティストコラボで独自の存在感を放つAVIOTから、ノイズキャンセル搭載の「TE-D01t」(1万890円)が6月30日に発売されました。...
別窓で開く

宇多田ヒカル「私はノンバイナリー」 「スッキリ」が取り上げ米国の状況など説明
「ノンバイナリー」って聞いたことありますか?これまで2度の結婚歴がある、歌手の宇多田ヒカルさん(38)が一昨日のトークライブ配信で、「私はノンバイナリーです」と英語で語った。28日(2021年6月)のスッキリが取り上げ、「ノンバイナリー」について考えた。...
別窓で開く

4999円でテレワーク向きで低遅延モード付き!EarFun「Free 2」はコスパ重視の人に最適!
<イヤホンレビュー>お手軽な完全ワイヤレスイヤホンはネット通販が主戦場。そんなネット通販市場で、ノイキャン付きで5999円のハイコスパ「Free Pro」(>> 世界最小級のノイキャン完全ワイヤレスが5999円!EarFun「Free Pro」はハイコスパ)を大ヒットさせたEarFunが...
別窓で開く

ソニー「WF-1000XM4」のノイキャン×ハイレゾ高音質はもうスゴ過ぎでしょ
【イヤホンレビュー】今やすっかり身近になった完全ワイヤレスイヤホンに2021年の超本命モデルが登場します! ソニーが6月25日に市場想定価格3万3000円前後で発売する「WF-1000XM4」は、重要キーワードである“ノイズキャンセル”だけでなく、完全ワイヤレスイヤホンとして業界初のハイレゾワイヤレ...
別窓で開く

北欧らしいミニマルさが際立つEARIN「A-3」はコンセプトが個性的!
【イヤホンレビュー】スウェーデン発のブランド“EARIN”。——2015年に世界初の完全ワイヤレスイヤホンを世に送り出し、現在の音楽リスニングスタイルを確立したブランドによる第3世代モデル「A-3」がついに日本に上陸しました。完全ワイヤレスの先駆者が第3世代モデルで取り組んだのは、イヤーチップのない...
別窓で開く


[ 宇多田 ] の関連キーワード

earfun aviot free jbl tws
ソニー